IKEv2/IPsecプロトコルとは?

VPNプロトコルとは、ユーザーのデバイスとVPNサーバーとの間に安全で暗号化された接続を設定するための一連のコード命令です。利用可能なプロトコルは数多くありますが、ウェブ上でのセキュリティと安全性はそのプロトコルに大きく依存しているため、適切なトンネリングプロトコルを選択することは非常に重要です。VPNがユーザーに提供できる保護は、使用されているトンネリングプロトコルの種類に依存します。

この記事では、IKEv2/IPsecトンネリングプロトコル、その仕組み、機能、長所と短所について説明します。

IKEv2/IPSec プロトコルとは、どのように機能するのか?

IKEv2(Internet Key Exchange version 2)は、標準的なRFC 7296トンネリングプロトコルです。マイクロソフトとシスコによる共同プロジェクトの発案で、IKE (Internet Key Exchange)と名付けられた最初のバージョンは1998年にリリースされました。最初のバージョンのアップグレードは2005年にリリースされました。これが現在のIKEv2です。多くの批評家は、その速度、安全性、安定性、迅速な再接続、CPU使用率の低さから、IKEv2を支持しています。IKEv2は、スマートフォンユーザー、特にiOSデバイスにとって優れたオプションです。

IKEv2は、インターネットプロトコルの安全性を確保するために使用されるプロトコルのセットであるIPSecを中心に構築されています。安全性が高く、第三者からは見えません。

IKEv2は、このシステムとペアリングしたときに最大レベルで機能します。このペアリングは、IKEv2/IPSecトンネリングプロトコルとして知られています。

以下に、IKEv2がどのように動作するかを詳しく解説します。IPSecとペアリングした場合の動作を考えていることを覚えておいてください。

IKEv2の主な機能は、ユーザーのデバイスとVPNサーバーの間に安全なトンネルを作成することです。トンネルは、データがユーザーのデバイスからVPNサーバーへ、またその逆も同様に移動するための通り道です。このプロセスの最初のステップは認証です。ここでは、プロトコルがユーザーのデバイスとサーバーを認証し、次に両者に使用する暗号化方法について合意します。

IKEv2/IPSec プロトコルのメリット

強力なセキュリティ

このプロトコルは非常に堅牢なセキュリティを提供します。このプロトコルはAES 256ビットを含む多くの暗号化と互換性があります。また、他の暗号化暗号もサポートしています。これにより、セキュリティに関して、堅牢で信頼性の高いものとなるのです。

すばらしい速度

より大規模なセキュリティを持つプロトコルでは、より遅い速度で動作するのが当たり前になっています。IKEv2/IPSecではそうではありません。堅牢なセキュリティ機能を提供するにもかかわらず、優れた速度も提供します。遅延したり、遅くなったりすることはありません。このプロトコルを使えば、すべてのデータを暗号化しても、ストリーミング、ゲーム、トレントなどのハイエンドのタスクを実行することができます。

互換性

このプロトコルはモバイル機器との互換性があります。他のOSでも設定は可能ですが、モバイルデバイスで使用するプロトコルとして最適です。iOSがデフォルトでこのプロトコルを好むのも不思議ではありません。

簡単なアクセシビリティ

IKEv2の設定と使用は非常に簡単です。提供される指示は明確であり、使いこなすのに十分です。ユーザーが「設定」にアクセスして指示に従えば、プロセスを間違えることはほとんどありません。

IKEv2/IPSec プロトコルのデメリット

クローズドソース

プロトコルはクローズドソースです。他社が作成したプロトコルのオープンソースのコピーがありますが、Microsoft OfficeやCiscoが作成したIKEv2プロトコルはクローズドソースのままです。

ブロックされる可能性がある

IKEv2はUDPポート500しか使わないので、ファイアウォールでブロックされる可能性があります。

セキュリティ上の問題

このプロトコルに関しては、いくつかのセキュリティ上の問題が検出されています。第一に、パスワードが弱いとハッキングされる可能性があります。これはユーザー側の障害であり、簡単に修正することができます。

2つ目は、NSAによるISAKMPの悪用です。流出したNSAのプレゼンテーションによると、NSAはIKEとISAKMPを悪用してIPSecトラフィックの復号化に成功したと言います。これに関する詳細は明らかではありませんが、セキュリティ上に問題がある可能性があることを把握しておきましょう。

IKEv2IPSecプロトコルの違い

IkEv2とIPSecプロトコルは、それらを組み合わせて使用すると最も効果的に動作します。IPSec認証スイートは、プロトコルの1つとしてIkEv2を利用しています。IkEv2は、セキュリティの高さと、操作が第三者から見えないことから、厚い支持を得ています。一方、IkEv2は、安定性、データの流れの速さ、接続のホッピングなどを実現しています。

まとめ

IKEv2/IPSecトンネリングプロトコルは、非常に安全で高速です。2つの異なるプロトコルを組み合わせることで、高速で安定した安全性の高いハイブリッド構成を実現します。設定も使用も簡単です。ユーザーに素晴らしい機能と可能性の世界を提供します。