キルスイッチとは何か?| VPNキルスイッチを解説(2021年版)

「キルスイッチ」とは、緊急時にシステムの動作を停止させる技術の総称で、特にセキュリティや安全対策として使用されています。キルスイッチは、さまざまなタイプのデバイスに搭載されています。しかし、この記事では、主にインターネット上で使用されているキルスイッチ、特にVPNキルスイッチについて説明します。

VPNキルスイッチは、元のアプリケーションに組み込まれており、VPNがリモートサーバーから一瞬切断された場合に、インターネットユーザーのオンライン情報、つまり現在地やIPアドレスが意図しない形で晒されることを防ぎます。VPNが作動していない状態だと、一瞬だとしてもあなたの個人情報が漏洩してしまう可能性があります。

キルスイッチの仕組みは?

キルスイッチ機能を番犬に例えることができます。何も異常がなければ、一見「居眠り」しているように見えますが、接続の低下や不規則な接続活動があると、アクティブになります。VPNアプリケーションは、次のセクションで説明するように、多くの理由でタイムアウトする可能性があります。インターネットに接続されているデバイスでVPNサービスが中断されると、借りていた「見えないマント」がなくなってしまいます。デバイスは、実際の個人情報(IPアドレスと現在地)に戻ってしまいます。しかし、キルスイッチが付属しているVPNアプリの場合、同様のシナリオでは、パソコン、ルーター、またはスマートフォンのインターネットへの接続が自動的に終了してしまいます。

以下に、キルスイッチがどのように機能するのか、ステップバイステップで紹介します:

  • ユーザーはアクティブなVPN接続でインターネットを閲覧します。
  • データパケットと個人情報は暗号化され、匿名化されます。
  • 障害が発生すると、VPNはリモートサーバーへの接続を失います。
  • キルスイッチが作動し、デバイスのインターネット接続が直ちに切断されます。
  • ユーザーは、インターネット接続が失われたことが通知される、または気づきます。
  • ユーザーは、VPN接続が失われた最初の原因を修正します。
  • その後、インターネット接続を初期化する前に、前のサーバーまたは別の利用可能なサーバーにVPNを再接続します。

キルスイッチは必要か?

キルスイッチ機能は、商用利用可能なすべてのVPNサービスに搭載されているわけではありません。信頼性の高いVPNサービスプロバイダは、すべてのアプリケーションにキルスイッチ機能を搭載していますが、実際これはVPNサービスが肯定的な評価を受けるための重要な要因の1つです。

VPNキルスイッチの必要性についての質問に答えるために、キルスイッチはVPNが突然リモートサーバーから切断された場合の影響を防ぐために必要とされています。VPNアプリは、そのリモートサーバーへの接続がなければ実質的に役に立ちません。したがって、VPNサーバへの接続を失うことは、そもそもVPNアプリケーションがインストールされていないのと同じ意味合いを持ちます。それゆえ、キルスイッチはVPN自体が必要とされるのと全く同じ理由で必要とされます。

ここからは、VPN接続の中断につながる可能性のあるシナリオをいくつか紹介します:

1. 時代遅れのソフトウェア: VPNアプリのセキュリティパッチやソフトウェアアップデート、あるいはデバイスドライバのインストールを怠ると、VPN接続がタイムアウトしてしまうことがあります。

2. 信号の強度が弱く、ネットワークトラフィックに負担がかかる: インターネット対応のデバイスは、双方向のパケット転送の一貫性を確認するために、ネットワークの相手にpingを繰り返し実行します。しかし、通信がタイムアウトしてアクティブなフィードバックが得られなくなると、ネットワーク接続に依存しているリソースがオフラインになり、その機能が失われます。

低速で不安定なWi-Fi信号や、高速だが混雑したインターネット接続は、インストールされているVPNがリモートサーバーから切断される可能性があります。キルスイッチを使用しないVPNユーザーは、通常は自動的に接続が復元されるため、データが漏洩していることに気づかない可能性が高いため、このような切断は画期的です。キルスイッチ機能のないVPNサービスのユーザーは、気づかないうちにプライバシーが侵害されている可能性があります。

3. ローカルセキュリティの衝突: ファイアウォール、アンチウイルス、アンチスパイウェアなど、デバイスのローカルセキュリティを確保するプログラムは、VPNアプリケーションを悪意のあるソフトウェアと勘違いすることがあります。これらのセキュリティプログラムは、デフォルトで権限が最初に付与されている場合、VPNサービスを自動的に無効にすることがあります。

このような衝突は、インストールされているVPNをローカルセキュリティプログラムの検問対象外のアプリケーションのリストに含めることで修正できます。

4. VPNサーバーのダウンタイム: 上に述べたVPN障害の原因は、すべてユーザー側にあるものであり、VPNサーバーのダウンタイムは、サービス提供者側のサービスの悪さを物語っています。

VPNキルスイッチの有効性をテストする

VPNのキルスイッチ機能が有効かどうかをテストするには、以下の手順に従ってください。

  1. お使いのデバイスでVPNアプリケーションを開きます。
  2. VPNアプリケーションをリモートサーバーのいずれかに接続します。
  3. インターネットに接続し、匿名でウェブサイトにアクセスします。
  4. VPNサーバーから手動で切断します。
  5. デバイスのインターネット接続が突然切断された場合は、キルスイッチがアクティブになっています。
  6. インターネット接続がアクティブなままの場合は、VPNの設定を見て、キルスイッチが有効になっていることを確認してください。

まとめ

オンラインプライバシーの継続性を確保するためには、キルスイッチ機能を搭載したVPNサービスを利用することをお勧めします。現在、キルスイッチ機能が付いていないVPNサービスを使用している場合でも、退会する必要はありません。スタンドアローンのキルスイッチアプリの中には、キルスイッチ機能を持たないVPNサービスでも動作するものがあります。