海外から日本のコンテンツにアクセスするのにおすすめのVPN

富士山の氷の山頂から、歴史ある京都の高木や厳島の畏敬の念を起こさせる神社まで、日本は一年中本当に美しい場所です。これらの歴史だけではなく、素晴らしい魅力はまだまだたくさんあります。日本は世界で最も技術的に進んだ国の1つでもあります。しかし、魅惑的な風景や驚異的な技術がありますが、世界を探索したいと思う人もいるでしょう。

おそらく、世界を探索したいという思いが国民を時々国外に出させ、それから遅かれ早かれ帰国させることになります。もちろん、あなたが海外に旅行したい、または旅行する必要があると感じるのに、他の理由がないと言っているわけではありません。一部の人にとっては探索で、他の人にとってはビジネスです。他の人にとっては純粋な喜びなのです。

理由が何であれ、世界は美しい場所であり、たくさんの物を見るべきです。しかし、残念ながら、日本を離れて海外へ旅行するとき、オンラインの世界で最も面白い機能も置き去りにしなければいけません。国内でアクセスできたコンテンツが、海外からはアクセスできないという問題は、海外に行った人によくある問題です。アクセスしようとしているコンテンツが「お住まいの地域では利用できません」と言われると、非常にイライラします。これは、日本にいたときにコンテンツに簡単にアクセスしていた人にとってはとても頭が痛くなるようなことでしょう。

しかしここで皆さんに朗報です。海外から日本のコンテンツにアクセスする豊富についてこの記事全体で解説しています。早速ですが、始めましょう。

日本のコンテンツに海外からアクセスするのにおすすめVPN

海外から日本のコンテンツにアクセスするのにおすすめなVPNの概要を以下に紹介します。

  • ExpressVPN:信じられないほどの速度と30日間の返金保証を備えた3,000台を超えるサーバーを所有するVPN。
  • NordVPN:無制限の数の同時接続により、保護のための高レベルのセキュリティを備えているVPN。
  • SurfShark:地理的制限の解除機能と無限接続を備えたログなしポリシーを徹底しているVPN。
  • UltraVPN:地理的制限を解除する機能や、信じられない速度の接続を提供するVPN。
  • ProtonVPN:プレミアムへのアップグレードを伴う無料モードや、優れた地理的制限の解除機能を備えた400台を超えるサーバーを所有するVPN。

様々なVPNサービスがありますが、海外から地理的に制限された日本のコンテンツにアクセスするために使用できる最高の仮想プライベートネットワークのリストをまとめました。ここからは、おすすめVPNを詳しく紹介します。

1. ExpressVPN

機能

  • サーバーの数 3000以上
  • Sスピード:無制限
  • Sサーバーの場所:94カ国の160の場所
  • サポートできるデバイスの数: 5
  • 24時間対応のライブチャット: 有り
  • 30日間返金保証:有り

長所/短所

市場で最も速いVPN
厳格なログ無しポリシー
256ビットAES暗号化

  • いくつかの割引有り

海外から日本のコンテンツにアクセスするために選択すべきおすすめなVPN の1つが、ExpressVPNです。ExpressVPNは2009年に設立されたVPNサービスです。設立以来、成長し続け、常に質の高いサービスを提供してきました。ExpressVPNの拠点は、イギリス領バージン諸島にあります。世界中の約94か国で、160以上の場所に3千以上のサーバーがあります。もちろん、日本のサーバーもたくさん所有しています。それはつまり、あなたが海外にいて日本プロ野球または相撲の試合をストリーミングで視聴したい場合、ExpressVPNがあなたの見方になるということです。

あなたが海外にいて、日本だけでなく他の国のサイトにアクセスしたい場合でも、すぐにアクセスすることができます。これは、ExpressVPNのサーバーが世界中の多くの部分に分散しているためです。数学で見ると、全ての国の約48%をカバーしていることが分かります。

これらとは別に、VPNは仮想サーバーと呼ばれるものを使用してセキュリティを確保します。これは、他のVPNサービスではあまり一般的な機能ではないため、注目に値します。通常、サーバーは必要な場所に物理的に配置されます。ただし、ExpressVPNのサーバーの一部は物理的な場所にはありません。代わりに、これらの場所にあるかのように表示されるようにプログラムとして設定されています。

仮想サーバーは、より安全です。人々はときどき企業やVPNに属するサーバー上の情報へのアクセスを試みます。彼らは、自分の利益のために情報を使用するためにこれを行うのです。ここでいう情報とは、最もプライベートなログイン時に使用される電子メールアドレスなどです。改ざんされる物理的なサーバーが存在しない場合、この仮想サーバーにある情報を改ざんすることはとても困難です。これは同時に、海外のコンテンツにアクセスしようとしているとき、仮想サーバーを使用するとより安全であることを意味します。

さらに、ExpressVPNには驚くべき機能があります。その機能は、DNSプロキシです。ExpressVPNに接続すると、このDNSプロキシにより、日本の地理的制限を解除することができます。これにより、海外から日本のコンテンツを視聴したり、アクセスしたりできるようになります。

これらのすべての機能を備えているのと、超高速な接続を提供しているため、問題なくウェブサイトやコンテンツにアクセスすることができます。つまり、制限されたウェブサイトで、スムーズにアニメをストリーミングしたり、漫画を読んだりできるということです。ExpressVPNを使用すると、地理的制限を回避ことが避できます。さらに、低速度の接続でイライラすることなく、スムーズにコンテンツを視聴できます。

このVPNサービスを契約すると、3つの同時接続が可能になります。つまり、任意の3つのデバイスをVPNに接続でき、これらの3つのデバイスすべてで日本のコンテンツに海外からアクセスできるということです。その数が少ないと感じる場合は、すぐにルーターを用意しましょう。ルーターを使うと、無制限の数のデバイスをVPNに接続できるようになり、ちゃんと地理的制限も回避してくれます。

ExpressVPNのサービスは無料ではありません。他のVPNサービスと比較して、少し値がはると考える人もいるでしょう。ただし、万が一サービスに満足できなかった場合は、30日間の返金保証期間中に返金を申請することも可能です。

2. NordVPN

機能

  • 暗号通貨を受け入れるか?:はい
  • 同時接続の数:6
  • 専用IPアドレスの提供?:有り
  • サーバー:58カ国に5342個

長所/短所

  • Lots of pricing options
  • Netflix support kept up to date
  • 256-bit AES encryption
  • Slow app

NordVPNは、海外から日本のコンテンツにアクセスするために利用が推奨されているVPNです。NordVPNは幼なじみの4人組によって2012年に設立されました。ExpressVPNほど古い歴史はありませんが、インターネットセキュリティ業界では新しくもありません。

5200以上のサーバーがあり、これらのサーバーは、世界中の59か国以上に広く分散しています。他のVPNサービスのサーバーの数と比べると、非常に多いことが分かります。VPNを使用する主な理由は、日本語のコンテンツを視聴するためでしょう。NordVPNのサーバー数が多いため、日本だけではなく多くの国のサーバーに接続することができます。

NordVPNにはSmartPlay DNSプロキシがあります。これにより、地理的に制限されている日本のサイトに接続し、見たいコンテンツを何でも見ることができます。

セキュリティの面でも、NordVPNは非常に優れています。インターネット上の安全性を損なうDNSリークは一切許可されません。さらに、、VPN 接続が落ちた時に瞬時にオフになるキルスイッチも備わっています。NordVPNは、顧客のインターネットの安全性とセキュリティに真剣に取り組んでいます。これを証明するための例は、ロシアがVPNのサーバーへのアクセスを提供する要求したときに、命令に従うことを拒否したことです。簡単に言えば、顧客の安全を危険にさらすことになるため、彼らは拒否しました。代わりに、サーバーを国から移動することを選択しました。

契約をすると、無制限の数のデバイスを接続できます。これにより、日本語コンテンツを視聴するための画面の選択肢が広がります。また、海外でも無制限の帯域幅が提供されます。

さらに、シンプルで理解しやすいユーザーインターフェースが自慢です。多くの場合、プリインストールされた構成でサクサク操作ができます。ただし、もう少し調整が必要な場合は、いつでも詳細設定から必要な設定を追加することができます。

NordVPNは、サービスを試すために7日間のトライアル期間が与えられるため、その期間中に契約をするかどうかを決定できます。驚いたことに、7日間の無料試用期間の後でも、VPNサービスに満足ができない場合は、30日以内であれば返金の申請ができます。

iOS、Windows、macOSなど、さまざまなプラットフォームで利用できて便利です。

3. SurfShark

機能

  • 無料トライアル?:有り
  • 同時接続の数:無制限
  • 広告をブロックするか? はい
  • サーバー:61カ国に1000以上

長所/短所

  • ウェブ上の足跡を残さない
  • トレント対応
  • 256ビットAES暗号化
  • 最も安価なサービスではない

インターネットプライバシー業界では、SurfSharkはまだ比較的新しいサービスです。ただしそれにもかかわらず、地理的制限を回避する選択肢にはぴったりなVPNです。SurfShark は、5つの大陸にまたがって、1,000を超えるサーバーを所有しています。もちろん、日本を含めたアジアにもあります。

提供されるプライバシーの観点から、このVPNにはログなしポリシーがあります。このログなしポリシーのおかげで、オンラインでのアクションが追跡または記録されることはありません。これは、Google Chromeのシークレットモードと同等のVPNの機能です。

また、ルーターなしで無限の同時接続を提供します。契約すると、好きなだけ多くのデバイスをVPNに接続できます。最大の利点は、最大20台のデバイスが接続されている場合でも、これらすべてのデバイスで日本の地理的制限を回避できるということです。

さらにCleanWebと呼ばれる機能も備わっています。これにより、広告や、マルウェア、フィッシングの試みに邪魔されることなく、地理的に制限された日本のサイトを閲覧することができます。

それとは別に、Whitelister機能を提供しています。この機能がおすすめな理由は、デバイス上の一部のアプリがVPNでカバーされないようにすることができるところ。これは非常に便利な機能です。たとえば、ドイツにいて日本の地理的に制限されたサイトにアクセスしたいとします。そしてドイツでIPアドレスを保持したまま、何かを行いたいと考えています。Whitelister機能を使用すると、ドイツ語のアプリのIPアドレスを基本的に保持し、日本語サイトへのアクセスに使用するブラウザーの別のIPアドレスを提供するため、両方のIPアドレスを保持することが可能になります。便利ですよね?

契約の最初の30日以内にサービスに不満がある場合は、すぐに払い戻しをリクエストすると、払い戻しが認められます。

4. UltraVPN

機能

  • ワンクリック接続? 有り
  • 帯域幅の制限? 無し
  • サーバー:100以上の非常に速いサーバー
  • プラットフォーム: Mac, Windows, Linux, Chrome OS, iOS, Android, Routers

長所/短所

  • ファイアウォール
  • 全てのデバイス向けのアプリ
  • 256ビットAES暗号化
  • 最も安価なサービスではない

UltraVPNの最も魅力的なことの1つは、接続速度の速さです。海外にいる間は、外出して外国語でコミュニケーションをとるという面倒な作業を経験するかもしれません。ただし、UltraVPNを使用すると、1日が過ぎるのが遅く感じたとしても、インターネットが遅くなることはないので安心できます。速度が非常に速いため、NordVPNやExpressVPNと比較されることもあります。

サーバーは、世界のあらゆる大陸の55か国以上に広がっています。 OpenVPN、AES-256、およびキルスイッチなどにより、このVPNは、海外から日本のサイトを視聴する際のセキュリティが優先事項であることを保証します。

ジオブロック解除機能は、地理的に制限されたウェブサイトへアクセスするのに非常に効果的です。それに加えて、プライバシーレベルが100%であることを保証するログなしポリシーを持っています。

使いやすいユーザーインターフェースを備え、Windows、macOS、Chrome、Androidなどのプラットフォームで使用できます。同時に接続できる最大のデバイスの数は3つで、価格は非常に手頃です。

5. ProtonVPN

機能

  • P2Pサポート? 有り
  • 30日間返金保証? 有り
  • 拠点国? スイス
  • サーバー:40カ国以上に600以上
  • 同時に接続できるデバイスの数:5

長所/短所

  • プロフェッショナルなサポート
  • モダンなインターフェイスとアプリ
  • AES-256暗号化
  • あまり知られていないプロバイダー

最後におすすめするVPNサービスは、ProtonVPNです。今回推薦するVPNサービスの中で、唯一無料で利用できるVPNです。ProtonVPNは、最初は無料モードを提供します。無料モードには基本的な機能があり、十分VPNの役割を果たしてくれます。ただし、前述のように、有料VPNを使用することをお勧めします。

ただし、必要に応じて、無料モードを使用してもいいでしょう。それ以外の場合は、プレミアムバージョンにアップグレードしましょう。ProtonVPNはスイスを拠点にしたVPNサービスで、35か国に広がる400以上のサーバーを提供します。無料モードは、4か国でしか使用できないため、その他の国に行くにはアップグレードが必要です。

VPNには広告がなく、ログなしポリシーがあります。それとは別に、スイスの法律によって保護されているので安心して使用できます。また、キルスイッチと無制限の帯域幅も優れた機能として備わっています。

海外にいるときにオンラインで日本のコンテンツにアクセスできないのはなぜか?

インターネットは、世界を地球村に変えたとして一般的に知られています。これは、物理的な世界とは対照的に、すべてに簡単にアクセスできるためです。しかし、実際にはインターネットは広大であり、その言葉が持つあらゆる意味において広大さを意味します。したがって、ある場所ではサイトにアクセスできても、別の場所ではアクセスできない場合があります。これは、単に地理的な制限によるものです。地理的制限の存在が、海外にいるときに日本のコンテンツにアクセスできない理由です。

地理的制限とは何か?

地理的制限は、ジオブロッキングとも呼ばれ、企業や、ブランド、政府などが、世界の一部の地域のインターネット上のコンテンツにアクセスできないようにする方法です。さらに説明するために、あるシナリオを例に説明します。

あなたは、ビジネスの目的で日本から北朝鮮に旅行することになっています。北朝鮮にいる間、あなたはミーティングと議論をします。取引が完了して、すべてが終わった後、ホテルでリラックスして、面白いビデオをオンラインで見ることにします。普段見るサイトの1つ、たとえばTverを開きます。サイトにアクセスしようとしましたが、何らかの理由で、ビデオにアクセスできません。まさにそこに、地理的な制限があるからです。

アクセスしようとしているサイトから、探しているものが利用可能なウェブの一部にリダイレクトされる場合があります。それ以外の場合は、前もってアクセスが拒否され、コンテンツはお住まいの地域では利用できないと言われます。

企業が地理的制限を設けている理由はさまざまです。Netflixなどのコンテンツプロバイダーが配信するコンテンツを国ごとに決めているのは著作権契約関連である場合があります。彼らは国ごとにコンテンツを配信する権利のみを所有しています。コンテンツを所有し、世界の特定の地域でのみで配信することを望むのは、地理制限を設定する決定を下す人だけです。

また、法的な目的や、企業が世界の特定の国でコンテンツを表示する前にライセンスを購入する必要があるライセンス権の場合もあります。理由に関係なく、地理的制限によって視聴したいコンテンツが見られないことはとても悩ましいことです。

地理的制限はどのように機能するか?

あなたが海外にいるかどうかにかかわらず、インターネットにアクセスするには、インターネット対応デバイスはいくつかの手順を踏む必要があります。それらは少し複雑ですが、可能な限り単純な用語では、デバイスはサーバーと通信します。サーバーは、あなたが行きたいインターネットの部分を受け入れるまたは置かれる場所です。

たとえば、オンラインでサイトまたはアプリにアクセスする場合、Amazon PrimeはデバイスからAmazon Primeのサーバーにリクエストを送信します。Amazon Primeが地理的に制限されている場合、サーバーはまず、デバイスがそのコンテンツを閲覧できる場所にあるかどうかを判断します。その場所にいると判断された場合、サイトのコンテンツへのアクセスが許可されます。ただし、その場所にいなくて海外にいる場合は、おそらくアクセスが拒否されます。

地理的制限メカニズムによって、ユーザーが特定の場所にいるかどうかが判断されます。最も一般的なのはIPアドレスです。IP(インターネットプロトコル)アドレスは、現在地に基づいてデバイスに割り当てられる一連の番号です。IPアドレスはデバイスに対するものであり、自宅の住所は自宅に対するものです。つまり、現在地を特定するのに役立ちます。エリアを離れると、IPアドレスが変わります。アクセスしようとしているサーバーが、その場所の外にあるIPアドレスを読み取ると、そのコンテンツにアクセスできなくなります。

地理的に制限されたサーバーが位置を検出できる他の方法には、WiFiアドレス、GPS、RFID(無線周波数識別)などがあります。ただし、最も一般的な方法はIPアドレスを使用することです。

悲しいことに、日本にも地理的に制限されているサイトやアプリがいくつかあります。海外にいる場合は、アクセスしたいコンテンツにアクセスすることができません。ありがたいことに、解決策があります。この地理的制限を回避する方法を紹介します。

地理的制限をどのように解除するか?

海外から地理的制限を回避して日本のウェブサイトにアクセスするにはVPNが必要です。完全なVPNとは、仮想プライベートネットワークを意味します。これは、ウェブサイトや、オンラインコンテンツ、またはアプリケーションに配置された地理的制限を回避するのに役立つソフトウェアです。それに加えて、それはあなたのセキュリティを確保するのにも役立ち、あなたが好きなようにインターネットを使用できるようにするためのオンラインの自由を提供します。

VPNが地理的制限を回避する方法は、IPアドレスを隠すまたは変更することです。前の章で、コンテンツにアクセスしようとするときは、地理的制限のシステムが、IPアドレスを読み取り、ブロックまたは許可される場所を特定することにより、特定のコンテンツにアクセスできないようにすると述べました。海外から日本の地理的に制限されたサイトにアクセスしようとしている場合、VPNは海外のIPアドレスを隠し、代わりに日本のIPアドレスを表示させます。そうすれば、地理的な制限のために利用できなかった日本のコンテンツにアクセスすることができます。

いくつかのVPNサービスが存在します。それらの一部は無料で、一部は使用するために少額の利用料が必要です。無料のVPNは問題がないように見えるかもしれません。ただし、特に海外から日本のサイトにアクセスしようとしている場合は、多くの理由から、通常、プレミアム VPNサービスの方が最適です。

まとめ

地理的制限は特に対処するのが面倒です。海外から日本のコンテンツを数本だけ視聴したいだけなのに、解決すべき問題がたくさんあると感じるかもしれません。この記事では、海外にいるときに、地理的制限を回避して目的のコンテンツにアクセスするために使用できる最高のVPNを紹介しました。いずれかのVPN サービスを選択する前に、価格や速度、機能などを調べて、慎重に考慮しましょう。