VPNが遅いのはなぜ?VPNの接続速度が遅い理由について解説

VPN(仮想プライベートネットワーク)は、贅沢品というよりも必需品となりつつあります。さまざまな方面からのサイバー脅威や検閲の増加に伴い、安全のためにVPNを利用する人が増えています。VPNは、安全なトンネルを作ってトラフィックを転送します。また、あなたのトラフィックを暗号化します。これにより、第三者があなたのオンラインデータにアクセスすることを防ぎます。

VPNには、他にも重要な役割があります。たとえば、ジオブロックを回避することができます。任意の地域にあるVPNサーバーに接続し、その地域に固有のIPアドレスを取得することができます。これにより、一部のコンテンツのブロックを回避し、自由にアクセスすることができます。

ただし、VPNを利用することによるデメリットとして、通信速度の低下が挙げられます。デバイスの暗号化が強化されていることと、VPNが再ルーティングすることにより、速度低下は避けられない場合があります。ユーザーは、この事実を承認しているかもしれませんが、VPNを使用している場合でも、インターネットの速度を改善するための方法があります。

この記事では、あなたのVPNの速度が低い理由と、それを改善する方法を見ていきます。

VPNはインターネットの速度を向上させることができるのか?

VPNを利用するとインターネットの速度が遅くなるというデメリットがありますが、限られたケースでは、VPNを利用して接続を改善することも可能です。ここでは、VPNがそれを実現する2つの方法を紹介します。

ISPのスロットリングを回避する

ISP(インターネットサービスプロバイダー)によって、インターネットの速度が制限される場合があります。これは主に、大きなファイルをダウンロードまたはストリーミングしているときに行われます。ISPは、あなたのインターネットトラフィックを検査し、あなたの活動を知ることで、あなたの速度を低下させます。

VPNは、そもそもあなたが何をしているかをISPに知られないようにすることで、あなたのスピードを向上させます。これは、VPNがあなたのオンライントラフィックを暗号化するからです。これは目隠しのような役割を果たします。そのため、ISPはあなたがインターネットを使用していることを知っていても、あなたが何のために使用しているのかを知ることができません。これにより、ISPはあなたの速度を制限する理由がなくなります。

インターネットトラフィックの再ルーティング

VPNは、トラフィックを効率的にルーティングし、不要な遅延をカットすることができます。

インターネットに接続するために、ISPはさまざまな場所にあるサーバーを介してトラフィックをルーティングします。これは、インターネットがどこを通過するかのロードマップのようなものです。場合によっては、インフラの不備や一部のプロバイダーとの取り決めにより、ISPが遠くのサーバーを経由してトラフィックをルーティングすることがあります。これにより、インターネット接続が遅くなります。

しかし、VPNサービスに接続すると、プロバイダーがあなたのトラフィックをルーティングします。そのため、たとえば、より良い場所にあるサーバーに接続することができます。これにより、インターネットの速度が速くなります。したがって、VPNは速度を低下させるのではなく、本質的にインターネット接続を改善しているのかもしれません。

VPN接続が遅い理由

ここでは、VPN接続が遅くなる一般的な理由をご紹介します。

サーバーからの距離

VPNを使用していて、接続が過度にバッファリングされる場合は、接続が遅いことを示しています。この問題の最も一般的な原因は、接続先のサーバーとの間の距離がありすぎることです。通常、VPNプロバイダーは、サービスを暗号化するために接続するサーバーを持っています。場合によっては、異なる国のサーバーに接続して、その国特有のコンテンツにアクセスしたいこともあるでしょう。

しかし、サーバーの距離がインターネットの速度にも影響することを知っておく必要があります。サーバーがあなたの現在地から遠ければ遠いほど、あなたのインターネット接続は遅くなるかもしれません。

サーバー負荷

また、VPN接続時にインターネットの速度が低下する原因として、サーバーの負荷を超えている場合もよくあります。各VPNサーバーには、収容できるユーザー数が決まっています。多くのユーザーがサーバーに接続し、サーバーがほとんど埋まってしまったり、埋まってしまったりすると、接続が遅くなってしまうことがあります。場合によっては、そのようなサーバーに接続することが困難になることもあります。

あるサーバーが他のサーバーよりも早く埋まってしまう理由はいくつかあります。たとえば、アメリカやイギリスなど、トラフィックの多い場所にあるサーバーは、他のサーバーよりも早く埋まってしまいます。同様に、高速であることが知られているサーバーには、多くのユーザーが集まってきます。理由はともかく、接続が遅い場合は、VPNサーバーがほぼ満杯になっています。

暗号化能力

また、VPNプロバイダーがサーバーに採用している暗号化機能も、接続速度に影響を与えます。暗号化によって、第三者があなたのデータにアクセスすることを防ぐことができますが、この最高レベルの保護は、速度の低下という代償を伴います。速度が低下するのは、トラフィックの暗号化と復号化に時間がかかるためです。トラフィックを暗号化するには、VPNサーバーを経由する必要があります。トラフィックがサーバーに移動し、あなたのデバイスに戻ってくるまでにかかる時間は、基本的にラグタイムを増加させます。

遅い接続の問題を回避するために、弱い暗号化のサービスを選ぶ人もいます。これは、実際にインターネットの速度を向上させる可能性がありますが、暗号化が弱いと、セキュリティが損なわれる可能性があるので、本末転倒です。

ISPスロットリング

また、VPNを利用している場合、ISPのスロットリングが原因でインターネット接続が遅くなることもあります。ほとんどのISPは、VPNの使用を明確に禁止しているわけではなく、VPNユーザーの速度を低下させて、VPNの使用を控えさせるようにしています。たとえば、ほとんどのISPは、トレントやピアツーピアファイル共有を禁止しています。インターネットの速度を低下させることは、そのためのひとつの手段です。

VPNの接続速度が遅い場合の対処法

インターネットの接続速度が遅い場合は、以下のいくつかの方法を試して問題を解決することができます。

別のサーバーへ接続する

先に述べたように、サーバーが原因で接続が遅くなっている可能性があります。これは、サーバーが遠い場所にある場合と、容量がいっぱいになっている場合があります。いずれの場合も、サーバーを変更することで問題が解決する可能性があります。あなたが住んでいる国にあるサーバーを選びましょう。あるいは、その現在の国での規制を回避したい場合は、隣国のサーバーに変更するといいでしょう。特定の国のサーバーに接続しないとコンテンツにアクセスできない場合は、選択肢が限られてしまいます。

近くのサーバーがすでに埋まっていたり、ほとんど埋まっている場合は、遠くのサーバーに接続することになります。ほとんどのVPNプロバイダーは、自動的に選択した場所で最も高速なサーバーに接続する機能があります。これを利用すれば、何度も試行錯誤を繰り返す必要がなくなります。

暗号化プロトコルを変更する

暗号化プロトコルを変更することで、VPN利用時のインターネット速度にプラスの影響を与えることができます。プロバイダーは通常、さまざまな暗号化プロトコルを用意しており、その中から選ぶことができます。優れた速度とセキュリティを兼ね備えた最も優れたプロトコルはOpenVPNです。また、WireGuardも優れたセキュリティプロトコルです。しかし、このプロトコルは比較的新しいため、あまり普及していません。

セキュリティにこだわらないのであれば、PPTPを試してみるのもいいでしょう。これは古い暗号化モデルであり、復号化が容易です。したがって、VPNを使用する際のセキュリティを気にしない場合にのみ使用してください。

インターネットの速度を確認する

問題はVPNではないかもしれません。一般的に、高品質なVPNプロバイダーは、差がごくわずかであるものの、すべてのVPNはインターネット接続を遅くします。インターネット接続がすでに遅い場合は、VPNを使用するとさらに悪化するので、インターネット接続の速度が安定しているか確認しましょう。

インターネットの速度を確認するには、まずVPNをオフにします。その後、スピードテストを行います。オンラインでスピードテストを行うことができるサービスもあるので、進んで利用しましょう。最後に、テストの結果を、標準的な接続の状態と比較します。

バックグラウンドアプリを消す

バックグラウンドでアプリが動作していると、帯域幅やデータ量が徐々に減少することがあります。インターネット接続を使用するアプリが多ければ多いほど、速度が低下することを理解してください。そこで、バックグラウンドのアプリ、ファイル、ジャンクをすべて消去しましょう。

Wi-Fi接続を使用している場合は、スイッチをオフにするといいでしょう。Wi-Fiを利用している場合、その経路上にある障害物によって影響を受けることがあります。たとえば、壁がWiFi接続を妨害している可能性があります。ワイヤレス接続を切り替えることで、速度が向上する可能性があります。

デバイスを再起動する

VPNを利用している場合、端末を再起動するだけでインターネット接続が改善されることがあります。VPNの暗号化技術は、使用しているデバイスと互換性がないかもしれません。そのため、デバイスを再起動することで改善する場合があります。また、別のデバイスでVPNを使用するのもいいでしょう。

VPNプロバイダーを変更する

最終的には、別のVPNサービスを選択することになるかもしれません。VPNサービスの中には、ユーザーに最高のスピードを提供する機能を持たないものもあります。そのため、どのような対処法を試しても、VPNの速度はわずかにしか改善されない可能性があります。このような場合には、別のサービスを選択することになります。以下に、2つの非常に良い選択肢をご紹介します。

最高のスピードを誇るVPNプロバイダー

ネット上にはさまざまなVPNサービスがありますが、中にはスピードを重視したものがあります。以下に、速度を指標とした場合に、ベストな選択肢になるであろう2つのVPNサービスをご紹介。

ExpressVPN

ExpressVPN devices

機能

  • サーバーの数 3000以上
  • Sサーバーの場所 94カ国の160の場所
  • 24時間対応のライブチャット 有り
  • Sスピード 無制限
  • サポートできるデバイスの数 5
  • 30日間返金保証 有り

長所/短所

  • 市場で最も速いVPN
  • 厳格なログ無しポリシー
  • 256ビットAES暗号化
  • 割引が少ない
お試し ExpressVPN

ExpressVPNは業界のリーダー的存在です。数年前からサービスを開始し、その間に確固たる評価を維持してきました。さらに、サービスを利用した後にユーザーが不満を抱かないように、トップクラスの機能を備えています。

このプロバイダーは、94カ国、120拠点に約3,000台のサーバーを持っています。このサーバーの広がりは、プレミアムなスピードを確保するのに優れています。利用しているVPNサーバーの接続が遅いと感じたときに、幅広い範囲のサーバーから別のものを選択できるからです。いくつかのオンラインレビューでは、このプロバイダーのインターネット速度を証明しています。

さらに、ExpressVPNはスピードと同じくらいセキュリティも重視しています。ExpressVPNは、あなたをあらゆる第三者から保護するための優れたセキュリティ機能を提供しています。この機能には、プロバイダーがサーバーを保護するAES 256ビットの暗号化が含まれています。また、ExpressVPNが独自に開発した「Lightway」をはじめとする優れたVPNプロトコルを採用しています。Lightwayのセキュリティプロトコルは、WireGuardよりも優れていると言われています。さらに、インターネット接続を高速化し、遅延やバッファリングの余地をなくします。

ExpressVPNにはさまざまなデバイスに対応できるアプリがあるので、どのようなデバイスをお持ちでもアプリをインストールできます。また、ルーターにExpressVPNをインストールすることで、より広い範囲をカバーすることができます。ExpressVPNには、手頃な価格のサブスクリプションプランがあります。さらに、サービスを利用して満足できない場合には、30日間の返金期間が設けられているので、安心してご利用いただけます。

  • 長所: 市場で最も速いVPN; 厳格なログ無しポリシー; 256ビットAES暗号化;
  • 最安値: $6.67

NordVPN

NordVPN devices

機能

  • 暗号通貨を受け入れるか?: はい
  • 専用IPアドレスの提供?: 有り
  • 同時接続の数: 6
  • サーバー: 58カ国に5342個

長所/短所

  • たくさんの値段のオプション
  • Netflixへのサポートが常に更新されている
  • 256ビットAES暗号化
  • アプリが遅い
お試し NordVPN

NordVPNも、私たちが自信を持っておすすめできる超高速のVPNサービスです。このプロバイダーもまた、老舗VPNプロバイダーのひとつです。多くのレビューでおすすめプロバイダーとして評価されるようになりました。初めて利用する方や、利用中のVPNサービスをより高速なものに変更したいと考えている方は、NordVPNは素晴らしい選択肢です。

NordVPNの速度評価を向上させる要因はいくつかあります。1つは、59カ国以上に5,300台以上のサーバーを持ち、日本にも多くのサーバーがあることです。ほとんどの場合、希望する場所にVPNサーバーを見つけることができます。これにより、サーバが遅延したときにサーバを切り替える余裕ができます。さらに、このプロバイダーは直感的なユーザーインターフェースを備えており、オンラインになったときに簡単に最速のサーバーに接続することができます。

また、NordVPNは「NordLynx」と呼ばれる独自のプロトコルを持っています。NordLynxは、ユーザーがどのような活動を行っても、光のように速いスピードを保証します。さらに、AES256ビット暗号化、キルスイッチ、スプリットトンネリング機能、難読化サーバーなどのセキュリティ機能も充実しています。

ExpressVPN同様、ほとんどのデバイスタイプに対応したNordVPNアプリが用意されていて、信頼できる30日間の返金保証も提供しています。また、何か問題が発生した場合には、24時間年中無休で対応しているカスタマーサービスに問い合わせることができます。

  • 長所: たくさんの値段のオプション; Netflixへのサポートが常に更新されている; 256ビットAES暗号化;
  • 最安値: $3.71

まとめ

VPNは、最近、多くの人が利用し始めているサービスのひとつですが、VPNサービスを利用すると、インターネットの速度が低下する可能性があることを覚悟しなければなりません。この記事では、VPNを利用すると速度が低下する理由を紹介しました。また、この課題を回避するための方法についても解説したので、参考にしてください。