Surfshark vs ExpressVPN

最近は多くのVPNサービスの選択肢があるので、最適なVPNを選択することは困難です。それぞれの機能を見れば、簡単に選択することができますが、それは時間のかかる作業になるでしょう。実際には、それは不可能であり、非現実的である可能性があります。

このガイドでは、市場で最高のVPNの2つに注目しています。私たちは、その2つのVPNの機能を分析します。ExpressVPNは業界を率いるトップクラスのVPNプロバイダーです。様々なレビューで、トップ5のランキングに入っています。Surfsharkは業界では比較的新しいプロバイダーですが、まだ注目すべき点があります。このレビューの最後には、情報に基づいて、2つのプロバイダーでより優れているものを選択します。

Surfshark

Surfsharksのホームページ

Surfsharkは、一貫して期待を超えたプロバイダーの一つです。VPN市場では比較的新しいですが、この事実に騙されてはいけません。このプロバイダーは、業界最高のプロバイダーと互角に戦えるだけの力を持っています。

Surfsharkのサーバー数は1,700台と少なめですが、サーバーは160の場所と63の国に広がっています。あなたの住んでいる場所がサーバーリストに載っていることを期待してください。これらのサーバーは超高速で、あなたのニーズを簡単に満たすことができます。

このプロバイダーは、プライバシーの保護を重視する人たちに優しいイギリス領ヴァージン諸島に拠点を置いています。また、AES 256ビット暗号化、キルスイッチ、DNSリーク防止機能、スプリットトンネリングを可能にするなど、素晴らしいセキュリティ機能を持っています。

Surfsharkはほとんどのタイプのデバイスに対応しています。複数のデバイスを持っていたり、サブスクリプションを他の人と共有したりしたい場合は、簡単にひとつのアカウントを共有することができます。Windows、macOS、iOS、Android、Linux用のアプリを見つけることができます。さらに、同時に無制限の数のデバイスを接続することを可能にします。Surfsharkのアカウントが1つあれば、家族全員がVPNのサービスを楽しむことができます。

SurfSharkは、GYAOU-nextなどの日本のテレビ番組をストリーミングしたい海外在住の日本人におすすめです。

ExpressVPN

ExpressVPNのホームページ

ExpressVPNはバランス良く優れたオールラウンドなVPNです。これは昔からあるVPNの一つで、新しいVPNが次々と登場しているにもかかわらず、トップの地位を維持しています。

このプロバイダーは複数の国に3,000台以上のサーバーを持っています。これらのサーバーは、とんでもなく速いことで有名です。さらに、彼らは最強のジオブロックさえも打ち負かすことができます。したがって、ExpressVPNはNetflix、Hulu、iPlayerなどの制限を回避できます。大規模な検閲法を持つ中国のような国でも、ExpressVPNはしっかり機能します。ソーシャルメディアへのアクセスや制限されたコンテンツへのアクセスが目的であっても、ExpressVPNですべてを得ることができます。

ご期待通り、ExpressVPNでは一流のセキュリティ機能である標準のAES 256ビット暗号化が採用されています。また、VPN接続が切断された時に保護するキルスイッチも備えています。スプリットトンネリング機能は、ネットワークをExpressVPNサーバーと通常のISPサーバーを経由してルーティングし、それぞれを区別しています。最後に、厳格なノーログポリシーを維持しています。イギリス領ヴァージン諸島に位置しているため、ユーザーのデータを要求したり漏らしたりする義務はありません。

あなたが使用しているどのデバイスにもExpressVPNアプリが使えて、最大5台のデバイスを同時に接続することができます。さらに、サービスに満足していない場合は返金を要求することも可能です。ExpressVPNは一般的に、日本で利用可能なVPNの中でも最高なサービスの一つです。

サーバーカバレッジ

VPNを選択する際に非常に重要な考慮事項の一つは、サーバーの数と場所です。サーバーの数が多いプロバイダーを選ぶと良いでしょう。これにより、複数の場所を切り替えられる柔軟性が得られます。VPNはあなたのIPアドレスを隠し、あなたが接続したいサーバーの国のIPアドレスを与えます。したがって、あなたが特定のコンテンツにアクセスしたい場合は、例えば、アメリカにあるサーバーに接続する必要があります。

さらに、あなたのプロバイダーが多数のサーバーを持っている場合には、高速な速度が保証されています。あなたの所在地の近くにある複数のサーバーをテストすることができます。サーバーを切り替えるのが簡単になります。しかし、プロバイダーを契約する人が増えれば増えるほど、速度が遅くなることを念頭に置いておく必要があります。これも、VPNプロバイダーが複数のサーバーを提供する理由の一つです。数が均等に分散していれば、閲覧速度が低下することはほとんどありません。

サーバーは物理的にこれらの国に設置されていることがほとんどです。しかし、一部のプロバイダーでは、仮想サーバーを作成することを採用しています。原則的には同じ機能を果たします。サーバーが特定の国に「仮想的に」設置されている場合でも、その国のコンテンツにアクセスすることができます。しかし、これらのサーバーの速度と効率性に関連する問題があるかもしれません。仮想サーバーが実際のサーバーにマッチしていないこともあるようです。このあたりは注意が必要かもしれません。

これらのVPNプロバイダーがそれぞれどのくらいのサーバー数を持っているのかを見てみましょう。

Surfsharkは66カ国に1,700台のサーバーを保有しています(一部の国では複数の拠点を保有しています。合計すると約112箇所になります)サーバーの場所は以下のように綴られています。

Surfsharkは世界中にサーバーがあり、日本にも多くのサーバーがあります。
  • 北米 – 28カ所
  • ヨーロッパ – 52カ所
  • オセアニア – 6カ所
  • アジア – 16カ所
  • 中央アメリカ – 1カ所(コスタリカ)
  • 南アメリカ – 5カ所
  • アフリカ – 3カ所


一方、ExpressVPNは、94カ国(合計160か所)に3,000台以上のサーバーを持っています。

ExpressVPNも日本をはじめ世界各国にサーバーを持っています。
  • 北米-18カ所(最も多いのはアメリカで20台以上。カナダは約8台、メキシコは1台)
  • ヨーロッパ – 54カ所(最も高いのはイギリスで8台以上のサーバーがあります。)
  • アジア – 34カ所(ExpressVPNは香港と日本にサーバーを持っていますが、この2か所はデータに関する法律が非常に厳しい場所です。この2つの場所にお住まいの方や、お仕事や旅行で滞在される場合、ExpressVPNは比類のないサービスを提供します。)
  • 中央アメリカ – 3カ所
  • 南アメリカ – 8カ所
  • カリブ海 – 1カ所
  • アフリカ – 4カ所

明らかに、ExpressVPNがこのセッションではひとつ上手です。しかし、ExpressVPNは業界では老舗であることを心に留めておく必要があります。Surfsharkも1,700台のサーバーを持っているので、決して悪くはありません。さらに、SurfsharkはExpressVPNがない場所にもサーバーを持っています。これらの場所にはパラグアイ、リビア、アラブ首長国連邦、ナイジェリアなどがあります。サーバーは仮想ですが、これらの場所にアクセスしたい場合は、Surfsharkにとってはプラスになります。

スピードと性能

一般的に、VPNを使用すると、ブラウジングの速度が低下します。これは、あなたのデータが最初にサーバーに移動しなければならないためです。その後、データがあなたのデバイスに戻ってルーティングされます。さらに、データの暗号化と復号化にかかる時間も影響します。この時間はほんの数秒かもしれませんが、これが加算されて、ブラウジングの速度が低下します。

Surfsharkにはそれぞれのサーバーの速度をテストできる機能があります。

Surfsharkの速度は非常に速いです。しかし、その速度は使用するサーバーの近さによって影響を受けます。サーバーが所在地の近くにある場合、速度は向上します。しかし、サーバーが遠くにある場合、速度は遅くなります。もちろん、これはVPNが遅いという意味ではありません。Surfsharkは、どのVPNと比べても最高レベルの速度を誇っています。さらに、サーバーの規模を考えると、かなりうまくいっていると言えるでしょう。

ExpressVPNは速度の面ではVPN業界のリーダーのような存在です。これを使えば、通常のブラウジング速度の違いにほとんど気づくことはありません。ブラウジング、コンテンツのストリーミング、ビデオのダウンロードなど、VPNを必要とするものは何でも、このプロバイダーでは信頼できます。ExpressVPNはプレミアムスピードを一貫して約束しているので、安心して利用できます。

ExpressVPNにも同様の速度テスト機能があります。

この勝負では、ExpressVPNが圧勝です。ExpressVPNは業界での長年の経験から、他に類を見ないスピードを提供することに定評があるからです。しかし、このままうまくいけば、Surfsharkがすぐに追いつく可能性もあります。

安全・安心機能

VPNを選ぶ際にセキュリティは大きな問題です。実際には、プロバイダーの適合性を決める大きな決め手になることもあります。なぜなら、VPNの主な機能は、ユーザーの安全を確保することだからです。まず、ユーザーはハッカーやその他の悪質な第三者から守りたいと考えています。これは、サイバー脅威が日に日に増加している今、特に重要なことです。一流のセキュリティ機能は、インターネットを利用している間、ユーザーを安全に保つことができます。また、ユーザーは政府の監視から安全を確保したいと考えています。抑圧的な政府のある地域に住む個人は、これを優先することが多いです。最後に、インターネット・サービス・プロバイダ(ISP)は、VPNが保護を提供する最後のグループです。疑いのないISPは、ユーザーを盗み見します。彼らはユーザーのデータを盗み出し、最高入札者に販売します。VPNを利用すれb、このようなことはできません。

VPNのセキュリティ機能の重要性は、プロバイダーが提供する他の特典を二の次にしてしまいます。このような理由から、プロバイダーはセキュリティ機能の改善に多くの費用を費やしています。この点では、これらの2つのプロバイダーは非常に優秀です。

Surfsharkには、すべての標準的なセキュリティ機能が組み込まれています。これは、人気のある256ビットAES暗号化が含まれています。また、OpenVPN、UDP、TCP、そしてIKEv2という最高のプロトコルも装備しています。デスクトップアプリの場合、OpenVPNはデスクトップアプリのデフォルトプロトコルで、IKEv2はモバイルユーザーのデフォルトです。

Surfsharkは様々なセキュリティプロトコルを提供しています。

このプロバイダーには、他にもかなり素晴らしいセキュリティ機能があります。1つ目はマルチホップタップです。これはあなたのトラフィックを複数のサーバーに通す機能です。ハッカーが1つに侵入しても、他のサーバーがあなたのデータを保護します。Surfsharkは、この機能を実行するために有効な13以上のサーバーを提供しています。さらに、Surfsharkはノーボーダー機能を持っています。中国のような国でそれを利用することができます。Surfsharkのサーバーは、そのような国の地理的制限を打ち破るために特別に設計されています。また、プライベートDNSサーバー機能も提供しています。この機能を使えば、DNSサーバーを独占的に利用することができます。

同様に、ExpressVPNは標準的なセキュリティ機能を利用しています。Surfsharkと同様に、256ビットAES暗号化を採用していて、AES 256ビット暗号と4096ビットRSAキーとSHA-512 HMAC暗号を組み合わせています。これらのアルファベットや数字はすべて、暗号化の質の高さを示しています。世界最速のスーパーコンピュータでも破れないほどの難解さです。

ExpressVPNにも高度なセキュリティ機能がたくさんあります。

さらに、このプロバイダーは複数のプロトコルを利用可能にしています。デフォルトはOpenVPNです。プロバイダーは、ログオンするとすぐにそれに接続します。他にはTCP、PPTP、L2TP/1Psecなどが提供されています。ExpressVPN特有の機能には完璧な前方秘匿機能が含まれています。この機能により、あなたがオンラインになるといつでも暗号化キーを切り替えます。また、キルスイッチも導入しています。これはVPN接続が故障した場合にあなたを保護します。最後に、ExpressVPNはスプリットトンネリングとリーク防止を提供しています。スプリットトンネリングでは、ネットワークの特定の部分だけを暗号化することができます。それ以外の部分は、通常のネットワークを利用するために残しておくことができます。このプロバイダーは、ブラウジング中にDNSのリークを防止します。これにより、完全な匿名性が保証されます。

セキュリティの面では、これらの2つのプロバイダーはほぼ同等レベルと言えるでしょう。彼らは両方とも標準的なセキュリティ機能を提供します。

匿名性とプライバシーの特徴

多くのプロバイダーは、ユーザーのプライバシーを保証するために迅速に対応しています。プライバシーポリシーを注意深く見てみると、多くのずるいやり方が見えてきます。いくつかのプロバイダーは、あなたのデータの特定の部分を保存します。これは、注意を払わないと第三者に渡る可能性があることを意味します。

ExpressVPNとSurfsharkはどちらもイギリス領ヴァージン諸島に本部を置いています。この2つのプロバイダーが意図的にその場所を選んだことは間違いありません。イギリス領ヴァージン諸島はプライバシーに優しい国です。14アイズ同盟の管轄下にはありません。したがって、これらのプロバイダーは政府とデータを共有する義務を負いません。

ログに関しては、どちらのプロバイダーもユーザーのアクティビティのログを保持しないと主張しています。ExpressVPNは、ログインの詳細、オンライントラフィック、訪問したウェブサイト、データの内容は完全に保護されていると断言しています。しかし、ユーザーがサインアップする際に利用可能なデータのみを照合すると述べています。ここでの詳細には、メールアドレスと支払いの詳細だけが含まれています。ExpressVPNでは暗号通貨での支払いが可能なので、この後者の要件を避けることができます。

ExpressVPNはユーザーのアクティビティログを保持しません。

同様にSurfsharkは、ユーザーのアクティビティのログを保持していないと述べています。ウェブサイトでは、ユーザーの全体的なオンラインアクティビティに関連する情報を照合しないことを明らかにしています。ExpressVPNのように、ユーザーが登録に使用するメールアドレスと請求情報のみを保持していると主張しています。しかし、その後Surfsharkは、システムの使用頻度を含む集計統計をコンパイルすることを追加しています。この範囲は完全に説明されていません。

間違いなく、両方のプロバイダーは素晴らしいプライバシーに関するルールがあるでしょう。しかし、私たちはExpressVPNの方が上手であると結論づけました。

サポートされているプラットフォーム

VPNが許可するオペレーティングシステムの数は、考慮すべきもう一つの重要な要素です。一般的に、平均的なユーザーは複数のデバイスを持っているでしょう。また、家族や友人とVPN接続を共有したい場合もあるでしょう。そのため、加入する前にプロバイダーはあなたが所有しているデバイス用のアプリを持っているかどうかを確認するようにしましょう。

ExpressVPNは、ほぼすべてのタイプのデバイスに対応しています。AndroidとiOSデバイス用の専用アプリがあります。それらをダウンロードしてインストールする手順はシンプルで簡単です。数回のクリックで、あなたのデバイスでアプリが起動し、実行できるようになります。しかし、AndroidとiOSのアプリはデスクトップのアプリとは異なります。なぜなら、完全な機能が揃っていないからです。例えば、モバイル版はTorと互換性がありません。Torが提供する保護の強化を楽しむには、デスクトップ版を利用しましょう。

ExpressVPNのChrome拡張機能はうまく動作します。

ルーターにExpressVPNをインストールすることもできます。このプロバイダーを使えば、ルーターのダウンロードと設定が簡単にできます。ExpressVPNのウェブサイトにプロセスの完全なステップバイステップガイドが掲載されています。ルーターの利点は、あなたのカバレッジを高めることです。ルーター1つで家中の全てのデバイスを保護できる可能性があります。

最後に、ExpressVPNにはChromeとFirefoxの両方のブラウザ用のブラウザ拡張機能があります。これはブラウザからのトラフィックを暗号化し、侵入できないようにします。すべてのExpressVPNアプリ同様に、ここでのダウンロードのプロセスは速くて簡単です。クローム拡張機能をインストールして使用を開始するだけです。

ExpressVPNでは、1つのアカウントで5つのデバイスを同時に接続することができます。これは実際には業界平均の数です。すでに指摘したように、ルーターを活用することでVPNの到達範囲を広げることができます。

Surfsharkにはほとんどのデバイスタイプに対応したネイティブアプリが用意されています。そのため、Windows、macOS、iOS、Android、Linux、Amazon Fire TV用のSurfsharkアプリをダウンロードしてインストールすることができます。

SurfsharkにもしっかりとしたChrome拡張機能があります。

ExpressVPNと同様に、Google ChromeやMozilla Firefox用の拡張機能も用意されています。ブラウザで拡張機能を利用する場合、スマートフォンが完全に保護されているわけではないことを忘れないでください。スプリットトンネリングをしているときに起こることと似ています。暗号化されるネットワークは、ブラウザから実行されているものだけになります。

Surfsharkは、同時接続できるデバイスの数に制限はありません。この分野では、ExpressVPNを含む他のVPNとは比較になりません。この機能がとてもクールなのは、無限の柔軟性を与えてくれるからです。好きなだけ多くの人と接続を共有することができます。素晴らしいのは、同じレベルの保護がすべての接続されたデバイスに与えられていることです。さらに、あなたはラグや低速化した速度を経験することはありません。

このセクションでは、Surfsharkの方が有力と言えるでしょう。

ストリーミングとトレント

コンテンツをストリーミングする機能は、すべての一流VPNが持つべき機能の一つです。一般的に、ほとんどのプロバイダーは、あなたが望むサイトからコンテンツをストリーミングすることができます。しかし、一流のプロバイダーは、それをより高いレベルに持っていきます。彼らは制限されたコンテンツでさえアクセスを可能にする機能を持っています。一部のプラットフォームでは、ジオブロックによってコンテンツへのアクセスが制限されることがあります。これにより、自分の住んでいる場所以外からはコンテンツにアクセスすることができなくなります。

Netflixでは、例えばアメリカに住んでいる人は、イギリスのNetflixライブラリにアクセスすることはできません。これは、お気に入りの番組が別の場所でストリーミングされている場合は特に、非常にイライラさせられるでしょう。指摘されているように、一流のプロバイダーはこれらのブロックを簡単に回避します。

ExpressVPNはNetflixに最適な選択肢です。

ExpressVPNはブロックを解除できるプラットフォームをリストアップしています。そのウェブサイトは、日本のNetflix日本のHulu、iPlayer、ディズニープラス、アマゾンプライムビデオ、HBO Goなどのようなコンテンツのブロックを解除することができると述べています。驚くべきことに、この分野ではその言葉を忠実に守っています。ExpressVPNを使えば、これ以上制限について心配する必要はありません。

Surfsharkはブロックを解除できるサイトをリストアップしているExpressVPNほどクリアではありません。しかし、これらの制限されたライブラリへのアクセスを口論なしで許可するという驚くべき能力を持っています。一般的に、SurfSharkは海外から日本のテレビを見るにはかなり良い選択です。

SurfsharkもExpressVPNも海外からAbemaTVを視聴する際にブロックを解除します。

トレントもプロバイダーの印象をよくするもう一つの機能です。というのも、VPNではファイルのトレントができるかどうかが非常に重要だからです。トレント以外ではダウンロードできないファイルがあります。したがって、P2Pファイル共有に入っているか、特定のファイルを探しているユーザーは、それが有用であることがわかります。そのような人であれば、それはここで議論された 2 つのプロバイダーがトレントで優れているかどうかを知ることに興味があるでしょう。

Surfsharkは、トレントで最高のVPNであると主張しています。確かにその主張のように、トレントに関する優れたサービスを提供しています。 SurfsharkはP2Pファイル共有とトレントのためのいくつかの専用サーバーを持っています。VPNはあなたがトラフィックをトレントさせていることに気づくとすぐに、その目的のために最適化されたサーバーに接続します。

同様に、ExpressVPNにはいくつかの専用のP2Pサーバーがあります。同様に自動的にそれらのサーバーに接続します。しかし、そのプロセスはSurfsharkよりもシームレスです。さらに、より多くのサーバーを持っているという事実は、使用できるP2P対応サーバーの数がより多いことを意味します。

プランと価格

この2つのプロバイダーは、似たようなプランがあり、月額料金もほぼ同じです。

Surfshark

  • 月額プラン – 12.95ドル
  • 6ヶ月プラン – 6.49ドル/月
  • 12ヶ月プラン – 5.99ドル/月

ExpressVPN

  • 月額プラン – 12.95ドル
  • 6ヶ月プラン – 9.99ドル/月
  • 12ヶ月プラン – 8.32ドル/月

Surfsharkでは、iOS、macOS、Androidアプリで無料トライアルが利用できます。ただし、それ以外のアプリでは無料トライアルが付与されません。

どちらのプロバイダーも、30日間の返金保証を提供しています。この期間内だとさぶスクリプションで支払った料金の返金を要求することができます。どちらもリスクのないプロバイダーとして知られているので、問題なく返金を申請することができます。これはVPNを無料で試しに利用するための賢い方法です。

2つのプロバイダーは同じ月額プランを提供していますが、長期間だとSurfsharkの方が安く設定されています。異なるVPNの料金比較はこちらから。

メリットとデメリット

Surfshark

メリット

  • 優れたプライバシールール:Surfsharkは、ユーザーのデータのログを保持しません。また、イギリス領ヴァージン諸島に拠点があるという事実も大きなプラスとなっています。
  • 広範囲のアプリ:このプロバイダーでは、デバイスの互換性を心配する必要はありません。それは、ほぼすべてのタイプのデバイスでアプリが利用できます。
  • 無制限の同時接続:Surfsharkを使えば、あなたの周りの誰もが別のプランで契約する必要はありません。
  • 公正なサブスクリプションプラン:公平な価格でSurfsharkのサブスクリプションを提供しています。6ヶ月以上の契約をするとさらにお得になります。

デメリット

  • P2Pサーバーが信頼できない:SurfsharkのP2Pサーバーは信頼性が低い場合があります。
  • 弱いソーシャルメディアの存在感:Surfsharkは、確立されたプロバイダーのような強力なソーシャルメディアを持っていません。

ExpressVPN

メリット

  • 素晴らしい速度ExpressVPNはVPNの速度に関してはペースを設定します。他のプロバイダーはこれに近づけません。
  • 強力なセキュリティ機能:このプロバイダーのセキュリティ機能はピカイチです。
  • より広い範囲をカバー:3,000台以上のサーバーを持つExpressVPNは、顧客のニーズに合わせたサーバーを常に用意しています。
  • ログなしポリシー:ExpressVPNは厳格なノーログポリシーを維持しています。セッションが終了するとすぐにユーザーの履歴を定期的に消去します。
  • 24時間365日のライフチャットサポート:問題が何であれ、いつでもExpressVPNに連絡して対応してもらうことができます。
  • ブロック解除能力:タップ一つでNetflixのようなプラットフォームのコンテンツにアクセスできます。テストした全てのプラットフォームで、ExpressVPNは全てのブロックを簡単に解除することができました。

デメリット

  • 同時接続数できるデバイスの数が少ない:ExpressVPNはSurfsharkの無制限の数の接続に対して5台の同時接続を提供しています。
  • 価格:このプロバイダーのプランは少し割高です。

私たちのおすすめ

両方のプロバイダーを徹底的に調べた結果、私たちがおすすめするのはExpressVPNです。Surfsharkには素晴らしい機能がありますが、いくつかの重要な分野ではExpressVPNの方が勝っています。ストリーミングとブロック解除の速度、サーバーのカバレッジ、制限されたコンテンツへのアクセス、カスタマーサポートに関しては、ExpressVPNの圧勝です。Surfsharkはユーザーに無制限の数のデバイスの同時接続を提供する部分ではExpressVPNの数より勝りますが、ExpressVPNも5台のデバイスの同時接続が可能なので、ユーザーのニーズはほとんど満たされるでしょう。