TLS VPNとは?TLSについて知っておくべきこと

ストレスや不安を持たずに、インターネットを自由に使用したいと思うのであれば、それなりのレベルの保護が必要になってきます。VPN(仮想プライベートネットワーク)は、ハッカーや行政機関に妨害されることなく、快適に閲覧できる役目を担っています。VPNは、様々なセキュリティプロトコルを利用して、ユーザーのデータをエンドトゥエンドで保護していますが、そのプロトコルのひとつが、TLS(Transport Layer Security)です。TLS は、SSL (Secure Sockets Layer) の後継で、Webブラウザからインターネットサーバーへ安全にデータを送信します。

TLSとは?

現在、SSLは衰退し、もはやその安全性は高くないと考えられています。一方のTLSは、SSLを改良したモデルで、Webブラウザから発信されるあらゆるデータの安全性を確保するためのプロトコルの一つです。URLが「HTTPS://」から始まっている場合、TLSで接続されているのでデータは安全です。TLSプロトコルは、今日、世界中で最も広く導入されているセキュリティプロトコルの1つとみなされています。このプロトコルは、サーバーにトンネルをかけることで全てのデータを暗号化し、サイバー犯罪者の侵入を防ぎます。また、TLSは通信データの暗号化において非常に重要な役割を果たしており、各VPNプロバイダーはTLSを自社のセキュリティシステムに組み込むことにしました。TLSは、データ送信中に盗聴や改ざんの危険性なく、安全な通信を実現します。

TLSプロトコルの仕組みについて

なぜ、TPSプロトコルが大当たりしているかというと、それはクライアントとサーバーの両方から暗号化を使用するセキュリティ設計にあります。何かしら始める前にクライアントとサーバーは、TLSプロトコルでデータ送信するかどうかを合意しなければならなく、クライアント(ユーザーのブラウザ)は、いくつかの方法でTLSを介して通信するという意思を示すことができます。クライアントは、TLSプロトコルを使用するよう直接リクエストするか、もしくはTLSプロトコルをサポートするポート番号を使用することができます。

プロトコルの合意後、通信データの送信はTLSレコードとTLSハンドシェイクプロトコルの2つの層を介して行われます。最初の層は安定性の高いプライベートな接続を保証し、後者は通信データを暗号化します。

また、TLSは対称暗号化と非対称暗号化を組み合わせて使用します。対象暗号化は、クライアントとサーバーの両方が知っている鍵(キー)を構築します。なので、サーバーはクライアント側で暗号化されたデータを復号化することができます。対する非対称暗号は、公開キーと秘密キーのペアを使用し、両者は関連性はありますが、公開キーから秘密キーを導き出すことは不可能です。クライアントは公開キーでデータを暗号化し、サーバーは秘密キーでデータを復号化します。

上記の動作のメカニズムによって、クライアントの通信データをサーバー側へ安全に届けることが保証されています。TLSは、サイバー犯罪者を締め出すのに役立ち、結果的にデータの安全性を全体的に保つことができます。

TLSとSSLの違いについて

SSLは何種類かのアップグレードを経て、最終的にTLSに進化しました。TLSはより高度で堅固な暗号化を提供しているため、今日のサイバー世界でその前身(SSL)と置き換えることに成功しました。

この2つのプロトコルの違いはそれほど明確ではありませんが、SSLとTLSを識別するいくつかの独特な特徴を垣間見ることができます。TLSとSSLは完全に互換性があるわけではありませんが、TLSは以前SSLを使用していたデバイスとの互換性をある程度保っています。

特徴的なのは、2つのプロトコルの応答確認機能の違いでしょう。TLSはより多くの暗号化キーをサポートしています。レコードプロトコルに基づいて、SSLはデータ暗号化後にMAC(Message Authentication Code)を使用し、TLSは通信データの暗号化後にHMAC(Hash-based Message Authentication Code)を使用します。

また、ちょっとしたことではありますが、SSLには「証明書がありません(No certificate)」という警告メッセージがあったことも注目すべき点です。一方、TLSはこの警告メッセージを他のいくつかの警告メッセージに変更しました。

TLSプロトコルの長所

TLSプロトコルは、たくさんのメリットを兼ね備えています。SSLや他のセキュリティプロトコルに比べて長所が多いです。これらのメリットからTLSは、多くのインターネットユーザーにとって最先端の存在であるといえます。

以下、TLSの長所を紹介します。

1. セキュリティ強化

TLSの際立つ特徴としては、セキュリティ面が向上していることです。このプロトコルは、データを暗号化し、クライアント側からサーバー側へ安全性の高いトンネルを経由して送信することによって、外部から通信ネットワークに侵入することは非常に難しく、ほぼ不可能です。また、決済情報やパスワード、セキュリティに関する回答など機密情報を保護するのにも役立ちます。

TLSは、データの完全性を向上させるために送信中の通信データの改ざんを防止しているので、ユーザーのEメールアドレスやクレジットカード情報、パスワード、ID番号等は全て保護されています。よって、ハッカーは詐欺など犯罪に巻き込まれる可能性のある個人情報を盗むことができません。

2. クライアントからの信頼とブランドの認知度が向上

サイトがTLSプロトコルを使用していることで、オンライン上のユーザーはデータ通信の際の安全性が保証されます。そうすると結果的にそのウェブサイトの信頼性が高まり、サイトへの訪問者が増えます。このようにTLSを使用することで、サイト訪問者とサイトのオーナーの両方にメリットがあるため、Win-Winの関係が築けるでしょう。

3. GoogleのSEOランキングでのアドバンテージ

ここで紹介するGoogleのSEOにおけるスタンスは、彼らがいかにユーザーのプライバシーとデータの完全性を重要視しているかということを強く表しています。Googleのアルゴリズムは、キーワードの他に、セキュリティレベルによって検索結果の順番を決めています。「HTTPS」で始まるアドレスの「S」はSecureを意味し、TLSで暗号化されています。そのため、ウェブサイトに暗号化を施すことで、最初から優位に立つことができるのです。

TLSの短所

ここまでTLSプロトコルの良い部分を紹介してきましたが、短所がないというわけではありません。以下でまとめましたので紹介します。

1. 転送時間 

TLSが使用しているメカニズムは複雑で、データを処理する速度に直接影響が出るであろう多くのプロセスを備えています。TLSは、必ずしも接続速度が遅くなるというわけではありませんが、ユーザーの要望に慣れるまで少し時間がかかるかもしれません。

2. バージョンと保護範囲が限定的

TLSの古いバージョンはアップグレードされません。バージョン1.0〜1.2は、中間者攻撃やPOODLE、DROWN、SLOTHなどいくつかの攻撃に影響を受けやすいことが確認されています。

また、TLSはウェブ専用のアプリで、TLS VPNはブラウザから発信される通信のみを保護し、他のアプリは適用外となっています。

3. 不整合になる可能性

サイトの所有者がTLSプロトコルをうまく設定できていない場合、いくつかのページはHTTPですが、その他のページはHTTPSということがあります。そのようなウェブサイトへの訪問者はブラウザから警告信号を受け取ってしまうので、データの安全性に関する信頼が落ちてしまいかねませんので注意しましょう。

まとめ

今回はTLSの機能性など基本的な部分にスポットライトをあててきました。そして、TLSを使用する上でのメリット、デメリットの両方を紹介してきましたが、メリットが上回っているのは明らかです。設定を正しく行ない、最新版を使用すれば、特に何も心配することはほとんどないでしょう。