香港向けフリーVPNベスト5(オンラインで匿名になれる)

香港は検閲の対象になっていません。香港では、Facebook、Twitter、Instagramなどの人気ソーシャルメディアにアクセスできます。また、NetflixやHuluなどのストリーミングプラットフォームへの接続も可能です。しかし、これはいつ変更されるか分かりません。変更されてしまうと、これらのプラットフォームのほとんどにアクセスできなくなります(現在の中国と同じ状態になります)。そのような場合、健全なインターネット環境を得るためには、VPNを利用することが最善の策となります。

VPNプロバイダーは多くの場合、無料サービスを提供しています。完全に無料のプラン/無料の試用期間、またはリスクフリーのVPNという3種類があります。完全無料のオプションを利用する前に、支払いをする必要はありません。しかし、リスクフリーを利用するためには、利用前にプランを利用し、支払いを行う必要があります。リスクフリーの場合、返金保証期間が設けられています。ご希望の場合は、この期間内に返金を申請することができます。

以下に、2種類の香港向け無料VPNのレビューをご紹介します。

香港向けのリスクフリーのベストVPN

リスクフリーのVPNでは、優れた試用体験が得られます。プレミアムVPNのすべての機能を試す柔軟な機会を得ることができます。また、返金の申請も非常に簡単に行えます。

ExpressVPN

ExpressVPN devices

機能

  • サーバーの数 3000以上
  • Sサーバーの場所 94カ国の160の場所
  • 24時間対応のライブチャット 有り
  • Sスピード 無制限
  • サポートできるデバイスの数 5
  • 30日間返金保証 有り

長所/短所

  • 市場で最も速いVPN
  • 厳格なログ無しポリシー
  • 256ビットAES暗号化
  • 割引が少ない
お試し ExpressVPN

ExpressVPNは、香港へのアクセスに最適なプロバイダーです。必要とする理由に関わらず、素晴らしいサービスを提供しています。ExpressVPNは94か所に3,000台以上のサーバーを設置しています。そのうちの一つが香港です。これらのサーバーは、スピードと接続のしやすさのために最適化されています。また、使用中にサーバーが遅延することはありません。

ExpressVPNは、AES 256ビットの暗号化を利用しています。また、キルスイッチ、DNSリークプロテクション、そして最高のプロトコルを備えています。これらにより、あなたの詳細が安全であることを保証します。このプロバイダーは、ユーザーの活動のログを残しません。生成されたデータは定期的にサーバー上から消去されます。さらに、最初に購読する際には、暗号通貨での支払いが可能です。このようにして、プロセス全体を通して匿名性を保つことができます。

ExpressVPNは、30日間の返金保証期間を設けているので、この期間内に返金を申請すれば、問答無用でお金が戻ってきます。

  • 長所: 市場で最も速いVPN; 厳格なログ無しポリシー; 256ビットAES暗号化;
  • 最安値: $6.67

NordVPN

NordVPN devices

機能

  • 暗号通貨を受け入れるか?: はい
  • 専用IPアドレスの提供?: 有り
  • 同時接続の数: 6
  • サーバー: 58カ国に5342個

長所/短所

  • たくさんの値段のオプション
  • Netflixへのサポートが常に更新されている
  • 256ビットAES暗号化
  • アプリが遅い
お試し NordVPN

NordVPNは、59カ国に5,000台以上のサーバーを所有しています。サーバーの数の多さは、接続するサーバーを見つけるのが難しいということではありません。サーバーの数が多いと選択肢が増えるので、香港外の場所からコンテンツをストリーミングする必要がある場合にとても便利です。また、NordVPNの豊富なサーバー数を見れば、主要な場所にサーバーがあることはほぼ間違いないでしょう。

NordVPNは、お客様のブラウジングの習慣や場所のログを残しません。サーバーはAES 256ビットの暗号化で保護されています。また、標準的なDNSリークプロテクションと自動キルスイッチも備えています。NordVPNは、セキュリティの面であなたをカバーしてくれます。

このプロバイダーは、ジオブロックを素早く回避します。その機能によって、Netflix、Hulu、iPlayerなどのコンテンツをスムーズにストリーミングすることができます。さらに、合計6台のデバイスを同時に接続することができ、30日間の返金保証期間も設けています。

  • 長所: たくさんの値段のオプション; Netflixへのサポートが常に更新されている; 256ビットAES暗号化;
  • 最安値: $3.71

香港向けのベスト無料VPN

このセクションで紹介するVPNは、初期費用を支払うことに抵抗がある方に最適です。残念ながら、香港で無料のサーバーを提供しているプロバイダーはあまりありません。しかし、ここで紹介するVPNは、完全に無料のオプションを提供しています。そのため、トライアル期間を利用して、VPNを無料で利用することができます。

ProtonVPN

ProtonVPN devices

機能

  • P2Pサポート? 有り
  • 30日間返金保証? 有り
  • 拠点国? スイス
  • サーバー: 40カ国以上に600以上
  • 同時に接続できるデバイスの数: 5

長所/短所

  • プロフェッショナルなサポート
  • モダンなインターフェイスとアプリ
  • AES-256暗号化
  • あまり知られていないプロバイダー
お試し ProtonVPN

ProtonVPNには、有料版の他に無料版もあります。無料版は、月間のデータ使用量に上限がないため、VPN市場で最も優れた製品のひとつです。

しかし、無料で利用できるサーバーは3カ所にしかないのが難点です。香港はその中に含まれていません。ProtonVPNは、プレミアムバージョンの7日間の無料トライアルを提供しているので、短期で香港に滞在する場合、7日以内であれば無料で利用できます。ちょっとした旅行に出かける場合に最適です。どこにいても香港のコンテンツにアクセスして、接続を維持することができます。

ProtonVPNは、セキュリティとスピードに優れています。セキュリティについては、AES 256ビットの暗号化を使用しており、ユーザーのログを記録しません。また、スピードも最高で、コンテンツのストリーミングやダウンロードを最高速度で行うことができます。このプロバイダーは、リスクのないプロバイダーのように、数多くのサーバーを持っていません。しかし、お客様のニーズに応えることのできる適度な数のサーバーを備えています。さらに重要なのは、香港にもサーバーがあり、香港以外の地域からでも接続できることです。

  • 長所: プロフェッショナルなサポート; モダンなインターフェイスとアプリ; AES-256暗号化;
  • 最安値: €4

Trust.Zone

Trust.Zone devices

機能

  • 完全匿名性? 有り
  • 全てのウェブサイトをアンブロックするか? はい
  • 値段のオプション数: 4
  • サーバー: 80以上のゾーンに164個
  • 無料トライアル: 有り

長所/短所

  • 軍事グレードの暗号化
  • ビットコイン対応
  • モバイルデバイス向けのアプリ
  • あまり知られていないプロバイダー
お試し Trust.Zone

Trust.Zoneも、3日間の無給試用が可能なプロバイダーです。また、ユーザー1人あたりのダウンロードには上限があり1GBのデータのみが利用できます。3日間または1GBのデータが終了すると、サービスを利用することができなくなります。

Trust.Zoneは40カ国に180以上のサーバーを持っています。この数は決して多くはありませんが、短期間の使用には十分です。さらに、そのサーバーは高速です。ジオブロックの回避も比較的早い。香港のサーバーに接続すれば、NetflixやHuluなどの地域制限されたコンテンツにアクセスできます。そのため、外出先でもお気に入りの香港の番組を見逃すことはありません。

セーシェルに拠点を置いているため、5アイズ同盟には含まれておらず、ユーザーの情報が明かになるを心配する必要はありません。また、デフォルトで軍事レベルの暗号機能、OpenVPNなどの信頼できるプロトコルを使用しているので、ログを残しません。

  • 長所: 軍事グレードの暗号化; ビットコイン対応; モバイルデバイス向けのアプリ;
  • 最安値: €3

Hotspot Shield

Hotspot Shield devices

機能

  • 無制限データ? 有り
  • 同時に接続できる数: 5
  • 軍事グレードの暗号化? 有り
  • サーバー: 80カ国以上に3200以上

長所/短所

  • 無制限のHDストリーミング
  • マルウェアをブロック
  • 256ビットAES暗号化
  • 信頼できないサポート
お試し Hotspot Shield

Hotspot Shieldは、あなたのニーズに応えてくれる信頼できるブランドです。香港を含む80以上の国に3,200台以上のサーバーを設置しています。これらのサーバーは高速で、コンテンツのストリーミングやダウンロードを効率的に行うことができます。また、P2Pファイルの共有やトレントもサポートしています。

このプロバイダーは、軍事グレードの暗号化を使用しています。IPアドレスを効果的に隠し、DNSの漏洩も防ぎます。Hotspot Shieldは、ほとんどのデバイスタイプに対応しており、Android、iOS、Linux、Windowsの各OS向けのアプリをサポートしています。

このプロバイダーの無料サーバーは米国にあります。そのため、その国に特化したコンテンツにアクセスするためにのみ接続することができます。ただし、7日間の無料トライアルを提供しています。これにより、プレミアムバージョンのアプリがどのようなものであるかを確認することができ、約束をすることができます。

  • 長所: 無制限のHDストリーミング; マルウェアをブロック; 256ビットAES暗号化;
  • 最安値: $6.99

 devices

/

ZenMate VPNは74か所に3,500以上のサーバーを設置しています。サーバーは電光石火のスピードと無制限の帯域幅を誇っています。持っています。また、無制限の同時接続が可能です。つまり、可能な限り多くのデバイスを接続し、コンテンツを制限なくダウンロードまたはストリーミングすることができます。7日間のトライアル期間を利用すれば、無料でこのサービスを利用することができます。

ZenMate VPNは、インターネットを利用する際のプライバシーを保証します。あなたのIPアドレスを隠し、潜在的なハッカーや政府から守ります。ZenMateは、シンプルなユーザーインターフェイスと簡単なインストールプロセスを備えています。ワンクリックで、お使いのMacデバイスにVPNを設定することができます。

ZenMateはすべてのデバイスに対応しており、Google Chromeの拡張機能もあります。

  • :

Ivacy VPN

Ivacy VPN devices

機能

  • 暗号通貨に対応しているか? はい
  • 同時接続台数 5台
  • 対応デバイスは? テレビを含むすべてのデバイス
  • サーバー 世界63カ国に1,000台以上

長所/短所

  • ストリーミングに対応
  • トレントに対応
  • 軍事グレードの256ビット暗号化
  • スピードの問題
お試し Ivacy VPN

Ivacy VPNは、信頼性の高いウェブ保護サービスを提供する中堅プロバイダーです。世界100カ国に1,000台以上のサーバーを保有しています。

スプリットトンネリングが可能で、暗号化したいものとしたくないものに分けることができます。さらに、このVPNでNetflixやHuluを見ることができます。これらのプラットフォームのブロックを回避すると、香港の外にあるコンテンツにアクセスすることができます。また、香港以外のユーザーは、香港のサーバーに接続して、その国特有のコンテンツにアクセスすることもできます。

また、このプロバイダーはセキュリティに関しても優れています。暗号化にはAES256ビットを採用し、プロトコルにはOpenVPN、L2TP/IPsec、UDP、IKEv2、TCPなどを使用しています。  Ivacy VPNは厳格なノーログポリシーを採用しています。また、ネットワークに障害が発生したときに作動する自動キルスイッチもあります。

Ivacy VPNは、1日の無制限無料トライアルを提供しています。

  • 長所: ストリーミングに対応; トレントに対応; 軍事グレードの256ビット暗号化;
  • 最安値: $2.45

無料のVPNサービスは優れている?

単刀直入に言うと、必ずしも無料のVPNがいいわけではありません。一般的に、無料のVPNが提供するサービスの品質は、通常、水準に達していません。無料のプロバイダーは、無料のユーザーを有料のユーザーにすることを目的としています。そのため、場合によっては、サーバーの速度が遅かったり、サーバーの数が限られていたりするなど、意図的に劣悪なサービスを提供し、ユーザーに有料版を購入させようとします。また、無料のVPNを使用している間は、保護されているとは言えません。サービスが最新でない場合もあり、マルウェアに感染しやすい状態になっているかも知れません。

さらに、無料プロバイダーは、VPNサービスを運営するための資金を得るために、ユーザーのデータを第三者に販売しているケースもあります。Web上で完全な保護サービスを受けるには、リスクのないVPNを選択するのがよいでしょう。

無料VPNで注目すべき要素

  1. サーバーの数:VPNのサーバーの数とその場所を考慮する必要があります。サーバーの数は、あなたの通信範囲の広さを決めるからです。サーバーの数が多ければ、高速で信頼性の高いサーバーを簡単に見つけることができます。所在地については、香港にサーバーを持っているかどうかを確認する必要があります。上記のプロバイダーは、香港にサーバーを持っています。
  2. プライバシーポリシー:プライバシーポリシーでは、VPNがあなたのデータのログを保持し、第三者と共有するかどうかを知ることができます。厳密なノーログポリシーを持っているプロバイダーを選びましょう。記録を残していないプロバイダーは、万が一、プロバイダーがハッキングされた場合でも、お客様のデータは安全です。上記のようなリスクのないプロバイダーは、ログを残さない方針を徹底しています。残念ながら、無料のプロバイダーには同じ保証をすることはできません。
  3. データ制限:ほとんどの無料プロバイダーは、試用期間中に消費できるデータ量に制限を設けています。この規定は、プロバイダーによって異なります。また、無料お試し期間中にVPNを利用できる期間の制限を設けているところもあります。この制限期間は、通常、7日以下の範囲で設定されています。このデータ量の制限は、何かをする際に支障が出る可能性があります。たとえば、ProtonVPNが提供する1GBのデータでは、多くのストリーミングやダウンロードを期待することはできません。同じように、時間制限があると、VPNを満足に探索することができません。しかし、リスクのないプロバイダーではそのようなことはありません。通常、消費できるデータ制限の上限はありません。また、返金期間は一般的に30日から45日となっています。これにより、VPNの機能を探索するための十分な余裕が生まれます。

まとめ

VPNの必要性については議論の余地はありません。政府による検閲を心配していなくても、ハッカーやサイバー犯罪者、その他のマルウェアからあなたを守ります。さらには、ジオブロックされたコンテンツを世界のどこからでもストリーミングできるようになります。ここまで、無料で利用できるVPNを大まかに2つに分類して紹介してきましたが、その中でもダントツにおすすめのVPNを取り上げました。どちらのVPNを選んでも構いませんが、最後に1つだけアドバイスをさせてください。「リスクのないプロバイダーを選ぶと後悔することがありません」