VPNを導入する必要性はあるのか?

ここ数年、VPNについていろいろなことが言われています。多くの人がVPNのニーズが高まっていると考えていますが、かなりの数の人がVPN導入の必要性について考慮しています。

この記事では、実際のところVPNの必要性はどうなのかという切実な疑問に答え、VPNを導入すべき理由について説明します。また、導入を検討すべき最適なVPNをいくつか紹介します。

VPNを導入すべき理由トップ5

VPNは必要不可欠なツールであり、必要かどうかを決めるには、VPNを導入すべき理由のいくつかを見てみるのが一番手っ取り早いです。ここでは、そのうちの5つをご紹介します。

1. VPNはオンライン上のプライバシーを提供してくれる
VPNが必要な理由のトップは、ユーザーがオンライン上のアクティビティを保護できることです。インターネットが決して友好的な場所ではないことは誰もが知っています。ハッカーや著作権侵害者、インターネットサービスプロバイダー(ISP)は、ユーザーの行動をIPアドレスに基づいて追跡することがあります。そのため、ネットを閲覧する際に完全な匿名性を保つには、VPNが必要になります。

VPNは、あなたのIPアドレスを隠して、第三者が行動を追跡できないようにします。ハッカーやISP、著作権侵害者は、あなたが接続しているVPNサーバーのIPアドレスを取得しようと試みるかもしれませんが、仮に彼らが取得したとしてもあなたに被害は及びません。

2. VPNは地理的制限を回避するのに役立つ
「お住まいの地域からご利用になれません」という、よくあるエラーメッセージが表示されると、イライラしますよね。たとえば、日本のAmazonプライム日本のNetflixAbemaTVなどは、日本国内にいる人だけがコンテンツを視聴できるように制限しています。海外旅行をしたことがある人なら、このような経験をして、問題を解決する方法を探したことがあるかもしれません。幸いなことに、VPNを使えば、こうした地理的制限を回避することができます。

サイトはIPアドレスでユーザーの居場所を特定しますが、特定の国に住む人はIPアドレスが似ています。VPNが行うのは、さまざまな国にサーバーを用意し、そこを経由してターゲットのウェブサイトにトラフィックを送ることです。そのため、あなたの本当のIPアドレスではなく、サーバーのIPアドレスでブラウジングすることになるので、ネットワーク上の誰もが、あなたがVPNサーバーのある国からアクセスしていると判断します。

3.. VPNは禁止されているWebサイトへのアクセスをサポートしてくれる
ISPは、顧客にアクセスしてほしくないWebサイトのリストを発表することがよくあります。また、ユーザーがそのような厳選されたサイトにログオンできないようにするために、政府が重要な役割を果たすこともあります。たとえば、中国の法律では、「グレート・ファイアウォール」を通じて、Instagram、Netflix、Twitter、Facebook、WhatsApp、YouTubeなどの人気ウェブサイトを国内でブロックしています。では、これらのソーシャルメディア・プラットフォームにアクセスしなければならないときはどうすればよいのでしょうか?VPNを利用すれば、好きなサイトにアクセスできます。また、インターネットの検閲を心配する必要もありません。(中国向けの最適なVPNについてはこちらをご覧ください)。

4. VPNを使えば安心して公衆Wi-Fiを利用できる
空港やインターネットカフェ、レストランなどでは、公衆Wi-Fiが使えるので便利です。しかし、多くの人が知らないことですが、これらのネットワークを使うことによって、ハッキングやその他の悪意のある活動による被害を受ける可能性があります。サイバー犯罪者は、無防備な人々が不適切なセキュリティで保護されたネットワークにログオンするのを辛抱強く待っているのです。

携帯電話やその他のデバイスにVPNを導入していれば、公衆Wi-Fiを利用する際に、あまり心配する必要はありません。VPNにはいくつかのセキュリティウォールがあるので、VPNを有効にすると、公衆Wi-Fiを使用していたとしても、ハッカーがあなたのトラフィックや情報を手に入れることができなくなります。

5. VPNはユーザーが匿名でトレントをダウンロードするのに役立つ
P2Pソフトウェアを使ってダウンロードする場合、あなたの実際のIPアドレスはトレントスウォームに含まれなければなりません。あなたがファイルを共有しているすべてのユーザーのIPアドレスも、このスウォームに含まれます。ここで懸念されるのは、保護グループがこのIPアドレスのスウォームを手に入れれば、トレントファイルをダウンロードするIPアドレスが追跡されてしまうことです。

VPNを使ってIPアドレスを隠すことで、プライベートにトレントをダウンロードするのに役立ちます。そのため、トレントをダウンロードするために使用するIPアドレスは、あなたの本当のIPアドレスではなく、VPNサーバーのIPアドレスになります。

導入したいVPNトップ3

ここからは、お使いのデバイスに導入すべきVPNベスト3をご紹介します。

ExpressVPN

ExpressVPN devices

機能

  • サーバーの数 3000以上
  • Sサーバーの場所 94カ国の160の場所
  • 24時間対応のライブチャット 有り
  • Sスピード 無制限
  • サポートできるデバイスの数 5
  • 30日間返金保証 有り

長所/短所

  • 市場で最も速いVPN
  • 厳格なログ無しポリシー
  • 256ビットAES暗号化
  • 割引が少ない
お試し ExpressVPN

お使いのデバイスでダウンロードするのに最適なVPNの1つは、ExpressVPNです。Android、Linux、Windows、iOS、macOS、ルーターなど、複数のOSで利用できる評価の高いVPNです。イギリス領ヴァージン諸島を拠点とするExpressVPNは、ユーザーがVPNに求める多くの優れた機能を備えています。

ExpressVPNは、世界で最も優れた暗号化技術であるAES-256暗号を使用しています。この一流のセキュリティ対策に加えて、このVPNは、DNSリークプロテクション、自動キルスイッチ、ダブルVPN機能も備えています。94カ国、160カ所に設置された3,000台以上のサーバーネットワークを持つこのVPNの汎用性は問題ありません。アフリカ、ヨーロッパ、アジア、中東、アメリカ大陸にあるサーバーが利用可能です。

ExpressVPNには、献身的で信頼性の高いカスタマーサポートシステムがあるので、技術的な問題を解決するために必要なサポートを受けることができます。また、公式サイトのトップページには、トラブルシューティングのチュートリアルがいくつか掲載されています。

  • 長所: 市場で最も速いVPN; 厳格なログ無しポリシー; 256ビットAES暗号化;
  • 最安値: $6.67

NordVPN

NordVPN devices

機能

  • 暗号通貨を受け入れるか?: はい
  • 専用IPアドレスの提供?: 有り
  • 同時接続の数: 6
  • サーバー: 58カ国に5342個

長所/短所

  • たくさんの値段のオプション
  • Netflixへのサポートが常に更新されている
  • 256ビットAES暗号化
  • アプリが遅い
お試し NordVPN

導入すべきもうひとつの優れたVPNは、NordVPNです。VPN業界では比較的新しいサービスですが、最高のVPNサービスを提供しています。

NordVPNは、あなたのデータが第三者の手に渡らないように、厳格なログなしポリシーを採用しています。また、予想通り、このVPNは最高レベルの256ビット暗号化を使用しており、強固な保護を実現しています。この安全な暗号化に加えて、NordVPNはOnion Over VPN(多重の暗号化によって保護を提供する機能)、DNSリークプロテクション、自動キルスイッチなどの機能も備えています。

このVPNサービスにはたくさんのサブスクリプションプランがあり、1つのアカウントで6台のデバイスを同時に接続することができます。Windows、macOS、Linux、iOS、Androidの各デバイスで利用でき、かつ利用料金は適切な価格です。また、トレントのダウンロードやP2Pファイルの共有にも使えます。

NordVPNは、ほとんどのVPNプロバイダーが及ばない驚異的な数のサーバーを誇っています。現時点では、59カ国に5,462台のサーバーがあり、お客様がVPNに求める柔軟性と使いやすさを提供しています。NordVPNには無料トライアルはありませんが、NordVPNのどのプランを選んでも30日間の返金保証がついてきます。ExpressVPNと同様、VPNの使用中に技術的な問題が発生した場合、24時間体制のカスタマーサポートを利用できます。

  • 長所: たくさんの値段のオプション; Netflixへのサポートが常に更新されている; 256ビットAES暗号化;
  • 最安値: $3.71

Surfshark

Surfshark  devices

機能

  • 無料トライアル?: 有り
  • 同時接続の数: 無制限
  • 広告をブロックするか? はい
  • サーバー: 61カ国に1000以上

長所/短所

  • フットプリントを残さない
  • トレント対応
  • 256ビットAES暗号化
  • スピードが少し遅め
お試し Surfshark

この記事の最後におすすめするVPNは、Surfsharkです。こちらもイギリス領ヴァージン諸島にあるサービスです。そのため、どの規制機関にもユーザーの情報を渡す義務はありません。オンラインセキュリティ、プライバシー、あるいは地理的に制限されたコンテンツのブロック解除のしやすさという点では、Surfsharkは最高のVPNのひとつです。

まず、その数字を見ると、このVPNプロバイダーの業績は悪くないことがわかります。Surfsharkは61カ国に1,040台以上のサーバーを持っており、いずれもコンテンツのダウンロードやストリーミングには十分の速度を提供できています。前述の他の2つのVPNと同様に、このサービスは安全な256ビットの暗号化を採用しています。それ以外に、Multihopやカモフラージュモードなどの高度な機能も備えています。

Surfsharkは、ユーザーの閲覧履歴、IPアドレス、個人情報などの記録を残しません。このVPNが提供する素晴らしいサービスを利用するために必要なのは、メールアドレス、パスワード、および請求書の情報だけです。

最後に、Surfsharkは30日間の返金保証を提供しており、何か問題が起きた場合は、信頼性の高いカスタマーサポートに連絡することができます。

  • 長所: フットプリントを残さない; トレント対応; 256ビットAES暗号化;
  • 最安値: €2.49

どのVPNを選ぶべきか?

導入するVPNを決めるのは、VPNを何のために使いたいかによって異なります。とはいえ、ここではVPNを入手する際に気をつけたいことをいくつか紹介します。

  1. サーバー拠点の数:出張の多い人にとって、多くのサーバーを所有しているVPNは理想的であるはず。そのため、VPNを利用する前に、そのVPNが適切な数のサーバーを備えていることを確認してください。1,000台以上あれば十分です。また、これらのサーバーの速度に注目するのも賢明な判断です。
  2. 速度と帯域幅: ビデオやゲームの途中で接続が中断するのは避けたいものです。しかし、無制限の帯域幅を持たないVPNを利用した場合、このような経験を頻繁にすることになるでしょう。帯域幅と同様に、VPNのサーバーの速度も事前にチェックしておく必要があります。
  3. セキュリティ機能:先に述べたように、VPNが必要とされる重要な理由のひとつは、サイバー攻撃からあなたを守るため。そのため、優れた機能を備えていないVPNを利用しても、何の得にもなりません。業界標準の暗号化AES-256は必須機能として考えましょう。また、最近のプロトコルでは、ハッカーがあなたのトラフィックやデータを手に入れることはできません。
  4. 1つのアカウントに接続できるデバイスの数:1つのVPNアカウントで使用できるデバイスの数を確認しておかないと、制限を受けることになります。同時に接続できるデバイスの数が5台であれば十分ですが、それ以下だとお使いのすべてのデバイスを接続できない可能性があります。
  5. 価格:無料のVPNは魅力的に見えますが、利用しないことを強くお勧めします。最高のセキュリティ対策が施されていないだけでなく、サーバーの数や速度にも制限があります。ですから、無料のVPNに投資するのではなく、長期のサブスクリプションを支払えば、多くの有料VPNを3ドルという低価格で利用することができます。

まとめ

VPNは、地理的制限を回避したり、匿名でネットを閲覧したり、インターネット上での保護を維持したりする自由をユーザーに提供する強力なオンラインツールです。お使いのデバイスにVPNを導入しないと、多くのセキュリティ上の脅威にさらされ、データが第三者の手に渡る危険性があります。

お使いのデバイスにVPNが必要であることは間違いありませんので、上記でご紹介した優れたVPNの導入を検討してください。