2022年版、iPhone向けに最も安全で最適な無料版VPNアプリ

ここ数年、iPhoneは世界中の人々の間で絶大な人気を誇っています。ほぼ毎年、数ある携帯電話の中でも最高級の機能を備えた新しいバージョンが発売されています。そして、機種が増えるにつれて、iPhoneユーザーが利用可能なアプリも増えています。

中でもVPN(Virtual Private Network)アプリの数は300種類以上と、ここ数年で急増しています。なので、どのアプリがiPhoneに最適かどうかを見極めるのは至難の業といえます。

この記事では、iPhoneユーザー向けに最適で、完全無料で、安全性が高いVPNを紹介します。もしも、有料版VPNの使用を検討中の場合は、iPhone向けに最適なVPNを解説しているこの記事もぜひご覧ください。

なぜiPhoneユーザーにはVPNが必要なのか?

iPhoneは、他社製品に比べてウイルスやマルウェアの影響を受けにくいことが特徴です。他社のデバイスの安全基準は一見、トップレベルのように見えますが、実際はiPhoneのほうがはるかに優れているといえるでしょう。VPNは、特定の国の制限されたコンテンツにアクセスできることに加えて、デバイスのセキュリティを強化するのにも役立ちます。通信を暗号化することでユーザーのIPアドレスを隠し、ハッカーなどの犯罪者による詮索が不可能になり、ユーザーのオンライン上のデータを完全に非公開にします。また、時々バグが発生するiPhoneに関しては、まずはプライバシー面が保証されているかどうかをまず確認するようにしましょう。

無料版VPNはiPhoneで動作するか?

単刀直入にいうと、無料版VPNのほとんどは、iPhoneでは動作しません。通常、企業はお金を得るためにソフトウェアを販売しますが、それが無料の場合には、何かしらの情報を収集するためなど秘密が隠されているのです。そこで、iPhone向けの無料版VPNを選ぶ際には、30日間の返金保証が付いた有料版の使用をおすすめします。

iPhone向けで最も安全なVPN

ここでは、iPhoneで安心して使える最も安全なVPNを紹介します。

ExpressVPN

ExpressVPN devices

機能

  • サーバーの数 3000以上
  • Sサーバーの場所 94カ国の160の場所
  • 24時間対応のライブチャット 有り
  • Sスピード 無制限
  • サポートできるデバイスの数 5
  • 30日間返金保証 有り

長所/短所

  • 市場で最も速いVPN
  • 厳格なログ無しポリシー
  • 256ビットAES暗号化
  • 割引が少ない
お試し ExpressVPN

ExpressVPNは、iPhoneユーザーの間で最も人気のある安全なVPNの1つといえるでしょう。このサービスの特徴としては、サーバーが世界94ヶ国の160もの場所にあるので、iPhoneを接続してとても簡単に好きなコンテンツにアクセスできます。また、1つのアカウントで最大5台まで同時接続可能なのもメリットです。

また、速度と帯域幅の容量についても非常に優れているといえます。VPNを介して通信を送信しながら、サーバーの速度の更新を維持するビルトインテスト機能(組み込み機能)を備えています。この機能があることにより、サーバーの速度や別のサーバーに切り替える必要はありません。もちろん、帯域幅も無制限なので、自分のiPhoneに好きなだけコンテンツをダウンロードして視聴可能です. そして、スロットルとバッファリングも回避できるのも良い点です。

iPhoneのプライバシーと匿名性においてもExpressVPNは、近年入手できる最高級のものの1つである最新のAES256暗号化を採用しています。このサービスやキルスイッチ機能があることによって、インターネット閲覧中にiPhoneのデータが追跡や監視されたり、ドライブに保存されたりすることは決してありません。また、VPNが初めての方でも匿名での閲覧方法についての手順の説明書が付属しているので安心です。

ExpressVPNには30日間の返金保証があるので、上記で紹介した優れた機能のほとんどをリスクなく、使用可能です。このお手頃な価格のVPNサービスは、もはや無料版VPNとは比較にならないほど高いレベルといえるでしょう。ExpressVPNのレビューを読む。

  • 長所: 市場で最も速いVPN; 厳格なログ無しポリシー; 256ビットAES暗号化;
  • 最安値: $6.67

NordVPN

NordVPN devices

機能

  • 暗号通貨を受け入れるか?: はい
  • 専用IPアドレスの提供?: 有り
  • 同時接続の数: 6
  • サーバー: 58カ国に5342個

長所/短所

  • たくさんの値段のオプション
  • Netflixへのサポートが常に更新されている
  • 256ビットAES暗号化
  • アプリが遅い
お試し NordVPN

iPhone向けで安全性の高いVPNサービスの2つ目はNordVPNです。これはExpressVPN同様に優れています。世界59ヶ国に5134台ものサーバーがあることからも、このサービスプロバイダーを使用する際には多くの選択肢から選択可能です。NordVPNは、1つのアカウントで最大6つのデバイスへ同時接続でき、これは他社よりも柔軟性があるといえるでしょう。

NordVPNのプライバシーと匿名性の機能については、ノーログポリシーを採用しているので、オンライン上のデータは常に安全性を保っています。また、自動キルスイッチとDNS漏洩保護機能を備えているので、万が一接続が低下した場合でも問題ありません。そして何よりも素晴らしいのは、新たに搭載されたOnion Over VPN機能によってデータ流出がないことです。もちろん、堅固な軍用レベルのAES256暗号化も兼ね備えているので安心です。

速度面に関しては、特定のサービスとサーバーでは高速で動作します。これらのサーバーはP2Pファイル共有をサポートしていますが、他はiPhoneユーザーに限り、ファイルを共有可能です。このサービスは、通常のVPNにもう一つの機能が含まれているダブルVPNなので、データ通信は1つではなく、2つのサーバーを介して実行されます。これはあらゆる攻撃から2重で防御してくれることを意味します。

ExpressVPNと同様、NordVPNもかなりお手頃な価格でサービスを提供しています。30日間の返金保証があるので、一度試してみることをおすすめします。NordVPNレビューを読む。

  • 長所: たくさんの値段のオプション; Netflixへのサポートが常に更新されている; 256ビットAES暗号化;
  • 最安値: $3.71

iPhone向けに最適な完全無料版VPN

上記で紹介した安全性の高いVPNとは別に、完全無料のVPNを紹介します。

ProtonVPN

ProtonVPN devices

機能

  • P2Pサポート? 有り
  • 30日間返金保証? 有り
  • 拠点国? スイス
  • サーバー: 40カ国以上に600以上
  • 同時に接続できるデバイスの数: 5

長所/短所

  • プロフェッショナルなサポート
  • モダンなインターフェイスとアプリ
  • AES-256暗号化
  • あまり知られていないプロバイダー
お試し ProtonVPN

ProtonVPNは、無料、ベーシック、プラス、ビジョナリーの4つのプランから選択可能です。最も高いビジョナリーは月額24ドルですが、VPNサービスに求められる完全なプランといえるでしょう。そして、驚くことにこのプランでは、1つのアカウントで最大10台ものデバイスが接続可能です。

このプランとは別に完全に無料のプランもありますが、一度に接続できるiPhoneは1台のみ、サーバーは3ヶ国のみと制限があります。また、速度は平均的なものといえます。

ProtonVPNの無料プランには、デバイスに必要なプライバシーとセキュリティ機能が全て含まれています。セキュアコア(secure core)やセキュアストリーミング(secure streaming)がないとはいえ、データを保護するためにAES256暗号化を兼ね備えています。このサービスは、ユーザーが使いやすい画面で、iPhone上で問題なく動作し、最も信頼性の高い無料版VPNの1つといえます。ProtonVPNレビューを読む。

  • 長所: プロフェッショナルなサポート; モダンなインターフェイスとアプリ; AES-256暗号化;
  • 最安値: €4

Hide.me

Hide.me devices

特徴

  • サーバーの数: 1,800+
  • サーバーロケーション: 72箇所
  • 最大対応デバイス数: 10台
  • 24時間ライブチャット: あり
  • 30日間の返金保証: あり

長所/短所

  • 無料オプションあり
  • ノーログポリシー
  • 安全な接続
  • あまり安価ではない
Hide.me を試す

Hide.meは、主に有料版がメインですが、iPhoneで利用可能な無料のプロバイダーでもあります。Hide.meが素晴らしい理由の一つが、10GBまでの月のデータ制限が無期限に更新可能なことです。さらに無料サービス期間中は、全ての機能にアクセス可能です。よって、ここだけを見る限り、無料版と有料版の違いは大してないでしょう。

Hide.meを使用することで得られるいくつかの機能として、アジア、ヨーロッパ、およびアメリカ大陸に配置されている1900台のサーバーが含まれています。ただし、無料版でアクセス可能なのは、そのうちの5つのサーバーと限定されており、いずれかのサーバーに接続すると選択した新しい場所が付与されます。また、制限されたコンテンツをストレスなく視聴可能です。もちろん、10GBのデータはそんなには多くないかもしれませんが、効率よく管理することができればより素晴らしいものになるでしょう。

セキュリティ面に関してもHide.meは手を抜きません。iPhoneは、セキュリティとプライバシー面で高く評価されていますが、追加可能なセキュリティ機能があっても問題ないでしょう。Hide.meでは、AES256ビット暗号化モデルによって保護されており、さらにプロバイダーは安全なプロトコルをサポートし、IP漏洩防止機能やキルスイッチなどを備えています。

無料版で使用可能なiPhoneは1台のみです。しかしながら、何か問題が起こった場合はカスタマーサポートに問い合わせ可能なので安心です。また、VPNの設定、ダウンロード、およびインストールはとても簡単です。Hide.Meレビューを読む。

  • 長所: 無料オプションあり; ノーログポリシー; 安全な接続;
  • 最安値: €4.99

Trust.Zone

Trust.Zone devices

機能

  • 完全匿名性? 有り
  • 全てのウェブサイトをアンブロックするか? はい
  • 値段のオプション数: 4
  • サーバー: 80以上のゾーンに164個
  • 無料トライアル: 有り

長所/短所

  • 軍事グレードの暗号化
  • ビットコイン対応
  • モバイルデバイス向けのアプリ
  • あまり知られていないプロバイダー
お試し Trust.Zone

2つ目のiPhoneで使用可能な無料版VPNは、Trust.Zoneです。このサービスは、インド洋の島国セイシェルに拠点を置いており、14アイズ同盟の外側に位置するため、個人情報が悪用されることはないので安心です。87地域(35ヶ国)に156台のサーバーがあり、これはVPNサービスでは十分といえる数字です。

Trust.Zoneの匿名性とプライバシー機能に関しては、インターネットを閲覧する際にインターネットサービスプロバイダー(ISP)の追跡を防ぐことができるなど、とても良いといえるでしょう。また、このサービスは、iPhoneユーザーが最も安全に接続できることを保証するために、OpenVPNとL2TPの暗号化を使用しています。また、速度テストを実施した結果、無制限の帯域幅と速度を提供していることが確認できました。そして、他の多くのVPNサービスとは異なり、P2P通信は制限されません。

唯一の欠点は、完全無料で利用できる期間が3日間しかないことです。期間終了後に引き続き使用するためには、有料プランを選択する必要があります。

  • 長所: 軍事グレードの暗号化; ビットコイン対応; モバイルデバイス向けのアプリ;
  • 最安値: €3

Hotspot Shield

Hotspot Shield devices

機能

  • 無制限データ? 有り
  • 同時に接続できる数: 5
  • 軍事グレードの暗号化? 有り
  • サーバー: 80カ国以上に3200以上

長所/短所

  • 無制限のHDストリーミング
  • マルウェアをブロック
  • 256ビットAES暗号化
  • 信頼できないサポート
お試し Hotspot Shield

もう一つの完全無料のプランがあるVPNサービスは、Hotspot Shieldです。2つあるプランのうち安い方の有料契約プランは月々わずか7,99ユーロで利用できます。この有料プランでは、軍用レベルの暗号化、無制限の帯域幅、世界中にある3200台以上のサーバーが利用可能です。しかしながら、無料プランにも毎日約500MB分の無料データが使用できるなど、それなりに良い機能があります。

有料プランで使用可能な軍事レベルの暗号化は、無料プランでも利用可能です。しかし、最も顕著なのは、無料プランがHydraと呼ばれる独自のVPNプロトコルで動作していることです。Hydraは、ウイルスやフィッシング詐欺を受け入れていることが知られている5700万以上のサイトから保護してくれます。なので、無料版VPNサービスの中では最も高速なものの1つで、しかもそれが無条件で利用できてしまうのです。

Hotspot Shieldには、Windows、Mac、iOS、Android用のアプリがあり、Chrome用の拡張機能もあるので、iPhoneや他のデバイスなどでも簡単にダウンロードして使用可能なのです。残念ながら無料版を使用している際は、1つのアカウントで複数のデバイスへ接続することはできません。しかしながら、サポートセンターは常時オープンしており、ユーザーからの苦情を受け付けて、迅速に解決することを心がけています。

  • 長所: 無制限のHDストリーミング; マルウェアをブロック; 256ビットAES暗号化;
  • 最安値: $6.99

Windscribe

Windscribe devices

機能

  • ブラウザ・エクステンション? 有り
  • 全てのウェブサイトをアンブロックするか? はい
  • 値段のオプション: 3
  • 場所: 60カ国にサーバーを持つ
  • 無料トライアル: 無し

長所/短所

  • 軍事グレードの暗号化
  • 全ての主要なプラットフォームで利用可能
  • モバイルデバイス向けのアプリ
  • あまり知られていないプロバイダー
お試し Windscribe

最後に紹介するiPhoneで使用可能な無料版VPNは、Windscribeです。地域的に制限されたコンテンツのブロックを解除し、漏洩の危険性から完全に保護することが可能です。このサービスでは、月10GBのデータが使用可能で、世界10ヶ国以上にあるサーバーに接続することができます。

Windscribeは、AES256暗号と呼ばれるアメリカ軍で使用されているのと同じレベルの暗号化を使用しており、これはユーザーのデータが事実上解読不可能であることを保証します。また、WireGuard、IKEv2、OpenVPNのいずれかのプロトコルを選択可能です。また、このプロバイダーは、サーバーと通常のISPから提供されたネットワークを通してユーザーのネットワークを転送するスプリットトンネリング機能を兼ね備えており、さらにオンライン上でのユーザーの行動履歴は保存されません。

Windscribeは、ユーザーにとって使いやすい画面を備えているので、VPNのダウンロードとアカウントの設定は非常に簡単で、速度に関してもVPNサービスに期待されるような速さなので、バッファリングや遅延は発生しません。そして、カスタマーサポートは、ライブチャットを通じて、様々な問題解決のために迅速に対応することを心がけています。

  • 長所: 軍事グレードの暗号化; 全ての主要なプラットフォームで利用可能; モバイルデバイス向けのアプリ;
  • 最安値: $4.08

VPNとは何か、そしてどのように機能するのか?

VPN は、ユーザーがよりプライバシーとセキュリティを確保しながらインターネット上のコンテンツへアクセス可能なサーバーとデバイスのネットワークであり、コンテンツの制限や検閲を回避することも可能です。もし、ファイアウォールや地域的な制限を回避したい場合、まさにVPNは必須といえるでしょう。さて、VPNはどのように機能するのでしょうか?

VPNは、デバイスとネットワーク上のサーバーとの間に接続を確立することで機能します。トンネルをくぐるようにデバイス上の通信はサーバーを経由して送信されるので、接続したサーバーのIPアドレスを使用することになり、あたかもその場所にいるように見せかけることができます。もし、カナダのサーバーに接続している場合は、インターネットにアクセスする際にカナダのIPアドレスが付与されるでしょう。

VPNをお使いのデバイスにダウンロードさえすれば、世界中のどのサービスのサーバーにも接続可能になります。

VPNは合法的で安全に使用できますか?

VPNは、質の高いものを使用すれば、とても安全といえますが、これが難しいです。ただし、ノーログポリシーを導入しているサービスのほとんどは、セキュリテイ面で安心でき、お買い得といえるでしょう。

そして、VPNはセキュリティとオンラインプライバシーのために合法的といえます。実際、多くの企業が日々の業務でVPNを使用しています。しかし、VPNを使用することでインターネット上のあらゆるものにアクセスできるようになるため、VPNが許可されていない北朝鮮やアラブ首長国連邦のような国もいくつかあります。中国のような他の国々では、iPhoneでVPNを使用してはならないという厳格なルールはありません。その代わり、政府はVPNをインターネット利用に関する法律を回避する方法とみなしており、VPNをどのように使用すべきかを規制しています。また、VPNに接続することによってあらゆる優れた機能が使用可能になりますが、中には悪意のあるユーザーが使用している機能もあり、以下でその一例を紹介します。

  • ハッキング:鉄は建物や橋だけでなく、銃や戦車にも使うことができるようにVPNや暗号化された記号も、それぞれ長所と短所があります。VPNを使用してコンピューターやネットワークをハッキングすることは違法です。
  • ネットいじめやストーカー行為:VPNの匿名機能により、人々はVPNを悪用し、サイバー空間上で他人をいじめたり、ストーキングができるようになりました。
  • ダークウェブでの取引:世界の多くの国々が、ダークウェブをインターネット上の禁止された領域としています。しかし、VPNを利用してダークウェブ上でドラッグを売買している人々も存在しており、これはVPNの違法な使用方法といえます。

iPhoneでVPNの設定方法

VPNの設定方法に関しては、接続するVPNサービスが重要な役割を果たします。ほとんどのプロバイダーは、ユーザーを支援するために簡単なインストール手順を提供しており、ここでは、どのVPNにも共通する一般的な概要を紹介します。

  1. 信頼できる優れたVPNサービスを選択しましょう。今回この記事で紹介したものは、どのiPhoneのモデルでも問題なく動作するはずです。
  2. プランを契約したら、iPhoneにアプリをダウンロードするか、ブラウザの拡張機能をインストールしましょう。
  3. VPNのインストール後、ユーザーの認証情報を使ってログインします。
  4. サーバーに接続し、ネットサーフィンを開始します。

VPNを選ぶ際に注意するべき点

VPNを選ぶ際にいくつかの注意すべき点があります。

  1. 帯域幅と速度の制限:VPNの本質は、ユーザーが望む全ての配信や閲覧の自由を提供することです。しかし、速度や帯域幅が制限されることによって、これがより困難になってしまうので、このような制限があるVPNは避けましょう。
  2. データ記録:VPNは、ユーザーの行動やデータの記録を保存してはいけません。そのようなVPNは、最適とは言えないので注意しましょう。
  3. 限定的なカスタマーサポート:VPNを使用する際、おおかたスムーズに運ぶはずですが、時として問題が起こることもあり、その場合はカスタマーサポートの助けが必要になります。そんな時、すぐにカスタマーサポートと連絡が取れるかどうかが重要です。何か問題が発生した場合に備えて、VPNサービスプロバイダーと契約する前にしっかりとしたカスタマーサポートがあるかどうかを確認しておきましょう。
  4. 暗号化が不十分:AES256は、VPN業界ではスタンダードな暗号化方式です。そして、使用されるプロトコルは、インターネットのセキュリティとプライバシーにおいて大きな役割を果たす可能性があります。正しく暗号化されていなかったり、脆弱なプロトコルを使用しているVPNは避けましょう。
  5. 広告:迷惑な広告は、ユーザーのデータが記録されていることを示すサインです。したがって、迷惑な広告を大量に流すようなVPNは避けましょう。
  6. サーバー数の制限:利用可能なサーバー数は多ければ多いほど良いでしょう。したがって、より多くのサーバーを保持しているVPNサービスは、常に上位にランクされています。
  7. 返金保証の有無:もしも、VPNサービスに満足できない場合、返金保証があるVPNサービスは信用できるといえるでしょう。

VPNサービスの料金

VPNサービスの価格は、全てのデバイスでほぼ同じ料金です。最低月額2〜5ドル程度で利用できますが、ものによっては月額10〜25ドル程度かかる場合もあります。より高価な部類のサービスプロバイダーは一般的に、より多くのサーバーや機能、クロスプラットフォームの互換性、およびその他の追加サービスを提供しています。

多くのVPNは、月額3ドル程度と十分安く、無料お試し期間も提供しています。そして、長期契約の場合は大幅に安くなります。

無料版 vs 有料版

どちらのVPNを選ぶかは自分次第で、どのような目的で使用するのかにもよります。有料版VPNの主な欠点は、無料版とは違ってサービスに対する支払いが必要になるという点に集約されています。

無料版VPNの場合、上記で紹介したような注意点に出くわす可能性があることです。さらに多くの無料サーバーのIPアドレスは、スパム送信者やハッカーに悪用されているという理由で、多くのサイトでブロックされています。また、無料版VPNは、有料版VPNほど多くのサーバーを保持していません。

有料版VPNの追加機能やメリット、そして比較的低価格であることを考慮すると、無料版よりも有料版VPNを使用することをおすすめします。

まとめ

iPhoneユーザーは、VPNを使用することでオンライン上のセキュリティとプライバシーの強化に繋がります。実際、iPhoneに影響を与えるバグの数が多い場合は、VPNがその解決策になります。

ここまで、インターネットサーフィンや配信に使用できる最適な無料版、および安全性の高いVPN、そして使用するVPNを選ぶ際に避けるべきいくつかのポイントを紹介してきました。この記事を参考にVPNを選ぶことで、インターネット接続の安全性が強化でき、地域的な制限のあるサイトにもアクセス可能になるでしょう。