NordVPNとExpressVPNの比較

NordVPNとExpressVPNはどちらも本当に質の高いVPNサービスです。

全てのVPNが同じように作られているわけではありません。中には他とは異なる市場に対応しているものもあります。しかし、同じ顧客を獲得するために競争し、質と量の両面でサービスのレベルが少しずつ異なるVPNがたくさんあります。どれが最適なサービスかを判断するのは、時に悩ましいものです。

NordVPNとExpressVPNが提供するサービスの特徴はかなり似ていますが、実際にはいくつかの違いがあります。どちらのサービスを利用すべきかは各ネットユーザーによって異なりますが、私たちは両方のサービスを調べて違いを分析し、簡単にその違いを把握するお手伝いをすることができます。

NordVPN

NordVPNのホームページ

NordVPNは多くの顧客のために最高レベルの暗号化を提供しています。定期的に機密情報を扱う多くのセキュリティ専門家は、NordVPNが提供するサービスの品質を非常に高く評価しています。

NordVPNはパナマを拠点に活動しており、パナマは情報共有する多国間協定の管轄外にあたるので、非常に厳しいプライバシー法を誇っています。これは、プライバシーがしっかり守られることを意味します。パナマに拠点を置くことにより、スパイから顧客を確実に保護するというNordVPNの誓約を、さらに確かなものにしています。

6つの大陸に広がる5,600台のサーバーを持つNordVPNは、十分なサービスを受けられていない市場にサービスを提供することで存在感を出し、いつでもどこでも顧客がサービスを受けられるように注力しています。

この膨大な数のサーバーにより、信頼性の高いものであることを保証します。例えば、1台のサーバーがオフラインになった場合は、近くにある他のサーバーがトラフィックを受けられるため、何の問題も発生しません。

NordVPNのアプリはとても使いやすいです。

技術的なサポートに関しては、NordVPNには技術的な問題で顧客をサポートするためのいくつかの手段があります。非常に充実した内容が含まれているトラブルシューティングガイドがあり、ひとつひとつ詳細なアドバイスが書かれているので、VPN初心者でも理解しやすい内容になっています。これに加えて、NordVPNにはライブチャット機能があり、顧客が希望すれば担当スタッフとリアルタイムで会話することができます。

サービス価格の面では、NordVPNの月額料金は他のVPNに比べると少し値は張りますが、NordVPNには月額3.49ドルで利用できる3年間のサブスクリプションがあり、一括で3年間分の利用料を支払って、大幅な割引を受けたい方にぴったりのオファーを提供しています。

  • 利点: たくさんの値段のオプション。Netflixへのサポートは常に更新される。256ビットAES暗号化
  • 最も安い値段: $2.99

ExpressVPN

ExpressVPNのホームページ

ExpressVPNについて、専門家やVPN業界のリーダーに尋ねると、ほとんどの人がExpressVPNについて非の打ちどころのない品質であると最初に述べます。実際、ExpressVPNは暗号化セキュリティから顧客サービスまで、多くの機能で高い評価を受けています。

イギリス領ヴァージン諸島に本社を置くExpressVPNは、機密情報共有枠組みの管轄外に位置しているので、ExpressVPNはログなしポリシーを守り、顧客に真のネットワークセキュリティとプライバシー保護を提供することが可能です。

ExpressVPNは、94カ国160以上の場所にサーバーを持っています。これはユーザーがどこにいても自分のIPアドレスを隠すことができることを意味します。

3,000台以上のサーバーを持っているので、どのエリアにも常にたくさんのサーバーがあります。これはネットワークの信頼性にとって重要なことであり、万が一、1台または数台のサーバーがオフラインになった場合でも、そのエリアで稼働している他のサーバーがそのトラフィックを拾うことができるため、ユーザーはセキュリティに全く問題を感じることがありません。

ExpressVPNのメインメニュー

サポートサービスに関しては、ExpressVPNは迅速に丁寧に対応してくれると好評です。些細な問題が発生した時に利用できる非常に便利なトラブルシュートガイドがあるだけでなく、24時間365日稼働しているライブチャットもあり、リアルタイムで専門のスタッフと会話をすることができます。

価格設定の面では、ExpressVPNの年間サブスクリプションを選択すると、月額8.32ドルと大幅な割引が受けられます。他のVPNサービスと比べると少し値がはりますが、価格以上に価値のあるサービスと機能も充実しています。

  • 利点 : 市場で最も速いVPN。厳格なログ無しポリシー。256ビットAES暗号化。
  • 最も安い値段 : $8.12

価格と割引

多くの場合、人々が商品やサービスを購入する際に最初に目にするのは値段です。これは、価格に敏感な市場では特にそうです。まず、各サービスが支払うに値するかを見てみましょう。

標準的な毎月のサブスクリプションに関しては、ExpressVPNの価格は12.95ドル、NordVPNの価格は11.95ドルです。どちらの値段もVPN業界の中では高価ですが、その分顧客が受けるサービスの質も高いです。

ここではNordVPNとExpressVPNの価格を見ることができます。

NordVPNの価格
ExpressVPNの価格

まず、どのVPNサービスを選んだとしても、あなたを一文無しにするほど高価ではないことを覚えておきましょう。毎月のサブスクリプションの最大の価格差は、せいぜいスターバックスのラテと同じくらいの金額でしょう。次に、サービス料が比較的高価なのにも関わらず、これらのサービスの両方が顧客から人気がある理由があります。

どちらのサービスも、あなたの個人情報を隠すための膨大な数のサーバーを提供し、サーバーの配置エリアも広く、様々な国で利用可能です。さらに、ExpressVPNとNordVPNの両方が洗練された暗号化システムを提供しているので、どちらのサービスも厚い支持を得ています。

両者の長期プランを見ると、それぞれの価格差が顕著になります。ExpressVPNは、年間プランをサブスクライブすると、3ヶ月間利用が無料になるオファーがもらえ、そのオファーを含めて平均すると月額6.67ドルで利用できます。対してNordVPNは、3年間のプランを選択すると、月額わずか3.49ドルと非常に安価で利用が可能です。NordVPNとExpressVPNは、どちらも生涯VPNプランを提供していません。

顧客がどちらのプロバイダーを好むかは、一つのサービスを長期間使い続けることができるかどうかにかかっています。すぐにプランを変更したい場合、ExpressVPNは柔軟性がありますが、NordVPNには安いオプションがあります。

接続と速度

接続性の面では、ExpressVPNとNordVPNはどちらも、Windows、macOS、iOS、Android、LinuxとAmazon Fireを含む主要なオペレーティングシステムと互換性があります。基本的には、誰でも自分のデバイスにどちらかのVPNをインストールして、ワールドクラスのプライバシー保護を体験することができます。

許可されるデバイスの接続数に関しては、ExpressVPNは業界標準の5台の接続を許可するのに対し、NordVPNは6台の接続を許可していますが、あまり違いはありません。まれなケースを除いて、ほとんどの人は5台以上の接続するデバイスを持っていないため、この数の違いはあまりネックではありません。

速度に関しては、どちらも一貫してトップ5にランクインしており、NordVPNはExpressVPNよりも少し速いスピードを提供することが多いです。VPNの大きな懸念点のひとつは、デバイス上のインターネット接続を遅くするかもしれないということですが、これに関してはどちらのVPNを選んだとしても心配することはありません。

ExpressVPNのアプリを使えば、異なるサーバーの速度をテストすることができます。

ExpressVPNがNordVPNよりも優れている点は、スプリットトンネリング機能を顧客に提供することです。VPNサービスを評価する際に、この機能をどの程度重視するかどうかは、完全に個々のネットユーザーのニーズによって異なります。

さらに、ExpressVPNとNordVPNはどちらもChromeとFirefox用のブラウザ拡張機能を提供します。ここでの唯一の違いは、ExpressVPNがSafari拡張機能を提供し、NordVPNが代わりにマルウェアブロッカーを提供しているという点です。Chromeブラウザのシェアは世界一なので、主要なブラウザの拡張機能を提供していることは、もう一つの利点と言えるでしょう。

全体的に、この二つのVPNは類似点が多く、わずかな相違点は、ExpressVPNはスプリットトンネルを顧客に提供していて、NordVPNは各サブスクリプションでより多く数のデバイスで同時に接続することができる点です。

プライバシーと互換性

プライバシーに関しては、どちらのサービスも世界クラスの暗号化ソフトウェアと代替IPアドレスの選択肢を顧客に提供しています。どちらのサービスもプライバシー保護に定評のある地域に本社を置き、主要な機密情報共有枠組みの管轄外にあるため、安心して利用できます。

また、どちらも非常に厳格なノーログポリシーを採用しており、情報機関に代わって顧客の情報を強制的に収集するような場所には位置していないという事実も相まって、ノーログポリシーは信頼性が高いと言えるでしょう。残念なことに、ファイブアイズ条約の管轄下にあるVPNプロバイダーは、時々顧客をスパイしなければいけないだけでなく、顧客に何も知らせずに情報を収集しています。

ExpressVPNは多くの優れたセキュリティ機能を提供しています。

VPNの利用を検討する際にますます重要になってくるのは、中国本土の在住者が利用できるかどうかです。これは、悪名高い中国のグレートファイヤーウォールや、中国政府による市民への大規模なスパイ活動だけでなく、グローバル市場における中国の重要性が増していることにも起因しています。

結局のところ、中国本土の市場に十分なサービスを提供することは難しい課題です。今までの記録を見てみると、ExpressVPNは中国本土市場では比較的ベテランで、NordVPNと比べると仮想的な障壁をよりよく理解しており、プライバシー保護でより良い実績を残しているようです。

NordVPNは中国で使用するための難読化されたサーバーを持っています。

これは、地元の住民や長期滞在している駐在員など、中国本土の在住者にとって特に重要なことです。

中国本土のバーチャル空間は非常に奇妙で特殊なので、中国本土のバーチャル空間の厳しさを乗り切ることが、他の国でもより優れたサービスを提供することに繋がるかどうかはまだ定かではありません。

セットアップ、インターフェース、テクニカルサポート

ExpressVPNとNordVPNはどちらもページが分かりやすく、顧客のデバイス上でのVPN設定を可能な限り簡単にできるように、ユーザーフレンドリーなアプリを提供しています。どちらのVPNプロバイダーもメインページを持っており、他の多くのVPNのサイトのように乱雑な印象を受けることはないと言ってもいいでしょう。

高齢者のインターネットユーザーの増加に伴い、デジタルネイティブではないユーザーがVPNを利用することが増えてきているため、顧客が使いやすいシステムを維持することは非常に重要です。

ExpressVPNとNordVPNの両方とも、Windows、macOS、iOS、Android、Linuxなどの主要なオペレーティングシステムと相互性があります。これにより、お持ちのほとんどのデバイスでVPNのサービスを利用することができます。

Chrome上で使えるNordVPNの拡張機能

ExpressVPNとNordVPN共に、ほぼすべてのデバイスやオペレーティングシステム上のサービスのセットアッププロセスは非常にシンプルでわかりやすいのが特徴。サブスクリプションを購入すると、セットアップの手順が提供されるので、その手順に従えば簡単に設定することができます。

アフターサポートの面では、ExpressVPNとNordVPNは顧客が必要とするサポートを確実に提供するようにしています。両方とも非常に包括的なトラブルシューティングを提供していて、発生する可能性のあるほとんどすべてのマイナーな問題の解決策を探すことができます。さらに、両方ともライブチャット機能があり、顧客が専門のスタッフと話すことができます。唯一の違いは、ExpressVPNが24時間のライブチャットサービスを提供していることです。

ExpressVPNとNordVPNは、できるだけ多くの忠実な顧客を獲得するために、どちらも顧客を第一に考えています。

ネットワークセキュリティ

ExpressVPNとNordVPNはどちらもネットワークセキュリティに非常に力を入れています。厳格なデータ保持法から逃れるために遠隔地に本社を置いているだけでなく、顧客に最高のサービスを提供するために最新のセキュリティ機器と暗号化ソフトウェアを使用しています。

両サービスとも、データ暗号化システムには、最新のプライバシー保護技術であるAES-256を採用しています。ExpressVPNはRSA-4096を使用し、NordVPNはRSA-2048を使用しています。

ExpressVPNのアプリでは、異なるセキュリティプロトコルを選択することができます。

NordVPNがExpressVPNよりも優れている点は、暗号化保護の二重層を持っていることで、ユーザーのやり取りにアクセスするのがより難しくなっていることです。そうは言っても、どちらのサービスも緊急時に自動的に接続が切断されるキルスイッチを搭載しているので、ユーザーが危険にさらされることはありません。NordVPNのキルスイッチは24時間機能し、接続が切れた場合のデータ漏洩から保護します。また、アプリ固有のキルスイッチにアクセスして、キルスイッチが作動した時に最適な優先順位を与えるプログラムを設定することもできます。

両サービスのセキュリティへ妥協をしない姿勢は、企業秘密などの機密情報が漏洩しないように、強固なセキュリティを維持するためにVPNを活用している人たちにとっては、大きなメリットと言えるでしょう。

両サービスに接続した後のデバイスの速度はわずかに違いがあります。多くの場合、ExpressVPNはNordVPNと比較するとデバイスの速度がわずかに速いです。これが非常にささやかな違いであっても注目に値します。

ここではNordVPNの二重暗号化機能を見ることができます。

最高のセキュリティプロトコルに加えて、ExpressVPNは暗号化キーを定期的に変更するPerfect Forward Secrecyを採用しています。この機能により、セキュリティキーの漏洩による影響は最小限に抑えられます。ハッカーはある時点でネットワークログをチェックできるかもしれませんが、以前のセッションからのアクティビティにアクセスするために復号化されたキーを使うことはできません。

ExpressVPNにはプライベートDNSサーバーがありますが、あなた自身で設定することもできます。これらのサーバーには主に2つの利点があります。 それは、ネットワーク上でのハッキングを阻止することでセキュリティを向上させることができる点と、最適な接続速度を提供することです。速度とセキュリティは、VPNを利用する理由のトップ2つであることを考えると、この利点はとても魅力的に感じるでしょう。

その後ExpressVPNは、サーバー側のプライバシーツールを実装しました。TrusterServerとして知られているこのツールは、ExpressVPNのソフトウェアをハードドライブの代わりにサーバーのRAM上で実行することを可能にします。RAMはデータを保存するためにより多くの電力を必要とするため、再起動するたびにサーバーは消去されます。このようにしてExpressVPNはあなたがネットワークを切断した時に、データを保持しないことを保証します。

NordVPNもほぼ同じです。AES 256ビット暗号化、SHA384認証、3072ビットDHE-RSAキー交換、Perfect Forward Secrecyを搭載しており、万が一ハッカーが解読に成功した場合でも、セキュリティキーを保護してくれます。

NordVPNではDNSリーク保護を保証していますが、いくつかのテストでデスクトップアプリがIPv6 WebRTCリークに対して脆弱である可能性があることが判明しています。NordVPNにはマルウェア保護システムであるCyberSecと広告ブロッカーも搭載しています。この機能をアプリでオンにすると、すべての広告をブロックしてくれます。ただし、GoogleのポリシーによりAndroid端末では動作しません。Google playストアからNordVPNアプリをダウンロードしても、CyberSecは動作しません。

私たちは、両方のサービスが、セキュリティを意識しているユーザーに重きを置いていて、かつ地理的制限のあるコンテンツを視聴したいユーザーを満足させるように常に尽力していると感じています。

ストリーミングとトレント

ストリーミングサービスとトレントのサポートは、VPNサービスを選択する際に最も重視したい2つの分野です。

ExpressVPNは利用可能なほぼ全てのストリーミングサービスと互換性があります。全てのストリーミングサービスの中で最も制限が厳しいアメリカのNetflixへのアクセスも可能です。Netflixの無制限のサポートは、ExpressVPNが世界のトップVPNサービスであるとユーザーが信じている多くの理由の一つです。

しかし、私たちのテストの結果、ExpressVPNのすべてのサーバーがNetflixへのアクセスを提供しているわけではないことがわかりました。いくつかのサーバーは制限された地域にあるので、定期的に使用する場合はそれらのサーバーから切り替えた方がいいでしょう。また、残念なことに、ExpressVPNはストリーミング用に最適化されたVPNのリストを提供していません。そのため、オンラインでメッセージボードをチェックして自分で調べる必要があります。

ExpressVPNは、Netflixとの相性が抜群です

しかし、最適化されたサーバーが見つかれば、簡単にストリーミングが楽しめます。ExpressVPNを使えば、アメリカ、フランス、カナダ、日本、その他の国の独占的なコンテンツやテレビ番組を視聴できるようになります。

Netflixと並んで、ExpressVPNはYouTube、BBC iPlayer、その他のストリーミングサービスもサポートしています。適切なサーバーを見つけることができる限り、様々なストリーミングサービスのジオブロックを回避できます。

トレントに関しては、ExpressVPNで最適なサポートを受けられます。ExpressVPNのすべてのサーバーはトレント用に最適化されているので、インターネット接続に問題がなければ誰でも自由に選択できます 

トレントサイトでのピアツーピアのファイル共有も問題なくお楽しみいただけます。VPN のセキュリティ機能は、サーバーに接続するかどうかにかかわらず、安全であることを意味します。キルスイッチのおかげで、ファイル情報が漏洩することを避けられます。

NordVPNでも、ほとんど同じことが実現できます。NordVPNはVPN市場で最高のプロバイダーの1つなので、ストリーミングのサポートは万全です。各国でオリジナルのコンテンツを配信している、オーストラリア、日本、アメリカなどの国のNetflixにアクセスすることができます。

NordVPNは、Netflixとの相性が抜群です

ExpressVPN同様、NordVPNもストリーミングに最適化されていないサーバーが存在します。これらの中にはデフォルトでアメリカのNetflixページにリダイレクトするものもあれば、完全にブロックされるものもあります。ですから、最適なVPNを見つけるためには、下調べが必要です。とはいえ、それほど大変な作業ではなく、オンラインフォーラムやブログなどから情報を簡単に調べることができます。

ExpressVPNとは違い、NordVPNには特定のサーバーを登録できる「お気に入りページ」があります。ストリーミングサービスに接続できるサーバーを見つけたら、ページに追加するだけで、次回から簡単に接続できます。ログインするたびに新たに適切なサーバーを探す必要がないので、手間が省けます。

NordVPNもトレントのサポートが充実しています。NordVPNは、セキュリティプロトコルを持っているので、好きなだけピアツーピアのファイル共有を行うことができます。さらに良いことに、特別に指定されているいくつかのサーバーを簡単に見つけることができます。

NordVPNのセキュリティ機能は素晴らしいため、トレントするときにデータ漏洩の心配をする必要はありません。ハッカーがあなたのデータにアクセスすることはありませんし、好きなだけコンテンツをダウンロードすることができます。

ブロック解除機能

両サービスはVPN業界で最高の評価を得ているサービスなので、ExpressVPNとNordVPNが最適なブロック解除機能を提供していることもよく知られています。

両サービスはどちらも、頑丈にジオブロックされたコンテンツへのアクセスが可能です。あなたがKodiボックスを持っている場合は、ジオブロックを解除するために2つのVPNのいずれかを使用することができます。ただし、いずれのVPNにもKodi用のアプリがないことに注意してください。それでも、OpenVPNを中心とした幅広いVPNプロトコルオプションがあるため、Kodiのオンラインサービスにアクセスすることができます。

パソコンでKodiを使用している場合は、デバイス上でオリジナルのExpressVPNまたはNordVPNのアプリを使用して、ジオブロックを回避することができます。

この2つのサービスは、中国へのアクセスも許可しているため、他の多くのVPNよりも一歩リードしています。現在、中国はインターネットへのアクセスが世界的に最も制限されている国の一つです。しかし、これらのVPNのいずれかを使えば、中国にいながらVPNに接続することができます。

中国政府はExpressVPNのメインウェブサイトをブロックしていますが、中国のユーザーがVPNに接続して、好きなサイトに自由にアクセスするための代替アドレスがあります。

カスタマーサービス

ExpressVPNとNordVPNは共にVPN業界を牽引するリーダー企業です。サービス利用中に問題に直面したユーザーに対して最適なカスタマーサポートを提供しています。

2つのサービスは、ウェブサイト上にライブチャット機能があります。この機能にアクセスすれば、スタッフと直接会話をすることができます。私たちのテストでは、ExpressVPNの方が速く返答をすることがわかっています。それはNordVPNの欠点にはなりませんが、ExpressVPNの方がより迅速なサービスを受けられることが証明されています。

NordVPNのカスタマーサポート

また、メールを介して会社に連絡をすることもできます。ExpressVPNとNordVPNはどちらも顧客のメールに素早く返信することに定評があり、適切な対応をしてくれます。

ExpressVPNは、より的確に質問をすることを求めています。質問が的確でない場合、対応で少し慌ててしまう可能性もありますが、何が問題なのかをより正確な言葉で説明するために必ずフォローが入るので安心して利用できます。

ExpressVPNのカスタマーサポート

全体的に見て、ExpressVPNはメールの平均応答時間が短いです。NordVPNが約3時間24分で応答するのに対し、彼らは平均1時間40分で応答しています。

両社のソーシャルメディアでの迅速な返答はあまり期待できないでしょう。彼らはソーシャルメディアのプラットフォームをプロモーションや会社関連の投稿にフォーカスして利用していると思われます。迅速に解決したい問題がある場合は、携帯電話、メール、またはライブチャットで直接連絡した方が良いでしょう。

その他のトップ機能

ExpressVPNとNordVPNの最も優れている点の一つは、コマンドラインユーティリティのサポートを提供する唯一のVPNであるということです。これはLinuxオペレーティングシステムを実行するデバイスにインストールできることを意味します。他の主要なオペレーティングシステムをサポートしていることを考えると、これはかなりポイントが高いと言えるでしょう。

ルーターのサポートに関しては、ExpressVPNはNordVPNよりも優れています。専用の使いやすいカスタムファームウェアがあり、いくつかの異なるルーターをサポートしています。互換性のあるファームウェアを搭載したルーターを使って、両方のVPNを手動で設定することができます。

また、2つのVPNサービスは、豊富な教材があるチュートリアルを提供しています。これらのチュートリアルには、記事やハウツービデオなどが含まれており、インストールやアップデートなど、VPNサービスを利用する上で必要な様々な情報を得ることができます。さまざまなデバイスやルータの種類を使用してVPNで動作する方法を学ぶことができ、自分のIPアドレスを他の国のものに変えることによってインターネット体験を向上させるVPNの役割についてのいくつかの記事も読んでいただけます。

まとめ

要約すると、ExpressVPNとNordVPNはどちらも非の打ちどころのないサービスを提供します。最高レベルのセキュリティ暗号化や、最速の速度、あるいはカスタマーサービスであっても、どちらのプロバイダーも顧客に最高の価値を与えるために全力を尽くしており、常に丁寧な対応を心がけています。

最終的には、この記事で紹介した特徴の違いの重要性は、ユーザーによって異なります。それぞれのユーザーは、異なる優先順位と異なるニーズを持っているので、各機能に異なるレベルの重要性を求めるでしょう。この記事で紹介したそれぞれのプロバイダーの異なる特徴を踏まえて、より理想に近いVPNサービスを選んでください。