ExpressVPN vs PIA

VPNには多くの用途があります。例えば、ネットワークを暗号化することで、ハッカーやサイバー犯罪者からの安全を確保することができます。さらに、VPNはさまざまなプラットフォーム上でジオブロックされたコンテンツへのアクセスを得ることができます。同様に、政府の規制や監視が厳しい地域では、VPNはインターネットを楽しむための唯一の手段かもしれません。

利用可能なプロバイダーの数は非常に多く、異なる仕様と機能を持っています。したがって、あなたは1つに絞ることが困難に感じるかもしれません。このレビューでは、業界で最も優れたプロバイダーの2つを分析します。ExpressVPNとPrivate Internet Access(PIA)です。このレビューの最後には、利用したいプロバイダーを決定できるようになるでしょう。

ExpressVPN

ExpressVPNのホームページ

ExpressVPNはVPN業界のリーダー的存在です。何年にもわたって良い評判を維持しているという事実は、偉業成し遂げたと言えるでしょう。どのような機能がこのプロバイダーのユーザーを魅了しているのでしょうか?詳しく見ていきましょう!

ExpressVPNは、サーバー速度の面ではピカイチです。全てのサーバーがトップスピードで装備されています。何の問題もなく心ゆくまで閲覧、ダウンロード、ストリーミングができます。

ExpressVPNはブロックを解除できる全てのサイトをリストアップしています。この信仰の表れが、その実力を物語っています。リストには、日本のAmazonプライム、BBC iPlayer、Google、Wikipedia、YouTube、Netflixがあります。

ほとんどのプロバイダーは、ノーログポリシーを厳守し、プライバシーを重視していると主張しています。しかし、細かいプリントを確認してみると、そうではないことが分かるかもしれません。この点でExpressVPNは信頼できます。イギリス領ヴァージン諸島に拠点を置き、プライバシーのサポートで知られています。さらに、ユーザーからのデータを記録することはありません。

ExpressVPNは主要なデバイスタイプのアプリを提供しています。Android、iOS、Linuxデバイスと互換性のあるアプリを見つけることができます。1つのアカウントで5台のデバイスを同時に接続することができます。サブスクリプションには30日間の返金保証が付いているので、万が一サービスに満足しなかった場合は返金を申請することができます。一般的に、ExpressVPNは日本のユーザーに最もお勧めのVPNです。

PIA

PIA VPNのホームページ

プライベート・インターネット・アクセス(PIA)は、アメリカに拠点を置くプロバイダーで、着実に地位を確立しています。特徴としては、公正な機能の多さで知られています。また、速度と手頃な価格の組み合わせを提供していることでも人気があります。

超高速であること以外に、PIAはトレントでの利用で、非常に優れています。驚くべきことに、サーバーのすべてがトレントに最適です。

セキュリティの面でも、このプロバイダーはかなり優秀です。そのセキュリティ機能は、そのユーザーの個人情報を保護するために、その責任を反映しています。したがってPIAは、IPマスキング機能、AES 128ビット暗号化、DNS、および他の人の間でIPリーク保護を使用するデータの暗号化が装備されています。その暗号化強度は標準の256ビット暗号化には及ばないかもしれませんが、十分なレベルだと言えるでしょう。

このプロバイダーは、プライバシーを重視しています。PIAは、ユーザーのアクティビティのログを保持しません。したがって、ブラウジング履歴を含むあなたのオンラインアクティビティは安全です。PIAのアドウェアやマルウェアのブロッカーをデバイスで利用すると、バグから守ることができます。

すでに述べたように、このプロバイダーの利用料はとても手頃な価格です。お財布に優しいオファーで、値段以上の素晴らしいサービスが利用できます。無料トライアルはありませんが、30日間の返金期間を提供しています。

サーバーカバレッジ

プロバイダーを選ぶ際に最初に考慮すべき要素は、サーバーのカバレッジです。グローバルなカバー範囲が広ければ広いほど良いでしょう。通常、プロバイダーはどの国のサーバーにも接続できるものの方が好ましいです。複数のサーバーを戦略的に配置しているプロバイダーであれば、柔軟性が高くなるからです。あなたはVPNを使用してより多くの国にアクセスすることができ、NetflixやHuluなどのプラットフォーム上のより多くのコンテンツにアクセスすることができます。

ExpressVPNは世界中にサーバーがあり、日本にも多くのサーバーがあります。

カバー範囲が広いプロバイダーのもう一つの魅力は、より高速な接続速度です。これは、ユーザーが1つのサーバーにクラスタ化されないためです。しかし、プロバイダーが印象的なサーバー数を持っているだけでなく、均等に分散していることを確認する必要があります。彼らのサーバーにユーザーを分散させることにもなります。

ExpressVPNは、94か国(合計160か所)に3,000台以上のサーバーを持っています。PIAは74カ国に10,910台のサーバーを持っています。これはVPN市場ではかなり多い方です。これだけの数があれば、どのような目的でも接続できるVPNをいつでも見つけることができます。

PIA VPNも日本をはじめ世界中に多くのサーバーを持っています。

スピードとパフォーマンス

速度もまた、あなたが考慮する必要がある他の非常に重要な要素のひとつです。もしVPNの使用がネットの閲覧やネットサーフィンだけに限定されている場合、速度はそれほど重要ではありませんが、コンテンツのストリーミングやダウンロード、オンラインゲームやギャンブルでVPNを利用する場合は、細心の注意を払う必要があります。なぜなら、接続が遅いと、インターネットを利用している間にラグが発生するからです。これは、不快感や不満につながる可能性があります。特にビジネスでVPNを使用している場合は、大金を失う可能性があります。さらに、インターネットの速度が遅いと、セキュリティが損なわれる可能性もあります。

VPNの速度をテストする際には、Ping値、ダウンロード速度、アップロード速度の3つの重要なパラメータに注目しましょう。

Ping値はミリ秒(ms)単位で測定され、アップロードとダウンロードの速度はメガビット/秒(Mbps)単位で測定されます。Ping値は、ネットワークの応答速度を計算します。Ping値レートが低い場合は、接続が高速であることを意味します。Ping値レートが高い場合は、接続が遅いということです。

ダウンロード速度は、ウェブページの読み込み速度を測定します。速ければ速いほど、ダウンロードやストリーミングが容易になります。すでに述べたように、あなたがネット閲覧のためだけにVPNを使用する場合、これは気にする必要はないでしょう。

アップロード速度は、ネットワークがどれだけ早くデータを送受信するかを指し、Mbpsで測定されます。Mbpsが高いほどアップロード速度は速くなります。

ExpressVPNのアプリでサーバーの速度をテストすることができます。

ExpressVPNの速度は優れています。上に列挙した3つのパラメータでかなり良いランクになっています。ブラウジング、ダウンロード、ストリーミングに使用してもラグを感じることはありません。ExpressVPNは、接続する前に各サーバーの速度をテストすることも可能です。ログインすると、すべてのサーバーの速度チェックを実行することができます。その結果、各サーバーの速度が表示されるので、情報に基づいた選択をすることができます。速度に関しては、ExpressVPNに失望することはほとんどありません。

PIAは待ち時間、つまり各サーバーの速度を知ることができます。場合によっては、サーバーの実際の速度がPIAアプリによる予測を上回ることもあります。ブラウジング、ダウンロード、ストリーミングなどで利用できるそれなりの速度を確保しています。ゲームをしたり、友達同士でファイルを共有したりするのにもVPNを効果的に利用できます。

このセクションでは、ExpressVPNが優っていると私たちは結論づけます。一般的に、VPN市場ではExpressVPNが提供する速度に匹敵するプロバイダーは非常に少数です。したがって、PIAを非難するもわけではありませんが、ExpressVPNはスピードの面では単純に驚くべきレベルだと言えるでしょう。

安全・安心機能

セキュリティはおそらくVPNの最も重要な機能です。理想的なプロバイダーは、あなたのネットワークを暗号化し、完全に匿名のオンライン状態を維持する必要があります。そうすれば、インターネットを利用している間、あなたは危険にさらされることはありませんし、あなたのデータを盗むことを企むハッカーから保護されます。公共Wi-Fiのような信頼性の低いネットワークや共有ネットワークを利用している場合でも、完全に安全です。

さらに、優れたプロバイダーは、政府からもあなたを保護します。一部の国では、インターネット上のコンテンツやプラットフォームへのアクセスを制限しています。例えば、ほとんどのソーシャルメディアのアプリは、中国では利用できません。また、これらの当局は市民の活動を監視しています。彼らのインターネットアクティビティが政府によって設定された基準に違反している場合、市民は処罰されます。強力なプロバイダーは、あなたに政府による監視を完全に不明瞭にする盾を与えます。

ExpressVPNは様々なセキュリティプロトコルを提供しています。

最後に、偉大なプロバイダーは、インターネットサービスプロバイダ(ISP)の活動からもあなたを保護します。一般的に、ISPはユーザーのトラフィックを監視します。彼らはジオブロックを課す義務がある場合など、いくつかのケースでは合法的に監視を行えるのです。ISPは、ユーザーが場所に適していないコンテンツにアクセスするのを防ぐためにトラフィックを監視しています。しかし、中には利己的な目的のためにユーザーを監視する悪徳業者もいます。ISPがユーザーのデータをマイニング会社に売るという話も珍しくありません。

プロバイダーの強さを決めるのはセキュリティ機能です。セキュリティ機能が優れているプロバイダーは、最強の防御を提供しています。そのため、プロバイダーのセキュリティの強さを試したい場合は、まずそのプロバイダーのセキュリティ機能を確認する必要があります。 ここからは、レビュー中の2つのプロバイダーがどのような仕組みになっているのかを検証してみましょう。

ExpressVPNとPIAはどちらも利用可能な最高グレードの暗号化であるAdvanced Encryption Standard (AES) 256ビット暗号化を使用しています。これはあなたのデータを解読するために、ハッカーが暗号化に使用した正確なキーを見つけなければならないことを意味します。これはほぼ不可能です。ちなみに、この暗号化はアメリカ軍で使用されているほど高度なレベルです。あなたの情報が漏洩する可能性はないので、安心して利用できます。

PIA VPNには多くの高度なセキュリティ機能があります。

さらに、これらのプロバイダーはOpenVPN、PPTP、TCPなどの標準的なVPNプロトコルを使用しています。これらのプロバイダーはいずれもキルスイッチを装備しています。キルスイッチはネットワークに障害が発生した場合でも匿名性を維持する便利な機能です。最後に、スプリットトンネリング機能も採用しています。これは、あなたのトラフィックの特定の部分を暗号化し、他の部分はそのままの接続に設定できる機能です。あなたが定期的にネットバンキングを利用するためにトラフィックの一部を残したい場合、この機能はとても便利です。

これらの2つのプロバイダーは、セキュリティの面ではほぼ同等レベルです。しかし、PIAは128ビットの暗号化を実行するかどうか選択できて、選択した場合速度は強化されますが、ユーザーのセキュリティを弱めてしまいます。

匿名性とプライバシーの特徴

プライバシーに関して配慮していない国に拠点があるプロバイダーは、自動的にこのセクションでは敗者になるはずです。一般的に、各国ではプライバシーに関する法律が定められています。これらの法律の中には、ユーザーのデータを保存することを控えている国もあります。そのため、これらの国は一般的にユーザーのアクティビティのログを要求しません。しかし、一部の国はそれほど友好的ではなく、厳格な規制を持っているために、いつでもVPNプロバイダーにユーザーのログを要求することができるところもあります。

後者のカテゴリーに属するいくつかの国は、14アイズ同盟として知られているグループを構成しています。同盟の一部である政府によって市民の監視を行い、その行為を許可しています。したがって、どの国も同盟の一部である他の国にデータを要求することができるのです。要求された国は、要求された情報を提供する義務があります。

ExpressVPNはイギリス領ヴァージン諸島に拠点があります。この場所は、イギリスの一部ではないので、14アイズ同盟の管轄外にあたります。したがって、ExpressVPNはユーザーのデータを保存したり、明らかにしたりする義務はありません。

PIAの拠点はアメリカにあります。アメリカは14アイズ同盟の一員です。さらに言えば、ユーザーの利益にならない非常に厳しいプライバシー法を持っています。しかし、PIAはユーザーのプライバシーを侵害していないと主張しています。

ExpressVPNはユーザーのアクティビティログを保持しません。

プライバシーの面であなたがチェックすべき次の項目は、プロバイダーのデータ保持ポリシーです。通常あなたのオンラインアクティビティは、VPNプロバイダーに公開されています。したがって、オンラインでのアクティビティのログを保存しないプロバイダーを選択することが最適です。この記事で紹介しているプロバイダーは、サービスの利用が終了するとすぐに、あなたのオンライン上のデジタルフットプリントを消去しています。これにより、たとえ政府から求められたとしても、提供するべきデータが存在しないことになります。

ExpressVPNとPIAは、どちらもユーザーログを保持していません。これにはトラフィックやIPログ、ダウンロードの詳細、訪問したウェブサイトなどが含まれます。ExpressVPNは、ユーザーの接続プロセスに関連するデータのみを保持すると断言しています。これにはサインアップに使用したメールアドレスとユーザー名が含まれます。また、VPNでのあなたのアクティビティに関しては、将来的にあなたを助ける可能性のある情報のみを保存します。したがって、各接続が行われた日付とユーザーが使用したサーバーが記録されます。これらはいずれもユーザーにとって不利益になることはありません。

PIAが保持する唯一の情報は、サインアップ時に使用するメールアドレスであると主張しています。さらに、BitcoinやEthereumのような暗号通貨での支払いを可能にしているので、非常に安心です。また、捨てアカウントで登録することもできますし、暗号通貨でサブスクリプションの支払いをすることも可能です。また、PIAのノーログポリシーが法廷で2度もテストされていることにも興味があるでしょう。どちらのケースでも、PIAは見事にパスしています。

この件に関しては、私たちはPIAに敬意を表すべきでしょう。

サポートされているプラットフォーム

平均的なユーザーは複数のデバイスを持っています。そのため、複数のデバイスタイプとのVPN互換性が非常に重要になります。

ExpressVPNはほとんどのデバイスタイプに対応したアプリを提供しています。したがって、モバイルデバイス、ノートパソコン、デスクトップパソコンなどにアプリをダウンロードしてインストールすることができます。間違いなく、ExpressVPNが提供する最高のアプリはデスクトップ用のアプリです。iOSとAndroid用のモバイルアプリでは、デスクトップアプリで利用できる機能で利用できないものもあります。例えば、モバイルアプリにはTorの互換性を提供していません。Torが保証するセキュリティ特権にアクセスしたい場合は、デスクトップ版を利用する必要があります。さらに、モバイル版ではスピードテスト機能も動作しません。しかし、モバイル版の速度は一流で、完全に信頼性があります。

ExpressVPNのChrome拡張機能はうまく動作します。

ExpressVPNにはルーター用のアプリもあります。ルーターにVPNをインストールする利点は、より広い範囲をカバーできることです。ひとつアカウントで、あなたが持っている全てのデバイスを接続することができます。このプロバイダーは、これらのルーターにVPNをダウンロードしてインストールする方法を説明しています。さらに、ChromeとFirefoxブラウザ拡張機能も提供しています。ここでは、ブラウザに出入りするネットワークだけを保護します。あなたのデバイスの他のすべての部分は保護されません。ブラウザの拡張機能をダウンロードして使用している間、これを念頭に置いておきましょう。

PIAはほとんどのオペレーティングシステムで利用できます。Windows、Android、macOS、iOS、Linuxで利用できるアプリを提供しています。あなたがモバイルユーザーであれば、AndroidとiOSデバイス用の専用アプリがあるので、しっかりカバーしてくれます。お使いのデバイスがAndroid 4.1またはiOS11以上であれば、アプリをダウンロードして使用することができます。ExpressVPNと同様に、このプロバイダーもGoogle Chrome、Firefox、Opera用の拡張機能を持っています。また、手動での設定も可能です。

PIA VPNにはしっかりとしたChrome拡張機能があります。

ExpressVPNは5台のデバイスの同時接続を許可しています。これは非常に寛大で、業界標準です。遅延やバッファリングを経験することなく、同じアカウントに複数のデバイスを接続することができます。PIAはExpressVPNが許可している数の2倍を提供しています。ユーザーは一つのアカウントで10台のデバイスを同時に接続することができます。これは他のプロバイダーが許可している数をはるかに超えています。家族や友人のデバイスを含め、全てのデバイスをひとつのアカウントで接続することができます。

ストリーミングとトレント

最近ストリーミングプラットフォームを利用している方が増えてきています。人気のあるものは、Netflix、Amazonプライム、Hulu、BBC iPlayerなどです。通常、あなたはVPNを利用せずに、これらのプラットフォーム上のコンテンツにアクセスすることができるはずです。

しかし、あなたが別の国からコンテンツにアクセスしようとする場合、問題に直面します。ストリーミングプラットフォームは、ジオブロックと呼ばれる制限を設けているからです。この制限によって、あなたが住んでいる国のビデオや音楽のみをストリーミングすることが許可されます。あなたのお気に入りの番組が、海外のみで配信している場合は、アクセスできずにイライラするでしょう。

VPNを使うことでジオブロックを回避し、これらのプラットフォーム上のコンテンツへのアクセスが可能になります。しかし、これらのプラットフォーム上の暗号化が強力であることを念頭に置いておく必要があります。プラットフォームは、侵入者をシャットアウトすることにコミットしており、そのアルゴリズムは強力でほぼ不可解にしています。同様に、強力なプロバイダーだけが検出されずに暗号化を突破することができます。

コンテンツのブロック解除に関してはExpressVPNがトップクラスです。異なる国のNetflixライブラリのブロックを簡単に解除します。アメリカのAmazonプライムやイギリスのBBC iPlayerにも同じことが言えます。サーバーの数が多いので、快適なストリーミング体験が得られます。さらにExpressVPNは、海外でほぼ全ての日本の番組を視聴できるように、ブロックを解除してくれます。

ExpressVPNはNetflixに最適な選択肢です。

悲しいことに、PIAはコンテンツのブロック解除という点ではExpressVPNほど効率的ではありません。日本のNetflixGYAOAbemaTVのような番組のブロックを解除したい場合はPIAを使うと問題なく動作します。しかし、他の国のNetflixのブロックを解除したい場合や、他のプラットフォーム上のコンテンツのブロックを解除したい場合は、課題に直面する可能性があります。

トレントもまた、VPNユーザーが注目しているもう一つの機能です。これは、他の手段では入手できないファイルを提供してくれます。トレントは著作権の問題があるため、一部の法域では違法とされています。したがって、ISPはファイルをトレントしているユーザーを見つけるとブロックします。これを回避するには、VPNが必要です。

PIAとExpressVPNはどちらも海外からAbemaTVを視聴する際にブロックを解除します。

どちらのプロバイダーも、P2Pファイル共有に最適化されたサーバーを備えています。ログオンしてトレントを開始すると、VPNは自動的にその目的に最適なサーバーに接続します。さらに言えば、ExpressVPNの難読化されたサーバーを使うと、匿名でこれを行うことができます。

プランと価格

VPNを選択する際、サービスの利用料金も重要な要素の一つになるでしょう。あなたの予算内のサービスを選択することが重要です。お金を払う価値のあるプランを選びましょう。

PIAの場合、サブスクリプションプランは以下の通りです。

月額プラン:9.95ドル

6ヶ月プラン:5.99ドル/月

1年プラン:3.33ドル/月(2カ月無料分を含む)

ExpressVPN

月額プラン:12.95ドル

6ヶ月プラン:9.99ドル/月

12ヶ月プラン:8.32ドル/月

どちらのプロバイダーも30日間の返金保証期間を設けられています。この期間内であれば、返金をリクエストすると確実に返金を受けられます。2つのプロバイダーは無料トライアルを提供していませんが、返金保証を利用すれば、実質30日間は無料でサービスを使うことができます。すでに述べたように、返金の申請は簡単で分かりやすいです。

PIAにはとてもお得なサブスクリプションオプションがあります。長期で契約するほど、月額料金が安くなります。この金額は業界で最も安いものの一つです。ExpressVPNの料金よりも安いです。異なるVPNプロバイダーの価格設定の比較については、こちらの記事をご覧ください。

メリットとデメリット

ExpressVPN

メリット

  • スピード: ExpressVPNはスピードを優先するプロバイダーの一つです。そのため、速度が最適化されていることを確認するために常にサーバーをアップグレードしています。WindowsとMac版の速度テストを実行して、最高の速度を持つサーバーを確認することもできます。どのような用途でVPNを必要とする場合でも、速度を心配することはほとんどありません。
  • セキュリティ:セキュリティもExpressVPNの得意分野の一つです。プロバイダーはユーザーの安全を守るために慎重に設計された機能を持っています。ハッカーや政府から個人情報を守ろうとしているかどうかに関わらず、常に安全を保てます。
  • プライバシーへの取り組み:このプロバイダーは、プライバシーへのコミットメントを揺るがすことはなく、ユーザーのアクティビティログを保持しません。さらに、イギリス領ヴァージン諸島に拠点があるため、ユーザーの情報を政府に提供する義務はありません。
  • カスタマーケアサポートの充実:このプロバイダーは、24時間体制でカスタマーサポートが対応してくれます。問題が何であれ、すぐに彼らに問い合わせることによって、問題を解決することができます。VPNをインストールしたり使用したりしている間に課題に遭遇した場合、カスタマーサポートが瞬時に対応してくれます。
  • 使いやすいユーザーインターフェース:ExpressVPNのウェブサイトとアプリのレイアウトとデザインにより、非常に使いやすくなっています。初めてのユーザーでも問題なく利用できます。
  • 他に類を見ないブロック解除能力:ExpressVPNにとっては、プラットフォームのブロックを解除するのはとても簡単なことです。どのようなプラットフォームへのアクセスが必要な場合でも、このプロバイダーはそれを可能にします。

デメリット

  • 利用料金:このプロバイダーは少し割高です。しかし、価格以上の機能や価値を提供しています。

PIA

メリット

  • 同時接続可能なデバイスの数:PIAでは、10台のデバイスを同時に接続することができます。これは驚くべきことです。
  • 安いサブスクリプションプラン料金:PIAの利用料金はとても安いです。そのサブスクリプションのオファーは非常にお財布に優しいです。
  • セキュリティ:PIAは、セキュリティの面では業界のトップと同等レベルです。AES 256ビット暗号化、多数のプロトコルの中から選択できる標準機能を備えています。
  • プライバシー:PIAはログなしのポリシーについて透明性があります。PIAは、その姿勢を守るために2度、法廷で政府と対決したこともあります。

デメリット

  • 信頼できないカスタマーサポート:PIAのカスタマーサポートは自動ではありません。問題が解決されるまで時間がかかる場合もあります。
  • アメリカに本社がある:これはプライバシーの問題があるため、決定的な欠点です。PIAはプライバシーへのコミットメントを強調していますが、ユーザーはまだ警戒しなければなりません。アメリカにはユーザーに優しいプライバシー法がありません。
  • 速度が遅い:このプロバイダーの速度はExpressVPNの速度には及びません。

私たちのおすすめ

結論を言うと、ExpressVPNの圧勝でしょう。優れた機能と、最適化されたサーバーを持っているからです。また、ExpressVPNはすべての面でほぼ無敵のサービスを保証しています。PIAは、同時接続可能なデバイスの数とオプションの価格の面では優れています。全てにおいて、PIAのサービスはExpressVPNによって設定された基準を満たしていないだけで、受け入れがたいものではありません。