最高の格安VPNサービス

オンラインでの監視やハッキングがますます深刻な問題となっている昨今、自分自身やオンライン上の個人情報を保護することがますます重要になっています。多くの場合、VPNを利用することで、オンライン上の個人情報を保護することができます。

ほとんどの人、特に若い人たちは、多くの時間をオンラインに費やし、インターネットを日々の活動に欠かせないものとしています。オンラインバンキングや決済処理、あるいは玄関先まで商品を配達してくれるオンラインストアなどはとても便利なため、私たちがオンラインに触れる機会が減ることはないでしょう。

もう一つの傾向は、価格意識の高い消費者の増加です。実際、オンラインでの価格調査がますます一般的になってきており、消費者は自分にとって最もお得なものを手に入れることができます。幸いなことに、VPNは銀行を破綻させるようなものではありませんが、どんな製品クラスにも必ずバリエーションがあります。

競争の激しい業界のように、数多くのVPNが顧客を奪い合っています。その中には、価格を気にしながら買い物をする人のために競争しているVPNもあれば、特定のニッチ市場に特化しているVPNもあります。この記事では、最も優れた安価なVPNをいくつかご紹介します。

一般的にVPNは安い

では、正規のVPNサービスはどれくらいの料金で利用できるのでしょうか。光熱費のように高額な費用がかかるのであれば、多くの人がVPNサービスの利用を敬遠するのも無理はありません。幸いなことに、価格に敏感な現代の消費者に合わせて、VPNの価格は安価に設定されています。

ほとんどのVPNサービスには、複数の契約プランが用意されています。通常は、月単位、年単位、場合によっては2年単位のオプションがあり、契約期間が長くなるほど割引率も大きくなります。これを月単位で見ると、個人向けのVPNサービスで2桁台になるものはなかなかありません。

それほどリーズナブルな価格なのです。現在、VPNサービスの間では、サービスの質に応じて、価格に顕著な差があります。しかし、あなたのオンライン上のペルソナと個人情報を保護するために、そのサブスクリプションに対して何が提供されているかを考えてみてください。

さらに、ほぼすべてのVPNサービスは、定期的にキャンペーンを行っており、サービスの使い勝手を試すことができます。VPNサービスに関しては、デメリットはほとんどないと言っていいでしょう。

おすすめの格安VPN

そうは言っても、誰もが自分に一番合ったVPNを利用したいと思っています。そのため、最終的な決定を下す前に、市場に出回っているVPNについて十分な調査を行うことは有益です。ここからは、安価で優れたVPNサービスをご紹介します。

ExpressVPN

ExpressVPN devices

機能

  • サーバーの数 3000以上
  • Sサーバーの場所 94カ国の160の場所
  • 24時間対応のライブチャット 有り
  • Sスピード 無制限
  • サポートできるデバイスの数 5
  • 30日間返金保証 有り

長所/短所

  • 市場で最も速いVPN
  • 厳格なログ無しポリシー
  • 256ビットAES暗号化
  • 割引が少ない
お試し ExpressVPN

ExpressVPNは、サービスの質という点では間違いなくトップレベルと考えられます。ExpressVPNがトップの地位をキープしている主な要因は、世界中に配置されたサーバーの数にあります。主要な地域に多くのサーバーを設置しているだけでなく、アフリカや南米など、他の多くのVPNがこれまで対応してこなかった場所にもサーバーを設置しています。

ExpressVPNは、イギリス領ヴァージン諸島に本社があります。これは非常に重要なことで、アメリカ政府などの外国政府がExpressVPNを召喚して、顧客のプライバシーや匿名性を侵害することはできません。

ExpressVPNは、世界94カ国、160拠点のサーバーを、競合他社をはるかにしのぐ価格で提供しています。これは、オンラインで自分自身を隠すための選択肢が増えるだけでなく、使用しているサーバーがシャットダウンした場合には、数回クリックするだけで代替サーバーに接続できることを意味します。

また、この広大なネットワークは、ストリーミングの帯域幅を維持する際にも便利です。このリーズナブルな料金で、ビデオや映画を高品質でストリーミングすることができ、Y2K問題にも負けない安心感を得られます。

また、リーズナブルな料金には、24時間365日対応のカスタマーサポートが含まれています。自分で解決することを望む場合は、包括的なトラブルシューティングガイドも利用できます。また、ライブチャットサービスもあるので、いつでも専門スタッフに直接連絡することができます。

価格に関しては、払った分だけ得をすることになります。確かにExpressVPNは他と比べて価格が高めに設定されていますが、サービス内容が他社より優れていることや、年間プランで契約すると月額8.32ドルしかかからないことを忘れてはいけません。

  • 長所: 市場で最も速いVPN; 厳格なログ無しポリシー; 256ビットAES暗号化;
  • 最安値: $6.67

NordVPN

NordVPN devices

機能

  • 暗号通貨を受け入れるか?: はい
  • 専用IPアドレスの提供?: 有り
  • 同時接続の数: 6
  • サーバー: 58カ国に5342個

長所/短所

  • たくさんの値段のオプション
  • Netflixへのサポートが常に更新されている
  • 256ビットAES暗号化
  • アプリが遅い
お試し NordVPN

NordVPNの最大の特徴は、業界標準であるデバイス5台の同時接続数を上回る、6台の同時接続を実現していることです。これは、複数のデバイスで同時にオンラインを利用したい人にとっては、特に嬉しいニュースです。

NordVPNはパナマに拠点を置いていますが、パナマにはデータ保持義務がないため、この点は重要です。このため、NordVPNを利用することで匿名性がさらに高まり、バーチャルな出入りが暴露されるリスクがなくなります。

NordVPNのセールスポイントのひとつは、業界で最も密度の高いサーバーネットワークを持っていることで、現在、世界60カ国に5,569台のサーバーを設置しています。NordVPNは顧客の利便性を高めるために多くのバックアップサーバーを用意しており、稀なサーバー停止が起こっても基本的には問題ありません。

NordVPNが提供する最低帯域幅を使えば、ストリーミングも簡単にできます。さらに、多くの場所に膨大な数のサーバーが設置されているため、万が一サーバーが停止しても、すぐ近くに別のサーバーに接続されます。動画の視聴をしたい人たちは、リラックスして動画を楽しむことができるのです。

NordVPNは、あらゆることを網羅した非常に包括的でユーザーフレンドリーなヘルプページを用意しています。よくある質問だけでなく、トラブルシューティングや請求書情報への直接アクセスも提供しています。

価格に関して言えば、NordVPNは長いプランで契約した顧客により多くの割引を提供します。実際、2年プランでは、月額で計算すると、わずか390円に抑えられます。NordVPNのもう一つの素晴らしい点は、支払い方法でビットコインを採用していることです。この記事では、ExpressVPNとNordVPNを比較していますので、どちらかのサービスで迷われている方は参考にしてください。

  • 長所: たくさんの値段のオプション; Netflixへのサポートが常に更新されている; 256ビットAES暗号化;
  • 最安値: $3.71

Surfshark

Surfshark  devices

機能

  • 無料トライアル?: 有り
  • 同時接続の数: 無制限
  • 広告をブロックするか? はい
  • サーバー: 61カ国に1000以上

長所/短所

  • フットプリントを残さない
  • トレント対応
  • 256ビットAES暗号化
  • スピードが少し遅め
お試し Surfshark

SurfSharksの特徴的な機能のひとつに、Netflixをストリーミングできることがあります。多くの有料VPNは、Netflixのファイアウォールを通過できないため、顧客の失望を買うことがあります。SurfSharkは、顧客を失望させることなく、ニーズを満たすサービスを提供します。

ExpressVPNと同様に、SurfSharkはイギリス領ヴァージン諸島に本社を置いていますが、これは悪名高い諜報機関であるファイブアイズを避けるために、この業界では必須となりつつあります。イギリスの海外領土でありながら、ファイブアイズ同盟の管轄外であるため、VPNプロバイダーの本社の拠点としては安全な場所です。

SurfSharkは、53カ国をカバーする800台以上のサーバーを持ち、世界中のネットユーザーに可能な限り優れたサービスを提供するという点で、VPN業界の標準的なプロバイダーより秀でています。SurfSharkは顧客に適切に対応することができるため、今後数年間で飛躍的に拡大すると言われています。

SurfSharkには、他のVPNにはないユニークな機能があります。その1つが「ホワイトリスト」で、特定のサイトをVPN経由でルーティングしないようにすることができます。これにより、帯域幅を最適化し、私たちが本当に必要としているHDビデオストリームに向けることができます。

SurfSharkは、非常にシンプルで標準的なレイアウトを採用しており、一連のオプションが画面の左側に表示され、ユーザーフレンドリーなインターフェースになっています。VPNの機能についての質問も、請求情報についての質問も、SurfSharkのカスタマーサポートが的確に回答してくれます。それだけでなく、実際にリアルタイムでスタッフと話したい人のためにライブチャット機能も用意されている。

SurfSharkの月々の利用料金は、2年プランを選択すると月々271円と非常に安価です。これは、1ヶ月あたりの価格という点では、最もお得なプランのひとつです。

  • 長所: フットプリントを残さない; トレント対応; 256ビットAES暗号化;
  • 最安値: €2.49

ProtonVPN

ProtonVPN devices

機能

  • P2Pサポート? 有り
  • 30日間返金保証? 有り
  • 拠点国? スイス
  • サーバー: 40カ国以上に600以上
  • 同時に接続できるデバイスの数: 5

長所/短所

  • プロフェッショナルなサポート
  • モダンなインターフェイスとアプリ
  • AES-256暗号化
  • あまり知られていないプロバイダー
お試し ProtonVPN

多くのトップレベルのVPNサービスが、無料版の廃止を決定しました。これは、様々な人による無料版の悪用が大量に報告されたためです。しかし、ProtonVPNは、ユーザーが安心してサブスクリプションを購入するために必要な期間、無料版を試すことができるように、サービスの無料版を引き続き提供することを選択しています。

スイスの企業の子会社によって設立されたProtonVPNは、セキュリティの分野でトップレベルであることを誇りとしており、最高レベルのセキュリティを最大のセールスポイントのひとつとしてアピールして、努力を重ねてきました。顧客に妥協のないセキュリティを保証するために、ネットワーク上のサーバーの数を増やすことを惜しみませんでした。

ProtonVPNは36カ国に474台のサーバーを設置していますが、そのほとんどがヨーロッパと北米に集中しており、市場にアピールするためのニッチな要因となっています。フォーティーンアイズ同盟の管轄外であるため、より慎重な方にお勧めのVPNです。

ProtonVPNは、完璧なストリーミング保護を提供します。帯域幅の乱れを防ぐために自由に使えるサーバーを利用できるだけでなく、最低帯域幅自体が1Gbpsで、ほとんどのユーザーは10Gbpsの帯域幅にアクセスできます。つまり、自由にストリーミングを楽しむことができるのです。このためProtonVPNは、GYAOやAbemaTVなどの日本のテレビを海外でストリーミングするのに適しています。

ProtonVPNには非常にシンプルで包括的なサポート記事があり、すべての主要な説明が1つのページにきれいに収まっています。サービスの仕組みについての一般的な情報や、トラブルシューティングの情報へは、ワンクリックでアクセスできます。

ProtonVPNは、前述の多くのVPNほど規模は大きくはありませんが、かなりリーズナブルな価格で独自のニッチを確保しています。ProtonVPNがユニークなのは、契約期間ではなく、提供されるサービスの量と質によって異なる価格帯を設定している点です。簡単に言えば、より多くの機能を望む場合、より多くの料金を支払えば利用が可能になるということです。無料版を含めて、合計4つの料金プランがあります。

  • 長所: プロフェッショナルなサポート; モダンなインターフェイスとアプリ; AES-256暗号化;
  • 最安値: €4

ZenMate VPN

ZenMate VPN devices

Features

  • IP cloaking? Yes
  • Unblock streaming? Yes
  • Locations: Over 35 countries
  • Devices supported: All major ones.
  • Browser extension? Yes, Chrome and Firefox

Pros/Cons

  • Live sports streaming
  • Over 2600 servers
  • Anonymous IP
  • Limited customer support
Visit ZenMate VPN

ZenMateは、この記事で紹介した他のサービスに比べて規模が非常に小さいにもかかわらず、非常に厳格なノーログポリシーを採用しています。これは、この規模のVPNサービスの多くが収益源を確保するために実施できなかったことです。

ZenMateは、厳格なデータ保護法の伝統を持つドイツのプロバイダーで、本質的にセキュリティを重視しています。ZenMateは、ユーザーに無制限の帯域幅や、最も速い接続速度を提供することができるため、余計な心配をすることなく利用できます。

ZenMateは、ヨーロッパと北米を中心とした30カ国に数百台のサーバーを設置しています。これにより、非常に似通った特徴を持つニッチな市場に対応することができるのです。ZenMateは、業界標準である5台のデバイスの同時接続を提供しており、Windows、Mac、Android、iOSなどに対応しています。

ZenMateが提供する電光石火のスピードと幅広いデバイスの互換性は、動画をたくさんストリーミングしたい人だけでなく、オンラインでの匿名性を利用したい人にも対応できることを意味しています。動画ストリーミングのバッファリングについては、ZenMateがすでに対処しているので、ユーザーは心配する必要がありません。

ZenMateは、デザイナーが採用した最小限のアプローチにより、ユーザーにとって非常に優れたインターフェースとなっています。関連するすべてのオプションがメイン画面に直接表示されるので、必要なものを見るために各タブを個別に探索する必要がありません。これは、テクノロジーに疎くなりがちな高齢者にとって非常に重要なことです。

ZenMateの料金プランの価格帯は、一般的には業界の中間に位置しています。しかし、ZenMateは、長期契約者へ手厚い割引を提供します。2年プランを選択すると、月々のコストをわずか2.05ドルに抑えることができ、これは最も手頃なプランのひとつです。

  • Pros: Live sports streaming; Over 2600 servers; Anonymous IP;
  • Lowest price: €1.64

無料のVPNは価値があるのか?

世の中のVPNの大半は、サービスを利用する際に多かれ少なかれ料金を支払う必要があります。莫大な費用がかかるわけではありませんが、消費者の中には、できる限りお金を出さないようにしている人もいます。そこで注目されているのが、無料VPNです。

無料VPNは、有料VPNと条件が同じであれば、お金を節約したいと考える人々の間で非常に人気があります。しかし、条件がすべて同じということはありません。無料VPNの大きな問題点は、データの上限が制限されていることで、4Kはおろか、HD映画のストリーミングさえもスムーズにできないことがよくあります。

さらに、無料のVPNではどうしても速度が遅くなってしまうため、ピクシレーションが見えない状態でデバイスに何かをストリーミングすることができなくなってしまうかもしれません。ストリーミングの目的は、見ているものの視覚的な表示を楽しむことであることを考えると、この制限は目的を達成できないように思えます。

しかし、一番の問題は、無料VPNがユーザーのログ情報をユーザーの同意なしに第三者に販売しているという点です。無料VPNは、顧客から利用料をもらっていないので、通常は広告を掲載して儲けており、また、情報漏洩が問題視されている無料VPNも中には存在します。日本向けの無料VPNのテスト結果はこちらをご覧ください

適切なVPNを選択するには?

ここでは、VPNをまったく知らない方のために、自分に合ったVPNを選ぶためのポイントをいくつかご紹介します。まず考えなければならないのは、自分が何のためにVPNを利用したいのかということです。あなたのオンラインでの動機に応じて、異なるVPNには比較優位性があるかもしれません。

たとえば、非常に機密性の高い情報を扱う場合には、サーバーのカバー率や帯域幅はそれほど大きくないけれど、セキュリティ装置はどこにも負けないというVPNサービスがいいでしょう。動画ストリーミングに熱心な人は、帯域幅とファイアーウォール対策を重視すべきでしょう。

次に、気になるVPNサービスが自分のデバイスと互換性があるかどうかを確認する必要があります。奇妙に思われるかもしれませんが、主流なオペレーションシステムに対応していないVPNも存在します。どのような理由であれ、クレジットカード情報を入力する前に、この点を確認しておきましょう。

最後に、ユーザーフレンドリーなVPNを利用することは決して悪いことではありません。たとえあなたが技術に長けていたとしても、エンジニアリングの学位がないと理解できないようなアプリは本当に使い勝手がいいでしょうか?

最適な格安VPNサービスを見つけよう

現代の消費者には、オンラインでの嫌がらせと価格競争という2つの問題がつきまといます。幸いなことに、適切なオンライン保護があれば、これらを心配する必要はなくなります。

結局のところ、自分の行動には責任があり、良くも悪くも、私たちはその結果を受け止め、背負うことになります。ありがたいことに、VPNはネットユーザーが自分たちを傷つけようとする人たちに立ち向かい、自分たちの手で問題を解決する力を与えてくれます。