2020年に利用可能な完全無料VPNサ ー ビス-トップ7ランキング

この記事では、2020年日現在の最適な無料VPNを紹介します。

選択可能な無料のVPNサービスは非常に多くありますが、それらは安全ですか?

この記事では、VPNのフリーソフトについて紹介します。この記事で取り上げる無料のVPNサービスに関して疑問に思う点があると思います。最も重要なことは、無料のVPNサービスがPCやスマホ、fire tv stickなどでどのように機能するか、または無料のVPNアプリを、ウェブサイトの閲覧や、YouTubeやNetflixなどの動画コンテンツを視聴するために利用するメリットがあるかどうかです。もちろん、このような疑問を解消できるように詳しく解説していきます。

この主な質問への回答に加えて、無料と有料のVPNサービスの違いや、さまざまな用途で推奨するもの、最高の無料VPNサービス、有料VPNサービスを無料で入手する方法、無料VPNサービスの長所と短所などを比較しながら紹介していきます。

質の良い無料のVPNサービスを利用することは可能?安全?

優れた無料のVPNサービスを利用できるかどうかという質問に対する短い答えを簡潔に述べると「いいえ」です。無料のVPNサービスを推奨しない理由は次のとおりです。

  1. 無料の場合、ほとんどすべてのサービスが非常に低速。
  2. サーバーが非常に少ないため、希望する国のサーバーに接続できるとは限らない。
  3. ユーザー情報を第三者に販売しているため、閲覧は非公開のままではない。
  4. アクセスが制限されているため、1日に一定量のGBしか使用できない。

無料サービスよりも有料VPNサービスをお勧めする主な理由の1つは、有料VPNサービスが非常に安価であること。特に長期間の契約をする場合はお得に利用できます。

VPNサービス利用料は月額約300円です。これはコーヒーのテイクアウトと同じ価格です。ほとんどの有料VPNサービスには30日間の返金保証期間が設けられています。したがって、VPNサービスを利用する予定がない場合は、返金をリクエストすることができます。その場合、VPNサービスは無料で利用できることになります。

有料VPNサービスを無料で試す方法

ほとんどの人が気付いていないのは、有料のVPNサービスを短期間限定で、無料で使用できるということです。ほとんどのVPNサービスには、多くの場合30日程度の返金保証期間が設けられています。1週間だけVPNを使用する場合は、有料のVPNサービスの試用期間を無料で使用することができます。

ほとんどのVPNサービスは「進行状況」を保存せず、使用する前に登録するだけでよいため、多くの有料VPNの試用期間を利用して、長期間無料で体験することができます。多くのVPNサービスは、実際にさまざまなメールアドレスで登録できるため、理論的には永遠の無料トライアルを利用できることになります。しかし、このやり方はおすすめしない上、多少の作業が必要になります。

さらに、一度に長期の契約をすると、数か月間は利用料を無料にしてくれる会社もあります。有料のVPNサービスを無料で入手するのに多くの方法があります。

返金保証付きの推奨VPNサービス

最も人気のある有料VPNサービスのいくつかをまとめました。ここから紹介する有料VPNサービスには、返金保証付きの試用期間と、より長い期間で契約した場合の数ヶ月間利用料が無料になるサービスを提供しています。当社が最も一般的におすすめするVPNについてはこの記事をご覧ください。

ExpressVPN

機能

  • サーバーの数 3000以上
  • Sスピード:無制限
  • Sサーバーの場所:94カ国の160の場所
  • サポートできるデバイスの数: 5
  • 24時間対応のライブチャット: 有り
  • 30日間返金保証:有り

長所/短所

  • 市場で最も速いVPN
  • 厳格なログ無しポリシー
  • 256ビットAES暗号化
  • いくつかの割引有り

ExpressVPNは、ビジネスで最高の賞を受賞したサービスの1つですが、有料サブスクリプションに登録すると、前述の無料VPNサービスよりも安価でサービスが利用できます。

このサービスは世界中の94か国で利用可能で、3000を超えるサーバーをユーザーに提供しています。これが、提供する優れた速度と安定性を確保する理由であり、もちろん帯域幅は無制限です。

さらに注目すべき点は、このVPNサービスが本当に使いやすいことです。最新のユーザー向けに設計されたユーザーインターフェースを体験できるだけでなく、24時間の無料カスタマーサービスも利用できます。

ExpressVPNでも価格は非常に手頃です。1年間のサブスクリプションを選択した場合、月額約600円、3か月間は無料で利用することができます。また、ExpressVPNはユーザーに30日間の返金保証を提供しています。ですので、理論上サービスは最大30日間無料で使用できます。

ExpressVPNは日本のテレビにアクセスするのに非常に優れた選択肢です。ExpressVPNは中国からTVer韓国からU-Nextを見たいときなどに最適です。

  • 利点 : 市場で最も速いVPN。厳格なログ無しポリシー。256ビットAES暗号化。
  • 最も安い値段 : $8.12

NordVPN

機能

  • 暗号通貨を受け入れるか?:はい
  • 同時接続の数:6
  • 専用IPアドレスの提供?:有り
  • サーバー:58カ国に5342個

長所/短所

  • 価格のオプションが多数
  • 最新のNetflix向けのサポート
  • 256ビットAES暗号化
  • アプリが遅い

NordVPNは、利用する価値が満載のVPNサービスです。顧客が望むすべてを提供する有料のVPNサービスですが、値段以上に価値があると言えます。

NordVPNは60か国で5000を超えるサーバーを提供し、これらの数は増え続けているので、サービスの選択に関する制限がほとんどありません。彼らのアプローチは、ユーザーの柔軟性を確保しますが、それに匹敵する速度と安定性も提供します。

NordVPNはノルウェーで設立されたため、ノルウェー語で多くのコンテンツを入手でき、サポートを受けられます。現在、このサービスはパナマに拠点がありますが、匿名性が保障されています。NordVPNは、有料VPNサービスとして知られていますが、その魅力的な機能を利用できることを考えると月額利用料を払う価値があると言えます。

NordVPNは、月額利用料が約300円と、とてもコスパが高いです。3年間の契約をした場合にのみこの金額が適用されますが、依然として有料VPNサービスの市場で最高の価格です。このサービスを使用すると、1日あたり約12円のみを支払うことになります。NordVPNには30日間の返金保証もあります。

  • 利点: たくさんの値段のオプション。Netflixへのサポートは常に更新される。256ビットAES暗号化
  • 最も安い値段: $2.99

無料のVPNを選択する際に確認すべきことは?

無料のVPNを使用したい場合は、最初にいくつかの点を確認する必要があります。まず、サービスの評判を調査することから始めるのがよいでしょう。サービスが個人情報を販売すると分かっている場合、またはこれが利用規約で明確に書かれている場合は、利用するのを考え直すのが得策です。HolaVPNは、常に警告が表示される無料サービスの好い例であり、このような無料VPNは利用するのを避けるべきです。

次に、無料VPNサービスで提供しているサーバーがある国を確認する必要があります。特定のサーバーに接続して、そこでのみ利用可能なコンテンツにアクセスしたい場合、サービスは無料ですがサーバーを提供しない場合は役に立ちません。

データ容量にどのような制限があるかを調べることも重要です。ストリーミングに無料のVPNサービスを使用する場合は、そのサービスの容量が大きいことを確認する必要があります。そうでない場合は、数時間でデータ容量を使い果たしてしまうからです。

無料のおすすめVPNサービス

無料のVPNを使用すると、VPNの優れた機能を正確に知ることができます。上記の要因に基づいて、ノルウェーで素晴らしいと言われている4つの無料VPNサービスを紹介します。

ProtonVPN

機能

  • P2Pサポート? 有り
  • 30日間返金保証? 有り
  • 拠点国? スイス
  • サーバー:40カ国以上に600以上
  • 同時に接続できるデバイスの数:5

長所/短所

  • プロフェッショナルなサポート
  • モダンなインターフェイスとアプリ
  • AES-256暗号化
  • あまり知られていないプロバイダー

ProtonVPNは最高の無料VPNの1つです。他の無料VPNサービスと同様、ProtonVPNの無料VPNサービスは有料サービスと比べることができません。それでもProtonVPNの無料版は多くのユーザーにとって良い選択肢と言えます。ProtonVPNの無料版は、アメリカ、オランダ、日本の3つのサーバーのみを提供しています。これら以外の国に接続したい場合、残念ながら無料版はおすすめしません。無料版にはP2PやTorもありませんし、一つのアカウントで一つのデバイスしか接続することができません。

それでも、ProtonVPNの無料版は、VPNをお試しで使ってみたい方にはおすすめと言えます。主な利点は、ProtonVPN無料版は無制限の帯域幅を提供していることです。他のほとんどの無料VPNサービスにはトラフィック制限がありますが、ProtonVPNは他のサービスと比べてその点において際立っています。また、無料のサービスとしては十分なサーバーの速度を提供しています。

ProtonVPNの無料版は、サインイン元、ログイン時間、ログイン元に関する情報は保存しません。したがって、ロギングポリシーは他の無料VPNと比較して非常に優れています。より良いパッケージにアップグレードする必要がある場合でも、ProtonVPNには、より優れたサーバー選択と高度な機能を提供する多くの安価なパッケージがあります。

  • 利点 : プロフェッショナルなサポート。モダンなインターフェイスとアプリ。256ビットAES暗号化。
  • 最も安い値段:無料

Hotspot Shield

機能

  • 無制限データ? 有り
  • 同時に接続できる数:5
  • 軍事グレードの暗号化? 有り
  • サーバー:80カ国以上に3200以上

長所/短所

  • 無制限のHDストリーミング
  • マルウェアをブロック
  • 256ビットAES暗号化
  • 信頼できないサポート

Hotspot Shieldは人気のあるVPNサービスで、何よりもまず有料版として提供されています。ただし、開発者は無料版を希望するすべてのユーザーが使用できるように無料版のVPNをリリースすることを決めました。これは、最高の無料VPNサービスと言えます。

Hotspot Shieldのサーバーは、毎日500 MB のデータ通信を提供しています。前述のように、これはほとんどの無料VPNサービスの標準の容量です。シリーズの1つのエピソードを無料で視聴する、または匿名でウェブを閲覧したい場合、これは非常に優れた方法です。

Hotspot Shieldは、サーバーを介したすべての閲覧で256ビット暗号化も提供します。これは、ほとんどの有料VPNサービスが提供するのと同じ暗号化です。これは実際にはアメリカ軍で使用しているものと同じレベルなので、完全に保護されていると言えます。

  • 利点:無制限HDストリーミング。マルウェアをブロックする。256ビットAES暗号化。
  • 最も安い値段:$7.99

Windscribe

機能

  • ブラウザ・エクステンション? 有り
  • 全てのウェブサイトをアンブロックするか? はい
  • 値段のオプション:3
  • 場所:60カ国にサーバーを持つ
  • 無料トライアル:無し

長所/短所

  • 軍事グレードの暗号化
  • 全ての主要なプラットフォームで利用可能
  • モバイルデバイス向けのアプリ
  • あまり知られていないプロバイダー

Windscribeは、国際的に無料で提供されているその優れた特性により、おすすめVPNと紹介されていることがよくあります。無料のVPNサービスの使用を検討する場合、これは悪い選択肢ではありません。

このサービスでは、最初は1日に2 GBのデータが無料で提供されますが、メールを登録すると10 GBに増えます。これは、無料のVPNサービスでは、かなり大きなデータ容量です。したがって、このデータ容量はさまざまなユーザーに適していると言えます。

Windscribeでは、10か国のサーバーを提供しています。複数のデバイスでサービスを使用でき、十分な通信速度を得られます。無料のVPNを試したい場合は、まずWindscribeから使い始めるのが得策でしょう。

  • 利点:軍用グレード暗号化。全ての主要なプラットフォームで利用可能。モバイルデバイス向けのアプリを持つ。
  • 最も安い値段:$4.08

無料VPN VS有料VPN

有料のVPNサービスと無料のVPNサービスの違いはもちろん大きいです。その理由は、有料のVPNサービスには無料のサービスよりも多くの資本があるためです。

有料のVPNサービスには、毎月または毎年サービスにお金を支払う数多くのユーザーがいます。これにより、有料のVPNサービスがソフトを改善するために多くのお金が投資されます。

無料サービスにはこのような機会はなく、広告販売から得られる少ない予算に頼る必要があります。無料のVPNサービスは有料のVPNサービスよりもはるかに少ない資本しかないため、ソフトの改良に費やす費用がはるかに少ないのです。これは、どのVPNサービスが利用する価値があるのかを検討する際に密に関わってきます。これについては、以下で説明します。

以下では、無料サービスに関連して多くの人々が疑問に思う主な質問のいくつかを紹介し、それらを有料サービスと比較します。すべての無料サービスがこれらの問題があるわけではないですが、それらは顕著な特徴です。

プライバシーの観点から見た無料と有料のVPNサービス

一部の人々は、VPNを使用してオンライン上のプライバシーを保護し、ハッカーから身を守ることを望んでいます。これに関して、多くの人々は無料のVPNサービスの利用が安全かどうか疑問に思います。ここでの答えは、ほとんどの場合が「いいえ」なのですが、その理由を説明します。

1つの理由は、無料のVPNサービスがオンラインでのアクティビティに関する情報の販売で利益を上げているということです。訪問するサイトや、訪問する時間、購入する製品などの背後にある価値は、多くの第三者にとって有益な情報です。

これは、多くの無料のVPNサービスのプライバシー規約に書かれていることです。残念なことに、無料のVPNサービスを探しているときにこの規約を読む人はほとんどいません。したがって、このプロセスでは、VPNを使用して監視されないようにするのは不可能と言えます 。

無料サービスがこれを行わなければならないことを想像するのは難しくありません。無料のサービスのため、彼らはサービスから収入を得ることができないので、サービスを提供し続けるために、どうにかしてお金を稼ぐ必要があります。

したがって、有料のVPNサービスと無料のサービスの違いは非常に大きいと言えます。ほとんどの有料VPNサービスは、軍事レベルの暗号化、非登録ポリシー、キルスイッチを提供していますが、これは無料サービスでは提供していません。

オンラインでのプライバシーの改善、監視からの保護などを目的とする場合、無料のVPNサービスはお勧めしません。

これはすべての無料サービスに当てはまるわけではないですが、多くの無料VPNサービスが当てはまります。無料のVPNサービスを使用する場合は、使用条件を読むことを強くお勧めします。

容量の観点から見た無料と有料のVPNサービス

すべての無料VPNサービスがオンラインでのアクティビティに関する情報を販売しているわけではありません。しかし、ユーザーには完全に無料のように見えますが、1日に500 MBのデータしか提供しません。ほとんどのユーザーにとって、これは何もないようなものです。

コンテンツをオンラインでストリーミングする場合、数時間で500MBのデータが使用されます。データがすべて使い果たされると、無料だったVPNサービスが有料オプションを提供するようになります。これが、無料のVPNサービスの大部分が利益を得ている方法です。最終的には有料のサービスなのです。無料の限定バージョンを提供する有料のWindscribeなどが典型的な例です。

多くの場合、無料のサービスにはデータの制限がありますが、有料のVPNサービスにはありません。必要なだけデータをストリーミングできます。

例えばAbemaTV日本のHuluなど、海外から日本のテレビにアクセスするのに無料VPNはほとんど対応しません。

サーバーと速度の観点から見た無料と有料のVPNサービス

無料のVPNサービスで制限されるのは容量だけではありません。制限は、サービスが提供するサーバーの数だけでなく、それらがどれだけ高速であるかというところでも関係しています。

通常、最高の有料VPNサービスは、10〜15か国にあるサーバーしか提供しない無料サービスとは異なり、約50か国でサーバーを提供しています。ノルウェーのテレビを海外から無料VPNを利用して視聴する場合、ノルウェーのサーバーが無料のVPNサービスで利用できることは確実ではありません。ノルウェーにあるサーバーを所有していない場合、このサービスを使用しても意味がありません。

特にコンテンツをオンラインでストリーミングしている場合は、速度も重要です。VPNサービスは一部の速度を低下させることが知られていますが、最高のVPNサービスではこの速度の低下はほとんど分かりません。無料のVPNサービスでは、速度が大幅に低下するため、ストリーミング体験が満足いかない可能性があります。

VPNを使用するときは速度が重要であり、接続速度の速さは多くの場合、無料サービスの最大の問題と言えます。

ユーザーフレンドリーとカスタマーサービスの観点から見た無料と有料のVPNサービス

無料のVPNサービスは、より少ない予算で開発されたため、多くの場合後退しています。最高の有料サービスだと、ユーザーインターフェースはユーザーにより適合しているため、目的のIPアドレスにすばやく接続することができます。

また、無料のVPNサービスに優れたカスタマーサービスが含まれることはほとんどないことにも注意してください。サポートが必要な場合は、ほとんど自分自身で解決する必要があります。一方、有料のVPNサービスには24時間のカスタマーサービスがあり、世界中のどこにいてもサポートを受けることができます。

これらの2つの要因は最大の問題ではありません。最高のユーザーインターフェースがなくても生きることができ、VPNを使用する場合、カスタマーサービスはほとんど重要ではないからです。

まとめ

理論上、無料で提供するVPNサービスは画期的なアイデアです。しかし実際には、有料のVPNサービスほど優れたものはありません。Hotspot Shield、Windscribe、Hide.meなどの無料VPNは良好な機能を提供しますが、それらは必ずしも十分と言えるわけではなく、有料のVPNサービスの方が使用料を払ってでも価値があります。

これは、ロギング、速度、サーバー数、使いやすさ、カスタマーサービスなどの要因によるものです。一部のVPNサービスが無料で利用できますが、あまり価値はありません。 ExpressVPNやNordVPNなどの有料VPNサービスは、月約600円で利用できます。Paragraph

それに加えて、無料トライアルや、返金保証期間がほとんどの有料VPNで設けられています。したがって、無料のVPNサービスは、VPNサービスの動作を確認するためにのみ使用してください。その技術が気に入ったら、すぐに有料のVPNサービスに切り替えましょう。

ExpressVPNやNordVPNなどのサービスをお勧めします。これらは高品質な機能を提供していますが、有料のVPNサービスの中でも最も安価なサービスでもあるからです。完全に無料ではないですが、リーズナブルなのでお金を節約することはできますし、いずれにせよ満足のいく機能が提供されているので、試さない手はありません! この記事から日本向けの無料VPNに対する当社のテストに関してご覧ください。