NordVPN vs IPVanish

VPNは今日の世界では必要不可欠です。サイバー犯罪が日常茶飯事になっている今、VPNから保護を受ける必要性が高まっています。しかし、この問題を解決するために利用すべきプロバイダーをご存知ですか?利用可能なオプションのかなりの数があり、すべてのプロバイダーが優れたサービスを提供していると主張しています。

このレビューでは、2つの人気のあるプロバイダーを比較します。1つ目のNordVPNは業界ではかなり人気があります。NordVPNはかなりの数のサーバーを持っており、すべて速度のために最適化されていると主張しています。2つ目のIPVanishは、あまり知られていません。(少なくともNordVPNほど有名ではありません。)それは、例外なくすべてのサーバーを所有していることを明記して、一流のプロバイダーであると主張しています。また、VPNの使用を楽しくするいくつかのユニークな機能を誇っています。

私たちは、いくつかのパラメータで長所と短所を分析し、両方の機能を比較しました。最後に、私たちが出した結論とその理由をお知らせします。それでは早速、ご紹介します。

NordVPN

NordVPNのホームページ

このプロバイダーは、昔から存在しています。さらに印象的なのは、その間ずっとトップの地位を維持してきたという事実です。

セキュリティ/プライバシーの面では、 NordVPNは非常に優れています。業界最高レベルであるAES 256ビット暗号化システムを採用しています。さらに、オニオンオーバーVPN機能を提供します。この機能を利用すると、NordVPNのネットワークを介し、オニオンネットワークを介して、あなたのトラフィックをルーティングし、その後あなたに戻ってきます。この難読化により、第三者があなたを監視することが事実上不可能になります。キルスイッチ、DNSリーク防止機能、スプリットトンネリングを含む他の機能の多さで、NordVPNは一歩リードしています。

セキュリティとは別に、NordVPNは優れたブラウジングとストリーミング速度を提供します。このプロバイダーは、市場で最も高速なプロバイダーの一つです。遅延を経験することなく、ネットサーフィン、ダウンロード、コンテンツのストリーミングをすることができます。

地理的に制限されたプラットフォームのブロックを解除することは、このプロバイダーにとってはお茶の子さいさいです。何の問題もなく、BBCのiPlayer、Amazonプライム、Huluのブロックを回避することができます。P2Pファイル共有が好きな人は、NordVPNがトレントをサポートしていることを知って嬉しく思うでしょう。NordVPNは、ファイルをトレントするための専用のサーバーを持っています。

NordVPNは一般的に日本で最もおすすめのVPNです。

ゲット今なら 68%オフ

IPVanish

IPVanishのホームページ

このプロバイダーは業界では比較的知られていないプロバイダーです。しかし、どんなユーザーにも間違いなくアピールできるような驚くべき機能を備えています。

IPVanishはアメリカを拠点にしています。これは、プライバシー関連の問題に対するアメリカの姿勢を考えると、完璧なプライバシーの状態は保てません。しかし、これはアメリカのユーザーにとっては利点になります。ユーザーがアメリカで優れたサービスを安心して受けられるからです。

IPVanishには、1,300台の適度な数のサーバーがあります。これらのサーバーはとても速く、ジオブロックされたコンテンツへのアクセスを可能にします。ワンタップでストリーミングプラットフォームにアクセスできるようになります。Netflixのような厳しく管理されているサイトでも問題なくアクセスできます。トレントをよく利用する場合、IPVanishのサーバーはすべてトレントおよびP2Pファイル共有をサポートしているので便利です。

IPVanishは、Windows、Mac、Android、iOS、およびLinuxと互換性があります。1つのアカウントで最大10台のデバイスを同時に接続することができます。最後に何か問題が発生した場合は、カスタマーサポート担当者に問い合わせることによって、問題を瞬時に解決できます。このプロセスは、基本的には簡単です。

ゲット今なら 58%オフ

サーバーカバレッジ

VPNのサーバーカバレッジは、最初に考慮すべき要素です。一般的に、プロバイダーはどのサーバーにも接続することができます。そのため、プロバイダーが持つサーバーの数が多ければ多いほど、より柔軟に利用できるようになります。これにはいくつかの理由があります。

最初の理由は、世界中のコンテンツのブロックを解除できることです。いくつかのケースでは、日本のNetflix日本のHuluのようなプラットフォーム上でコンテンツをストリーミングまたは視聴することができません。その理由は、ジオブロックがあるためです。ストリーミングプラットフォームは、ユーザーが自分の場所に特定のコンテンツにのみアクセスできるようになっています。VPNを使えば、この問題は解消されます。しかし、これには少し難点があります。プロバイダーはその場所にサーバーを持っていなければなりません。第二に、サーバーはストリーミングプラットフォームの暗号化を打ち破ることができなければいけません。これで、サーバーの大規模なネットワークを持つプロバイダーがどれだけ重要であるかお分かりいただけたと思います。より多くのコンテンツに簡単にアクセスできるようになります。

広大なネットワークの第二の重要性は、速度です。表向きには、ネットワークのカバー範囲が広ければ広いほど、サーバーの速度は速くなります。しかし、必ずしもそうとは限りません。広大なネットワークを持っていても速度が遅いプロバイダーは存在します。プロバイダーが複数のサーバーを提供することができるのであれば、その速度も良くなければならないという期待と現実があります。

NordVPNは59カ国に5,457台のサーバーを持っています。これは誰が見ても大規模な数字で、業界で最も高い数字の一つです。旅行が多い場合や、複数の場所に接続する必要がある場合は、NordVPNをおすすめします。これらの場所の詳細な内訳は以下の通りです。

Windows用のNordVPNアプリ

アメリカ大陸 – 2,537台のサーバー

ヨーロッパ – 2,130台のサーバー

アフリカ、中東、インド – 115台のサーバー

アジア太平洋地域 – 672台のサーバー

IPVanishは、一方で、75以上のエリアに1,500台以上のサーバーがあると主張していて、ウェブサイトにはこれらのサーバーは速度のために最適化されていると書かれています。IPVanishは、NordVPNが持っているような数のサーバーを持っていないかもしれませんが、その数はかなり妥当な数です。これは市場のほとんどのプロバイダーが持っているサーバーの数と比較すると特にそう感じるでしょう。また、75以上の場所にこれらのサーバーを持っていることは注目に値します。ほとんどの国に旅行することができ、VPNの適用範囲を確認することができます。サーバーの詳細な内訳は以下の通りです。

Windows用のIPVanishアプリ。

ヨーロッパ – 479台のサーバー

アジア – 45台のサーバー

北米 – 841台のサーバー

オセアニア – 80台のサーバー

南米 – 37台のサーバー

アフリカ – 11台のサーバー

明らかに、このセクションではNordVPNが勝ります。あなたがアメリカのユーザーであれば、NordVPNのプロバイダーは不可欠です。これは、何らかの理由でアメリカのサーバーに接続したい場合にも適用されます。アメリカだけでも2,000台以上のサーバーを持っています。これにより、ほぼ無限の選択肢を得ることができます。

スピードとパフォーマンス

VPNを必要とする用途に関わらず、VPNの速度は重要です。通常のブラウジングでも、動画ダウンロードでも、あるいはコンテンツのストリーミングでも、優れた速度は必要不可欠です。なぜなら、速度が遅かったり、ラグが発生したりすると、ユーザーはイライラしてしまうからです。さらに、VPNの速度が遅いと、セキュリティが危険にさらされる可能性があります。

一般的に、VPNを使用している間は、速度の低下を経験するのが一般的です。これは、プロバイダーがトラフィックの暗号化と復号化を行うのにかかる時間が原因です。優れたプロバイダーは、この速度の低下が顕著ではなく、無視できる程度のものであることを確認しています。

同様に、あなたの場所とサーバーの距離も速度に影響を与える可能性があります。あなたの居場所とサーバーとの距離が近ければ近いほど、速度は速くなります。他の要因にはプロトコルの選択、サーバーの負荷などがあります。

NordVPNはそのサーバーに驚くべき速度を装備しています。ウェブサイトでは、速度とセキュリティのバランスを維持していると宣言しています。そのため、どちらか一方を妥協する必要はありません。さらに、アメリカでの速度は最高です。すでに述べたように、このプロバイダーは、アメリカだけで2,000台以上のサーバーを持っています。これは住んでいるユーザーに快適な体験を提供します。

NordVPNで最速のサーバーを選ぶことができます。

IPVanishも速度の面ではかなり高いランクに位置付けられます。その平均ダウンロードおよびストリーミングの速度は驚くべき速さです。プロバイダーを使用している間はほとんどバッファリングを経験しません。同様に、任意のプラットフォームからコンテンツをダウンロードしている間、ラグや遅延を経験することはありません。

IPVanishは劣ったプロバイダーではないことを理解する必要があります。実際、IPVanishは市場で確立された、いくつかのプロバイダーよりも優れています。しかし、NordVPNには速度に関してはIPVanishよりも優位に立ついくつかの機能があります。

IPVanishは様々なサーバーに素早く接続します。

まず、NordVPNはより大きなサーバーネットワークを持っており、ユーザーにより多くの帯域幅を提供しています。サーバーの数が多いので、ユーザーはひとつのサーバーやサーバーのグループにクラスタ化されていません。これは、すべてのサーバーの全体的な速度を向上させるのに役立ちます。

さらに、このプロバイダーは、CyberSecの広告ブロック機能を提供しています。このれは、あなたのブラウジングページの読み込みから広告をブロックする機能です。この機能を駆使することで、あなたの読み込み速度が向上します。さらにもう一つの利点は、これによりあなたの帯域幅を節約できることです。ウェブページの読み込みが速ければ速いほど、消費する帯域幅が小さくなります。

最後に、NordVPNはWireGuard VPNプロトコルを利用しています。これは今日の世界で最も速いVPNの一つです。これはこのプロバイダーの速度にさらに貢献しています。

安全・安心機能

VPNの主な機能は、紛れもなくセキュリティです。VPNはあなたのトラフィックを暗号化し、インターネット上の悪質な要素からあなたを安全に保ちます。そのため、安全でない接続を利用した場合でも、保護されたままでいられるのです。同様に、理想的なプロバイダーは、政府やインターネットサービスプロバイダー(ISP)からの監視からあなたを保護するための十分な機能を持っている必要があります。

VPNのセキュリティの重要性から、ほとんどのプロバイダーは優れた機能を備えています。したがって、この基準を満たすために、この2つのプロバイダーはほぼ同等の性能を持っています。

NordVPNは多くの高度なセキュリティ機能を提供しています

どちらのプロバイダーもAES 256ビット暗号化を使用しています。これは、利用可能な暗号化の最強の種類です。アメリカ軍もこれを使用しています。最強のスーパーコンピュータでも、この暗号を解読することはほぼ不可能です。どちらのプロバイダーも、プラットフォーム上でキルスイッチを採用にしています。キルスイッチは、VPNが故障したり、ハッキングされたりした場合、匿名性を維持します。その機能により、自動的にあなたの個人情報が漏れないようにオフラインになるからです。

IPVanishがIKEv2、OpenVPN、L2TP/IPsecの3つの非常に堅実なプロトコルを使用しているのに対し、NordVPNは最初の2つだけを使用しています。しかし、自慢の他の優れたセキュリティ機能を提供しているので、依然として魅力的なサービスです。この自慢のサービスにはPerfect Forward Secrecyが含まれています。これは、あなたがログオンするたびに新しいキーを割り当てる機能です。さらに、あなたが行う各ログインのための新しいセッションを作成します。もしあなたがハッキングされた場合、個人はあなたの以前のセッションから何も見つけることができないので、これは重要です。さらに、あなたのアカウントに再アクセスするために同じキーを使用することはできません。

IPVanishのセキュリティプロトコル。

NordVPNではスプリットトンネルも利用可能です。この機能を使えば、VPNと通常のネットワークを介してトラフィックを分割することができます。これは通常のネットワークを利用するものと、ネットワークの一部をVPN保護下に置けるように分けたい場合に最適です。

明らかに、両方のプロバイダーは同等レベルのセキュリティ機能を持っています。しかし、もしどちらか一方に絞るとなると、NordVPNを使った方がいいかもしれません。

NordVPNはダブルVPN機能でセキュリティを強化しています。

匿名性とプライバシーの特徴

これは、プロバイダーの整合性が試される領域の一つです。ユーザーとプロバイダーの関係は、プライバシーに対する暗黙の約束に基づいています。これらのプロバイダーは、ユーザーがVPNを利用するたびに匿名性を保つことで、ユーザーのプライバシーを侵害しないことに同意しています。したがって、プロバイダーは通常、サービスの利用が終了するとすぐにユーザーのオンライン履歴を消去します。これは、ユーザーのデータを強制的に第三者に提供するような状況を防ぐためです。

また、彼らの拠点はプライバシー法の管轄外の国に位置しています。このようにして、データ保持法に関して政府と対立する可能性を最小限に抑えることができます。

しかし、中には不謹慎なプロバイダーもあります。彼らは時には故意に契約を守らないこともあります。約束しているにもかかわらず、ユーザーのログを保存しているプロバイダーも存在します。彼らはユーザーから採掘した情報を第三者に販売します。

NordVPNの拠点はパナマにあります。これはプライバシーに優しい国です。プロバイダーがログを保存したり利用したりすることを要求する法律はありません。会計事務所であるプライスウォーターハウスクーパース(PWC)は、プロバイダーのサーバーに対して独立した監査を実施しました。PWCは、NordVPNのサーバーがユーザーに関するログを保持していないと主張しています。

また、プライバシーを維持するための素晴らしい機能もいくつかあります。ひとつ目が、Onion over VPNで、Onionネットワークを介してトラフィックをリルートする機能です。これはあなたのネットワークを暗号化することでプライバシーを強化します。

NordVPNのOnion over VPN機能。

また、NordVPNはユーザーのログを保持しないと断言しています。これについては透明性があります。

IPVanishの拠点はアメリカにあり、この事実は彼らにとっては少しマイナスです。なぜなら、アメリカは14アイズ同盟の一国だからです。これは、世界中の政府機関があなたのデータを共有できる同盟です。従って、国のVPNプロバイダーが日常的に箝口令状および召喚令状を受け取ることはあまり不思議ではないでしょう。FBIはIPVanishにユーザーのログを提供するよう強制しました。しかし、プロバイダーはそれ以来、これは別の管理下にあったことを明らかにしていて、現時点ではプライバシーに厳格であると主張しています。

IPVanishはまた、ユーザーのデータログを保持していないと主張していますが、その証拠がありません。今までに訴えられたことがなかったか、ハッキングされた記憶がなかっただけです。さらに、IPVanishは完全にすべてのサーバーを所有しています。いくつかのプロバイダーが異なる国にあるサーバーをレンタルしている間、IPVanishは完全にアメリカのサーバーを購入しています。この利点は、彼らにVPNのより大きなコントロールを与えることです。

IPVanishはまた、プライバシーのために素晴らしいいくつかのユニークな機能を持っています。例えば、それは「スクランブル」という機能を提供します。これはVPNを使用していることを隠す機能です。これは大規模な政府の検閲がある中国のような国で使うのに最適です。

どちらのプロバイダーもプライバシーの面では優れています。

サポートされているプラットフォーム

NordVPNは、ほとんどのデバイスタイプと互換性のあるアプリを提供しています。したがって、iOSとAndroid用のアプリを提供しています。これらのモバイルアプリでは、ワンクリックで素早くVPNの設定と接続ができます。ボタンをクリックしてインストールプロセスを完了させて、サーバーへアクセスするには好きな場所にあるサーバーを手動で選択するだけです。しかし、クイックコネクト機能を利用することで、そのプロセスを早めることができます。この機能は、あなたの現在地で利用できる最も速いサーバーに自動的に接続します。

NordVPNのChrome拡張機能はよく動作します。

このプロバイダーには、FirefoxやChrome用の拡張機能があり、デスクトップでもモバイルでも使えるようになっています。ほとんどのプロバイダーでは、デスクトップでしか拡張機能を使用できないので、これは注目に値します。拡張機能はブラウザからのトラフィックを保護するだけであることに注意してください。万全な保護を望む場合は、いずれかのアプリを利用してください。最後に、NordVPNにはルーター用のアプリがあります。ルーターのメリットは、無制限の同時接続ができることです。ルーターにアプリをインストールすると、すべてのデバイスをルーターに接続することができます。

同様に、IPVanishにはモバイルデバイスとデスクトップデバイス用のアプリがあります。スマートフォンだと、Android、iOSのオペレーティングシステムで使えるアプリを提供していて、デスクトップパソコンだと、Mac、WindowsおよびLinuxで使えるアプリを提供しています。モバイルアプリでは、プロバイダーが提供する全ての機能が備わっています。IPVanishは、AES 256ビット暗号化、キルスイッチ、優れたプロトコルを持っており、二重暗号化を可能にします。

Fire TV用のIPVanish拡張機能。

このプロバイダーは、ブラウザの拡張機能を提供していません。これは特にブラウザ上でVPNを使用する場合、不便かもしれません。

NordVPNは1つのサブスクリプションプランで6台のデバイスを同時に接続することができます。これは業界平均の5台を少し上回っています。IPVanishは無制限数のデバイスの同時接続を可能にし、ユーザーに無制限の帯域幅を提供します。言うまでもなく、IPVanishはこの分野ではNordVPNに勝ります。

ストリーミングとトレント

VPNを利用している人の多くは、コンテンツのストリーミング配信のために利用しています。これは、VPNがブロックされたコンテンツへのアクセスを許可するためです。したがって、プロバイダーの適合性を検討する際に、あなたは地域的にブロックされたプラットフォームのブロックを解除するために、その能力を評価する必要があります。あなたが選択するVPNは、多くのプラットフォーム上のコンテンツのブロック解除ができる必要があります。

さらに、VPNのブロック解除の速度も非常に重要です。お気に入りの番組やビデオをストリーミングしている間に長時間待たされるのはうんざりするでしょう。

NordVPNはストリーミングやジオブロックを回避するのに優れています。SmartPlay機能は特にタフなジオブロックを打ち負かすように設計されています。同時にセキュリティを維持することができます。DNS漏洩防止機能とVPN技術を組み合わせて、ストリーミング中の安全性を確保します。

NordVPNは日本のNetflixにも対応しています。

NordVPNはあなたがどこにいるかに関係なく、アメリカのNetflixの印象的なライブラリへのアクセスを許可します。このプロバイダーは、あなたのIPアドレスを変更してNetflixにアクセスしている間、別の地域からアクセスしていることを分からなくします。同様に、GYAOAbemaTVU-NextAmazonプライムビデオ、およびHBO GOのような他のストリーミングプラットフォームのためのシームレスなアクセスを取得します。これにより、全く手間をかけずにHDでコンテンツを見ることができるようになります。

NordVPNはトレントもサポートしています。P2Pに最適化されたサーバーを提供しているので、簡単かつ安全にトレントすることができます。さらに、1つのトレントクライアントに制限されることを心配する必要はありません。NordVPNはBitTorrentやVuzeなどの人気のあるトレントプラットフォームと互換性があります。プロキシ上でトレントクライアントをセットアップして使用することもできます。しかし、プロキシサーバーはNordVPNが利用できるようにする正規のサーバーほど安全ではないことに注意してください。

IPVanishはNetflixやHuluなどのプラットフォーム上のコンテンツのブロックを解除します。しかし、そのプロセスはNordVPNのようにスムーズでも簡単でもありません。アメリカのNetflixの場合、うまく動作するサーバーを見つけるまでにいくつかのサーバーを調べる必要があります。さらに、BBCのiPlayerのような厳しい暗号化を持つプラットフォームのブロックを解除するのはとても困難です。

IPVanishは日本にサーバーがたくさんあるので、海外で日本のテレビを見るときにも使えます。

IPVanishはトレントのための利用にも優れています。そのサーバーの一つ一つは、トレントとP2Pファイル共有をサポートしています。また、トレントのサイトを使用している間、セキュリティを提供しているので、あなたのセキュリティがプロセス中に侵害されないことが保証されています。

総合的に見て、海外で日本のテレビをストリーミングするにはNordVPNの方が良い選択肢と言えるでしょう。

プランと価格

ここでは、各プロバイダーの加入プランや提供内容について紹介します。プロバイダーの特徴に関係なく、価格が決め手になることは言うまでもありません。単純に利用料が高額だと感じる場合は、別のプロバイダーを選択するしかないでしょう。以下に、各プロバイダーのサブスクリプションの選択肢をご紹介します。

NordVPN

  • 月間プラン – 11.95ドル
  • 6ヶ月プラン – 9.00ドル/月
  • 2年プラン – 3.71ドル/月

IPVanish

  • 月間プラン – 10.00ドル
  • 3ヶ月プラン – 8.99ドル/月
  • 1年プラン – 6.49ドル/月

表面上、IPVanishはNordVPNよりも安いです。両方のプロバイダーが毎月請求する料金に焦点を当てれば、この結論に至るでしょう。しかし、もしあなたが長期でサブスクライブしたいのであれば、NordVPNのオプションは優れています。2年間のサブスクリプションでは、月々3.71ドルという低価格でサービスが利用できます。

IPVanishはクレジットカードとPaypalを使った支払いを受け付けています。しかし、暗号通貨を使ったサブスクリプションの支払いはできません。NordVPNは3つの媒体すべてを使った支払いを受け付けています。暗号通貨を使った支払いには、セキュリティを強化するという魅力があります。EthereumやBitcoinのようなオプションを使えば、詳細をトレースされることはほぼ不可能です。プライバシーとセキュリティを重視するのであれば、NordVPNを検討してみてはいかがでしょうか。

どちらのプロバイダーも返金保証期間を設けています。これは返金を要求できる期間です。サービスの質に満足できない場合は、返金を受けることができます。このプロセスは完全にリスクがありません。これは、払い戻しを得るために特別複雑な申請をする必要がないと言うことです。IPVanishの返金期間はNordVPNと同じ30日間です。原則として30日以内であればいつでも返金が可能なので、この30日間は基本的にVPNの無料トライアルを利用しているようなものです。

メリットとデメリット

NordVPN

メリット

  • セキュリティ機能
  • 接続速度
  • 厳格なノーログポリシー
  • 驚異的なブロック解除機能
  • 様々な決済システムに対応

デメメリット

  • トレントはすべてのサーバーでサポートされていない
  • OpenVPNの設定は使い勝手が悪い

ゲット今なら 68%オフ

IPVanish

メリット

  • 無制限の接続と帯域幅
  • 素晴らしいモバイルアプリ
  • 強力なセキュリティ機能
  • このプロバイダーはすべてのサーバーを所有している

デメリット

  • 考えられるプライバシーの問題
  • 低速
  • 頼りないブロック解除機能
  • カスタマーサポートが悪い

ゲット今なら 58%オフ

私たちのおすすめ

間違いなく、この2つのプロバイダーはどちらも優れていて、平均以上のサービスを提供しています。しかし、私たちがテストをした結果、最終的にNordVPNをお勧めします。NordVPNが際立っているのは、スピーディーな接続速度、幅広いサーバー、強力なセキュリティ&プライバシー機能があるからです。NordVPNは、あなたのすべてのニーズを満たすための理想的なVPNです。IPVanishはどんな基準から見ても、決して悪くはありませんし、無制限の同時接続機能ではNordVPNに勝ると言えます。しかし、すべてのことを考慮すると、NordVPNは無敵のパッケージを提供しています。