ExpressVPN vs IPVanish (2021) |ExpressVPNがナンバーワン?

インターネットの存在はより大きく、より難しく、ナビゲートするのがより危険になってきています。これは、誠実なネット民を苦しめる可能性のある多くの落とし穴がネット上に存在することを意味します。フィッシング、サイバー窃盗、企業による膨大なデータ収集が毎日行われていることを考えると、VPNを導入せずにはいられないでしょう。しかし、VPNの種類は無限にあるため、同じ目的を果たすVPNの中から適切なプロバイダーを選択するのは、困難な作業である可能性があります。

あなたの選択が2つに絞られている場合も同じです。ExpressVPNとIPVanishは、両方ともよく機能することで知られていますが、VPNのサービスを利用するにはどうにかしてひとつに絞る必要があります。この記事では、ExpressVPNとIPVanishを比較し、どちらのVPNがネットサーフィンをする時によりふさわしいか、よりスムーズな経験を提供するかを専門家の視点で解説します。

ExpressVPN

ExpressVPNのホームページ

ExpressVPNは非の打ちどころがなく、優れたサービスの品質を提供するプレミアムVPNです。彼らのサービスの一貫性と信頼性により、トップレベルのサービスのリストの中でナンバーワンの地位を得ているVPN。ExpressVPNは6大陸の94カ国に3,000台以上のサーバーを持っています。これはつまり、接続先と思われる場所ならどこにでもサーバーがあることを意味しています。これだけ多くのサーバーがあるのですから、ネットワークが高速で信頼性が高いのは当然のことです。

軍用グレードの暗号化プロトコルを使用して、ユーザーに最大限のセキュリティとプライバシーを提供します。彼らはイギリス領ヴァージン諸島に拠点を置いているため、データセキュリティとプライバシーに関する法律を設定している国の管轄外です。ExpressVPNは同様に、ユーザーのデータを漏らさないことを意味するノーログポリシーを採用しています。これらに加えて、ExpressVPNはあなたのセキュリティを強固にし、あなたのプライバシーを安全にする多くの機能を提供しています。

また、主要なプラットフォーム用の専用アプリもあり、1つのアカウントで5つのデバイスを同時に接続することができます。

ExpressVPNはまた、優れた価格設定とプランを提供しており、優れたサービスと比較しても正当な価格です。

ExpressVPNが提供するサービスの質の高さは、VPNの中でも最高のものとして際立っています。海外で使うのに最適なVPNや、日本で使うのに最適なVPNなどのテストで、トップの地位を確立しています。

IPVanish

IPVanishのホームページ

IPVanishは少数の競争相手だけで利用できる最上層サービスを提供していて、54ヶ国の75のエリアに配置されている1,500台のサーバーを所有しています。これはIPVanishがグリッチまたはヒッチなしでサービスを提供していることを意味します。彼らのネットワークは堅牢で信頼性が高いのが特徴です。

アメリカに拠点を置くVPNということもあり、ユーザーにこれだけのセキュリティとプライバシーを提供しているというのは、むしろ衝撃的です。アメリカで運用されているデータセキュリティ法を考えると、IPVanishが最高のセキュリティとプライバシーを提供しようとしていると言っても過言ではありません。彼らはハッキング防止用にAES 256ビット暗号化技術を導入しています。IPVanishはまた、改善されたプライバシーを提供するノーログポリシーを採用します。このポリシーは、不幸にも一度破られてしまいました。

さらに、IPVanishは最も人気のあるプラットフォームを含むデバイスで利用可能です。1つのアカウントで、10台のデバイスに同時にログインできます。

IPVanishの価格設定とプランは非常に公正でお財布に優しいです。彼らの毎月のプランは10ドルから。これは、IPVanishが提供するすべての機能を考慮すると、とても魅力的です。すべてにおいて、IPVanishは誰もが利用したいと思う素晴らしい機能を持つ優れたVPNです。私たちは、以下にIPVanishの機能の完全なレビューを提示します。

サーバーのカバー範囲

VPNを評価する際には、サーバーのカバレッジが重要です。より広い範囲をカバーしているVPNは信頼性が高いと考えられます。VPNが持っているサーバーの数が多ければ多いほど、その速度とパフォーマンスは良くなります。

ExpressVPNの公式サイトでは、94カ国をカバーする160の場所に3,000台以上のサーバーを持っていると主張しています。一方、IPVanishの公式サイトには、75の場所に1,500台以上のサーバーがあり、54カ国をカバーしていると主張しています。VPNサイトが人々を引き付けるために数を膨らませるのは当たり前のことなので、私たちのレビューはサイトから得た情報に基づいているのではなく、綿密な分析に基づいています。

ExpressVPNは確かに世界中に広がっている包括的なカバレッジを持っています。ここからは、世界中の様々な国にあるサーバーの詳細をご紹介します。

Windows用のExpressVPNアプリ
  • 北米3カ国(80%以上がアメリカ)
  • ヨーロッパ44カ国(イギリス、オランダ、フランス、スペイン、ドイツを含む)              
  • オセアニア1カ国(オーストラリア)
  • アジア29カ国(シンガポール、日本、韓国、インド、イスラエルを含む)
  • 中米3カ国(コスタリカ、グアテマラを含む)
  • 南米8カ国(ブラジル、アルゼンチン、チリを含む)
  • カリブ海の1カ国(バハマ)
  • アフリカ4カ国(南アフリカ、エジプトを含む)
  • 無名のアンチVPN国のためのシークレットサーバー

これを合計すると、94カ国をカバーする160以上の場所に3,000台以上のサーバーを所持していることになります。

IPVanishは世界中に均等に分散したサーバーを持っていますが、ExpressVPNほどの数ではありません。以下はIPVanishのサーバーカバレッジの詳細です。

Windows用のIPVanishアプリ。
  • 北米3カ国(80%以上がアメリカ)
  • ヨーロッパ32カ国(80%以上 がイギリス)
  • オセアニア2カ国(オーストラリア、ニュージーランド)
  • アジア8カ国(イスラエル、シンガポールを含む)
  • 中米1カ国(コスタリカ)
  • 南米5カ国(アルゼンチン、ブラジル、チリを含む)
  • 無名の国のサーバー

これを合計すると、54カ国をカバーする82の場所にある1,486台のサーバーを所持していることになります。

両方のVPNは世界のほとんどの地域にサーバーを持っていますが、ExpressVPNはこの対決でIPVanishに勝利しました。ExpressVPNのサーバーの数はIPVanishの2倍で、実質的にどこにでもサーバーを持っています。ExpressVPNがこの勝負ではリードしています。

スピードとパフォーマンス

VPNを選択する際に考慮すべきもう一つの重要な要素は、スピードとパフォーマンスです。ここでは、サーバーの安定性と能力が試されます。すべてのVPNは(遅いものも含めて)接続が高速であることを主張しています。私たちがレビューしている二つのVPNはどちらも似たような主張をしています。ExpressVPNが「世界で最も速いVPN」であると主張しているのに対し、IPVanishは「世界最速のVPN」の称号を主張しています。しかし、話は早いです。統計を扱いましょう。

インターネットの速度といえば、サーバーやデバイスの閲覧速度を測定するための3つのパラメータがあります。それは、Ping値、ダウンロード速度、アップロード速度です。

ExpressVPNでは、異なるサーバーの速度をテストすることができます。

Ping値は、あなたのデバイスがサーバーと通信するのにかかる時間を示しています。その数字が低いほど、インターネットの速度が速くなります。ダウンロード速度は、1秒あたりにコンピュータに転送されるメガビット(データ)の量であり、アップロード速度は、システムが1秒あたりに転送できるメガビット(データ)の量です。これらの3つの値は、サーバーのインターネット速度を決定するための基準を形成しています。

VPNは通常、追加のセキュリティプロトコルやサーバーからの距離などの理由でブラウジング速度を遅くします。しかし、ExpressVPNやIPVanishのような最新のVPNは、これに関係なくユーザーに優れた速度を提供する方法を発見しました。私たちは誰がより速い速度を提供しているかを判断するために速度テストを実施しました。

IPVanishはExpressVPNよりも少ないPing値を提供していますが、全体的にはExpressVPNが勝利しました。これは、より高いダウンロードとアップロードの速度を提供することにあります。ExpressVPNがトップになるもう一つの理由は、サーバーの多様性です。ExpressVPNはIPVanishが提供する数の2倍の数を提供しているので、近くのサーバーを見つけるのが簡単になります。サーバーに近ければ近いほど、そのスピードとパフォーマンスは向上します。また、より多くのサーバー、より少ないトラフィックのパラメータを設定しておけば、ExpressVPNのパフォーマンスが速くなるのを止めるものは何もありません。

安全・安心機能

人々がVPNを利用したいと思う主な理由の1つは、安全性とセキュリティです。インターネットは情報の大きなハブであると同時に、セキュリティの面でも不安があります。そのため、多くの人がデータ、ID、お金をハッキングから守るためにVPNを選ぶのです。他にも、インターネット上での行動を含め、政府があらゆる行動を監視している地域に住んでいる人もいます。そのような地域では、セキュリティと安全性に優れたVPNが救世主になります。

ExpressVPNの異なるセキュリティプロトコル

ExpressVPNとIPVanishは、どちらも完璧なセキュリティと安全機能を持っています。どちらも256ビット鍵のAESを使用しており、データの暗号化と安全性は世界最高レベルです。それがどれだけ効果的であるかを知ってもらうために例を挙げると、米国政府とNSAが非常に機密性の高いファイルを保護するために使用しているものと同じです。スーパーコンピューターはAESをハッキングできません。最高レベルのセキュリティだからです。

また、どちらのVPNにもキルスイッチ機能があり、サーバーが切断した場合、接続やデータ転送を変更することができます。これは、データや情報が漏洩する可能性がないことを意味します。つまり、安全性とセキュリティに関しては、どちらのVPNも強力で有能なのです。

IPVanishの異なるセキュリティプロトコル

しかし、IPVanish が大いに必要とされる安全性とセキュリティを提供できない場所があります。VPNが安全とセキュリティで優れている最も重要な証明の一つは、強力なアンチVPNポリシーを持つ国や場所にサーバーを持っていることです。ExpressVPNはこれをきっちり証明しています。例としては、中国に秘密のサーバーがあります。この国はグレートファイアウォールを持つ国で、ほとんどのVPNがその国へのアクセスが阻止されています。

どちらのVPNも堅牢なセキュリティ機能とオプションを提供していますが、ExpressVPNは、再びIPVanishに勝利しました。

匿名性とプライバシーの特徴

匿名性とプライバシー機能に関しては、どちらのVPNもノーログポリシーを採用していると主張しています。

ノーログポリシーはVPNとユーザー間の契約の一部で、会社がユーザーデータを保存しないことを明記しています。IPVanish のノーログポリシーは絶対的なもののように見えますが、ExpressVPNはログインした日付(時間ではない)、サーバーの場所、使用した帯域幅の量を保存します。しかし、この情報はすべて重要ではなく、重大な脅威にはなりません。

2つのVPNは優れたプライバシーと匿名性を提供しますが、一方のVPNは他方のVPNよりも優れています。ExpressVPNはいくつかの理由からIPVanishよりも安全なオプションと考えられています。

1つ目は2016年のIPVanishによるノーログポリシーの違反です。彼らは、ユーザーのデータを政府関係者と共有しているという深刻な疑惑を巡ってニュースになりました。IPVanishは最近新しい会社に買収されましたが、2016年の事件は人々の心に新鮮なまま残っています。ExpressVPNはそのような事件を起こしたことがありません。彼らの完璧な実績は、プライバシーに関してはIPVanishよりも良い評判があると言えるでしょう。

ExpressVPNはログを保持しないと主張しています。

第二に、場所の問題があります。ExpressVPNの本社はイギリス領ヴァージン諸島にあり、IPVanishに影響を与えるほとんどのプライバシー法の影響を受けない国です。IPVanishの拠点はアメリカにあるため、インターネットやデータのプライバシーはほとんど幻想です。会社はいつでも法執行機関からの質問や調査に対応しなければいけない可能性があります。これは、あなたのデータが法律で保護されているイギリス領ヴァージン諸島では起こりえません。

さらに、ExpressVPNは、ビットコインや他の仮想通貨など、より安全で追跡不可能な支払い方法を提供しています。IPVanishが提供するのはクレジットカード、デビットカード、PayPalのみです。これはExpressVPNが自分自身をよりプライバシーに配慮していることを示しているもう一つの証拠です。ユーザーのプライバシーへの関心の高さから、ExpressVPNが再びこの戦いを制しました。

同点になるかと思われましたが、ExpressVPNはプライバシーと匿名性の面で総合的にトップであると言えるでしょう。

サポートされているプラットフォーム

プラットフォームのサポートに関して考慮すべき3つの基準があります。それは、アプリ、ガジェット、そして各プランがサポートするデバイスの数です。

アプリに関しては、ExpressVPNとIPVanishの両方がAndroid, iOS, macOS, Linux, Windows, Amazon Fire TV, そしてAmazon Fire Stickを含む全ての人気のあるデバイスとプラットフォーム用のアプリを提供しています。彼らのアプリでは、優れたインターフェースを提供し、一流の使いやすさと機能性を約束しています。両方のVPNは、かなりうまく機能するブラウザ拡張機能を提供しています。この点では、引き分けです。

Fire TV用のIPVanishアプリ。

ガジェットについては、どちらのVPNもルーターのようなガジェットとの相性が良いです。ここまでは、ExpressVPNとIPVanishでは違いがあまりなく、とてもいい勝負です。

IPVanishが際立っている唯一の点は、同時に接続できるデバイスの数です。ExpressVPNが5つのデバイスを同時に接続できるのに対し、IPVanishはその2倍の数を採用しています。1つのサブスクリプションで、10台のデバイスを同時に接続することができます。このカテゴリーでは、IPVanishが勝利しました。

Chrome用のExpressVPN拡張機能。

ストリーミングとトレント

ストリーミングとトレントリングは、真剣にサービスを提供しているVPNが武器として備えている2つのトップ機能です。これはすでに明白ですが、2つのVPN共に素晴らしいストリーミングとトレントサービスを提供しています。どちらのVPNも海外からGYAOAbemaTVのようなオンラインストリーミングサイトを視聴するには最適です。

多くの人は、日本のHuluや日本のAmazonプライムのようなサイトのブロックを解除するために、VPNを取得します。これは、ExpressVPNやIPVanishのような良いVPNを使えば、IPアドレスを別の場所に変更することができるからです。Netflix視聴者の多くにとって最も人気のある場所はアメリカです。良いVPNを使用すると、ブロックを解除し、簡単にアメリカのNetflixで地理的に制限されたコンテンツをストリーミングすることができます。

ExpressVPNは日本のNetflixにも対応しています。

ストリーミングを楽しむためには、良いping値とダウンロード速度が必要です。これらは、VPNを使ってNetflixを便利にストリーミングする前に満たさなければならないネットワーク要件です。ExpressVPNとIPVanishはどちらもNetflixをストリーミングするための優れた選択肢です。

しかし、アメリカベースのコンテンツのストリーミングに関しては、ExpressVPNはIPVanishよりも優れています。ExpressVPNはアメリカ国内に多くのサーバーを持っており、Netflix専用のストリーミングサーバーも多く持っています。また、日本のNetflixにもアクセスできます。一方、IPVanishは、カナダやオランダのような他のいくつかの場所のNetflixのバージョンにアクセスすることが困難であることがわかります。

したがって、ストリーミングと地域制限されたコンテンツのブロックを解除することになると、ExpressVPNが優れていると言えるでしょう。

IPVanishは海外で日本のテレビを見るのに使えるサーバーが日本にたくさんあります。

しかし、トレントになると、IPVanishが圧勝です。両方のVPNは、トレントと必要なプライバシーと安全性を提供していますが、IPVanishは優勢な手を持っています。これはSOCKS 5として知られているプロキシを使用しているためで、 ExpressVPN がトレントに使用する方法よりも高速です。

要約すると、どちらのVPNもストリーミングやトレントには良いでしょう。しかし、それぞれに強力なポイントがあります。ExpressVPNはストリーミングと地域制限コンテンツのブロック解除には理想的な選択でしょう。トレントには、IPVanishが完璧な選択肢です。

プランと価格

プランと価格は、この2つのVPNにとってもう一つの難しい問題です。どちらも比較的リーズナブルな価格設定とプランを提供しています。彼らのプランと価格は重要ではないかもしれませんが、市場で利用可能な多くのVPNと比較してみると(この2つのVPNが提供する多くの機能を考慮して)、価格とプランが十分に公平なものであることがわかるでしょう。

ExpressVPNのプランと価格は以下の通りです。

  • 月間プラン – 12.95ドル
  • 6ヶ月プラン – 9.99ドル/月
  • 12ヶ月プラン – 8.32ドル/月

IPVanishのプランや料金設定は少しお得です。

  • 1ヶ月プラン – 10.00ドル
  • 3ヶ月プラン – 8.99ドル/月(このプランでは25%の節約できます)
  • 12ヶ月プラン – 6.49ドル/月(このプランでは46%節約できます)

どちらのサービスも、サービスに問題があったり満足できなかったりした場合に備えて、30日間の返金保証を提供しています。しかし、返金に関してはExpressVPNが統計では優れています。それは、IPVanishとは異なり、返金を受けるプロセスがExpressVPNではストレスが少ないです。彼らの返金ポリシーにあるように、質問は一切ありません。しかし、IPVanishは可能な限りの戦術を試み、返金をする前に多くの質問をしています。

両方の価格プランを比較すると、IPVanishの方が安価であることがわかります。多くのサーバーと他の明白な利点があるのでExpressVPNの価格は決して高くはないですし、IPVanishがほとんどの対決で負けていることを忘れてはいけません。IPVanishの利点は、ExpressVPNで同時接続できるデバイスの数5台とは対照的に、IPVanishは10台の異なるデバイスを同時に接続できるところでしょう。IPVanishは価格面では優位に立っていますが、その差はあまり大きくはありません。この記事では、異なるVPNの価格の比較を見ることができます。

メリットとデメリット

ここからは、各VPNのメリットまたはデメリットを紹介します。上記のレビューを念頭に置いて、各VPNの長所と短所を確認してください。

ExpressVPN

メリット

  • あらゆる場所で高速:ExpressVPNはあらゆる場所で高速です。アメリカであろうとオーストラリアであろうと、そのスピードとパフォーマンスは信頼できます。
  • 高度なセキュリティとプライバシー:ExpressVPNが提供するセキュリティは一流で、一度も侵害されたことがありません。
  • 海外から日本のテレビを見るのに最適なオプション:海外から視聴する際に、日本のテレビ番組のブロックを解除するための優れたオプションです。
  • 素晴らしいブロック解除機能:異なるサービスのブロックを解除し、特に地理的制限へのアクセスを得るための優れたツールです。ExpressVPNを使えば、プレイステーション、Hulu、Disney+、Youtube、そして他のサービスのブロックを解除することができます。
  • 最もありそうでない場所でも動作する:ExpressVPNは最もありそうでない場所にサーバーを持っています。中国とUAEにサーバーを持つ数少ないVPNの一つです。
  • ノーログポリシー:彼らは違反をしたことがないノーログポリシーを採用しています。2017年にトルコの警察が彼らのサーバーの1つを使用したところ、データは見つかりませんでした。
  • 24時間365日のライブチャットサポート:彼らは24時間のライブチャット/サポートシステムを提供しています。迅速かつ簡単に問い合わせることができます。
  • シンプルで直感的なアプリ:彼らのアプリは直感的で使いやすいです。初心者の方にも楽しんでいただけますし、専門家の方にも高度なオプションでアプリを利用いただけます。
私たちの意見では、ExpressVPNは業界の中で最高のカスターマサービスを提供しています。

デメリット

  • 値が張る:彼らのプランと価格設定は、他のオプションと比較したときにわずかに高価です。
  • ストリーミングサーバーにラベルが貼られていない:ストリーミングサーバーはラベルが貼られていないので、簡単に識別できません。
  • たまに切断する:ユーザーがネットサーフィンをしている間に、接続が切断されたケースがありました。
  • 同時接続できるデバイスの数が少ない:ExpressVPNは同時に接続できるデバイスが5台しかなく、IPVanishと比較して少ないです。

IPVanish 

メリット

  • 強い暗号化および保護:IPVanishにユーザーがネットサーフィンしている間、情報が漏れることを不可能にする、非常に信頼性の高い暗号化プロトコルがあります。
  • すばらしい速度および性能:VPNは優れた信頼性の高い速度とパフォーマンスを提供します。
  • 無料のSOCKS5ウェブプロキシ:SOCKS5ウェブプロキシはExpressVPNよりもトレントに適しています。
  • より多くのデバイス:最大10台のデバイスを同時に接続できます。これはほとんどのVPNが許可している数よりも多い数です。
  • リーズナブル:IPVanishのプランはExpressVPNと比較すると、より手頃な価格です。
IPVanishは多くの先進的なセキュリティ機能を持っています。

デメリット

  • ライブチャットがない:彼らはサイト上でライブチャットとサポートを宣伝しているにもかかわらず、利用することができません。問い合わせをしたい場合は、回答を得るまでに2日または3日かかることがあります。
  • サーバーが少ない:ExpressVPNに比べてサーバーの数が少ないです。これはExpressVPNよりもカバー範囲が狭いことを意味します。
  • 中国のような場所では動作しない:中国のような場所では、VPNが生死を分けるかもしれませんが、IPVanishには機能的なサーバーがありません。
  • 第三者のレビュー:IPVanishが持っている素晴らしいレビューのほとんどは第三者からのものです。レビューは、ほとんどが悪口で不満だらけです。
  • セキュリティと安全性:2016年に発生したノーログポリシー違反のため、多くの人がまだVPNに懐疑的です。また、アメリカの企業であるという事実も、プライバシーの評価に一役買っています。
  • Netflixには向かない:あなたはアメリカのNetflixのためのサーバーを取得することができるかもしれませんが、オランダ、カナダ、および他のいくつかの国では問題があります。これは、ExpressVPNが設定した優れたパフォーマンスの基準を下回っています。

慎重に長所と短所を秤にかけてみると、勝者に値するのはExpressVPNであることは明らかです。IPVanishは合理的な代替手段ですが、ExpressVPNがより理想的な選択です。

私たちのお勧め

両方のVPNを徹底的に精査し、お互いを比較し、それらの機能を検討した後に、私たちがおすすめするVPNは、ExpressVPNです。上記のパラメータのほとんどで、チャートのトップに立ったのが大きな決め手です。ExpressVPNをお勧めする理由は、IPVanishよりも多くの利点があるからです。サブスクリプションは、IPVanishより少し高価かもしれませんが、多くの機能と利点は長い目で見れば価値があ流と言えるでしょう。どこにいても、どのようなVPNニーズがあっても、ExpressVPNはいつでも十分に高い信頼性を提供します。