日本向けベスト無料VPN

多くのVPNが日本のIPアドレスを提供できます

現在日本に住んでいる、または働いている方は、VPN保護を検討することをお勧めします。確かに、人々がVPNを取得する主な理由の1つである政府の行き過ぎた監視で有名な国が近くにありますが、特定のコンテンツクラスに対するジオブロックの障壁を取り除くことができれば十分です。

また、海外に住んでいる日本人は、AbemaTV、Dazn、Amazon Prime、DMM、DTV、Gyao、Radikoなどのコンテンツにアクセスするために日本のIPアドレスが必要です。VPNサービスは必要なものを提供します。

今日のコスト削減の考え方により、人々はVPNを使用することさえできれば、VPNにお金を払うことを望まないでしょう。そのため、ほとんどの人はまず無料のVPNサービスを探して、それが自分に合っているかどうかを確認します。この記事では、無料のVPN市場にあるサービスにフォーカスし、無料のVPNサービスが日本人に提供するものを紹介します。

良質な無料のVPNサービスはある?

日本で良質な無料VPNを探す前に、そもそもなぜ無料でサービスが提供できるかを確認するのが賢明でしょう。ほとんどの無料VPNサービスは、接続速度と使いやすさに関して、有料VPNサービスほど良くありません。大きな仕切りは、ユーザーが利用できるトラフィックです。

日本の無料および有料のVPNを調査し、それらが成功する理由を確認しましょう。これをすることにより、独自の状況や情報に基づいて意思決定をすることができます。ここから紹介するのは、有料VPNサービスのです。そのすぐ後に、無料のVPNサービスについて触れます。

日本の無料VPNサービスについて知っておくべきこと

残念ながら、すべての無料VPNには制限があり、日本の無料VPNも例外ではありません。制限は、ログなしポリシー、サーバーの速度、トラフィックの性質などで、無料VPNを選択する場合はこの制限は避けることができません。ほとんどの無料VPNには落とし穴があり、最終的には値段に見合ったものしか手に入りません。

無料は限られたトラフィックを意味します

トラフィックは、最も一般的な欠点です。通常、無料VPNがユーザーに提供するトラフィックの量には制限があります。1日に提供されるトラフィックの量は、ほとんどの人が1日に必要とする量をほぼ確実に下回っています。インターネットサーフィンだけを実施するには十分かもしれませんが、動画などのコンテンツをストリーミングする場合は、すぐに上限を使い果たしてしまいます。VPNを使用してAbema TVAmazon Primeのような番組を視聴したい場合、無料のVPNはおそらく役に立たないでしょう。

ダウンロードとアップロードのデータ使用量は同じくらいです。長いYouTubeの動画ひとつだけでも、限界を超えることがあります。実際に制限された後に無理やり使用しようとすると、VPNによって一時停止される場合があります。

私たちがインターネットでますます多くのことをできるようになると、データの上限をなくすことへの需要はますます高くなります。あなたがただネットサーフィンだけをする数少ないうちのひとりなら、存分に楽しんで欲しいですが、あなたが多くのデータを使うユーザーである場合、1GBのデータ上限に1時間以内で達してしまう可能性があります。

サーバーと速度に関する無料VPNの制限

サーバーの速度、さらにはサーバー自体も、無料のVPNだと品質が低下する可能性があります。有料VPNのサーバー品質は、常に無料のVPNよりも優れています。実際、日本でアメリカのNetflixにアクセスしようとしている場合、Netflixにアクセスできる無料のVPNさえ存在しないかもしれません。

サーバーの数の制限は、海外に滞在していて、出身国のコンテンツを視聴したい人にとって悩みの種です。小さな国のサーバーが無料のVPNサービスで提供されることはめったにありません。つまり、たくさんの国にサーバーを所有するVPNサービスを利用するには、アップグレードする必要があります。

また、大規模な市場では無料VPNのサーバーがあまり多くないため、実際にユーザーが探しているコンテンツに限界があります。あなたが日本でVPNサービスを探しているなら、おそらく多くのアメリカやイギリスのサーバーを提供しているVPNサービスを使ってより多くのコンテンツを楽しみたいと思うでしょう。

一般的には、より多くサーバーがある方が有利です。たとえひとつのサーバーが途切れたとしても 、同じ国にある他のサーバーが代わりになるからです。有料VPNはその機能を最大限に活用していますが、無料VPNは必ずしもそうではありません。そのため無料VPNだと、一部のサーバーが使用停止になった場合、サービスが中断されやすくなります。

ロギングと悪い評判

心に留めて欲しいことは、VPNがあなたのログを記録する可能性があることです。これはもちろん、政府当局がVPNに要求した場合、あなたを後で痛い目に遭わせることになる仮想トンネルにつながります。

当然のことながら、無料のVPN、有料のVPNよりも、このことを行うことで有名です。オンラインであなたの動きを追跡されるのであれば、VPNを使いたいと思わなくなるでしょう。VPNがこのようないかがわしい行為をすることで知られている場合、プライバシーを守る感覚があったとしても、今後あなたの安全が保障されるかどうかはわかりません。

世界的な政治情勢では、ユーザーのプライバシーを尊重することに関して明確にしないVPNのサービスを使用するリスクを負うことは本当に賢明ではありません。あなたの個人情報を最高入札者に販売されることを避けるために、VPNの利用規約を隅々まで読みましょう。

VPNのレビューサイト、特に日本のサイトの記事を読むことは決して無駄ではありません。VPNのレビューサイトの記事を読むことにより、他のユーザーの経験を活かし、VPNが自分に適しているかどうかをより適切に判断することができます。VPNがうまく表示されない場合、通常はVPNが何かをしたことを意味するため、うまく表示されないVPNも避ける必要があります。

有料のVPNサービスは安価で利用できる

人々が最初に無料の製品やサービスを探すのは自然です。すべての要素が平等である場合、ほとんどの人は無料で製品やサービスを得たいと思うでしょう。多くの人は、日本向けの無料VPNの使用を検討するかもしれませんが、有料VPNの機能や使い勝手と比べると違いがあるため、たとえ有料だとしても、サービスに対して利用料を払うのは賢明と言えます。

無料であることは魅力的かもしれませんが、通常VPNを使うにあたり、それほど多くの利用料を支払う必要はありません。月にスターバックスの飲み物ほどの価格で、まともなVPNサービスを得ることができます。そして、有料のVPNサービスには、無料の試用期間や返金保証が提供されるのはもちろんのこと、サービスに含まれるすべての利点が約束されています。

プライバシーが強化され、データ上限がなく、サーバーがはるかに優れているため、手頃な価格の有料のVPNの利用料を払うのは理にかなっていると言えます。確かに、無料のVPNはお金を節約できるかもしれませんが、有料のVPNサービスでも試用期間中は無料で利用できて、返金保証があることを考慮すると、有料のVPNを使用するという選択肢を却下すべきではありません。

返金保証付きのおすすめVPNサービス

最近、VPNサービスの人気が急上昇しています。機会はほとんど無限にあります。しかし、無料のVPNサービスと同じように挫折を味わっている有料の VPNサービスがたくさんあります。明示的に推奨されるVPNサービスがいくつか存在しますが、全て有料のVPNサービスです。

ExpressVPN

機能

  • サーバーの数 3000以上
  • Sスピード:無制限
  • Sサーバーの場所:94カ国の160の場所
  • サポートできるデバイスの数: 5
  • 24時間対応のライブチャット: 有り
  • 30日間返金保証:有り

長所/短所

市場で最も速いVPN
厳格なログ無しポリシー
256ビットAES暗号化

  • いくつかの割引有り

主要なVPNリストでは、通常、ExpressVPNが紹介されています。複雑さや制限なしにプライバシーの保護を求める人には、ExpressVPNを強くお勧めします。ログなしポリシーや、大規模なサーバーネットワーク、シンプルなレイアウトにより、このVPNは非常に人気があります。

イギリス領バージン諸島に位置しているため、ExpressVPNはオンラインアクティビティを監視しないという利点があります。これは、オンラインに接続したときにプライバシーが本当に保護されることを意味します。 これは、特に特定の国で便利です。

ExpressVPNが持つサーバーネットワークの数は、世界クラスの規模です。ExpressVPNには世界94か国に3000以上のサーバーがあります。 ExpressVPNのサーバーの多くは日本にあるため、ExpressVPNは日本のユーザーに適しています。大規模なネットワークの信頼性も強調する要素であり、ExpressVPNを利用するメリットだと言えます。
また、ソフトを簡単に使用できる点も、ExpressVPNの強みです。誰もがVPNの専門的な技術や複雑さを理解しているわけではないので、ソフトのユーザーエクスペリエンスが優れていると、ユーザーは非常に満足します。ワンクリック接続が望ましいので、ExpressVPNはすすんで採用しています。さらに、質問、コメント、または懸念点がある場合は、24時間年中無休対応のヘルプデスクを利用することができます。

ExpressVPNは非常に安価で、30日間の返金保証もあり、この保証を使用する場合はVPNが無料で使用できます。

NordVPN

機能

  • 暗号通貨を受け入れるか?:はい
  • 同時接続の数:6
  • 専用IPアドレスの提供?:有り
  • サーバー:58カ国に5342個

長所/短所

  • Lots of pricing options
  • Netflix support kept up to date
  • 256-bit AES encryption
  • Slow app

NordVPNは、ExpressVPNと同じくらい優れたVPNサービスです。この二つのVPNサービスは、VPN市場では群を抜いていて、他のほとんどのサービスもそれらを超えることができませんでした。NordVPNは2005年にパナマで設立されました。

パナマは、休暇中に過ごす熱帯の場所というだけではありません。パナマはVPNからのトラフィックロギングを義務付けているアメリカまたはEUの領土ではないため、NordVPNはパナマを選択しました。この2つの地域の外にあることにより、NordVPNはユーザーに真の匿名性を提供することができます

それだけでなく、NordVPNには選択可能な国の網羅的なリストがあります。国別のコンテンツは、画面上のキーを数回押すだけで利用できます。サーバーのグローバルネットワークにより、NordVPNは状況に関係なくユーザーに最適なサーバーを提供します。

デバイスでプログラムにサインアップして設定するのはとても簡単です。行う必要があるのは、選択したい国をタップするだけです。その後、数秒のうちに、NordVPNシステムは、その国の最良のサーバーを提供します。

推奨される無料のVPNサービス

無料のVPNが必要な場合、状況に応じて適切な選択肢が存在します。 あなたはテストをして無料のVPNが自分のニーズに合うかどうかを確かめるかもしれません。ここからは、おすすめの3つの無料VPNサービスを紹介します。

TunnelBear

機能

  • 暗号通貨を受け入れるか?:ビットコイン対応
  • 同時に接続できる数:5
  • 専用のIPアドレス? 有り
  • 場所:28カ国

長所/短所

  • 無制限のブラウズ
  • アカウントマネージャー
  • 軍事グレードの暗号化
  • 無料バージョンは500MBのデータのみ利用可能

Tunnelbearは無料ですが、有料のオプションもあります。無料版でも十分利用する価値はありますが、無料VPNでは誰もが予想するように制限があります。最近McAfeeに買収された後、TunnelbearはVPN市場で成長すると予想されます。

Tunnelbearは、ウェブサイトのプライバシーポリシーにて、ログなしポリシーを約束していて、顧客情報を販売したと非難されたことはありません。また、顧客が使用するIPアドレスの記録はありません。これにより、Tunnelbearの顧客を安心させることができ、ホッとして自由にウェブサイトを閲覧することができるようになります。

当然のことながら、Tunnelbearは他の無料VPNと同じく、毎月使用できるデータの制限を設けていて、1か月に500MBのデータしか使えません。この制限を超える場合は、有料版に登録する必要があります。通常、500MBは少ないとみなされますが、もちろん用途よって異なります。

もう一つの面では、Tunnelbearはユーザーフレンドリーであることでよく知られています。インターフェイスは非常に優れていて 、画面をクリックするだけで国を選択することができます。プロセスがほんの数秒で完了し、このプログラムを使用するのに特別なことをする必要はありません。

ProtonVPN

機能

  • P2Pサポート? 有り
  • 30日間返金保証? 有り
  • 拠点国? スイス
  • サーバー:40カ国以上に600以上
  • 同時に接続できるデバイスの数:5

長所/短所

  • プロフェッショナルなサポート
  • モダンなインターフェイスとアプリ
  • AES-256暗号化
  • あまり知られていないプロバイダー

ProtonVPNは、無料バージョンと 有料バージョンを備えたVPNサービスです。ProtonVPNは、実際には他の無料のVPNサービスとは一線を画しています。これは良いことでも悪いことでもあります。ProtonVPNのデータ制限は、彼らの最大の利点です。

ProtonVPNの無料版でもデータ制限はありませんので、アップグレードする義務はありません。ただし、問題があります。無料版は3か国のサーバーしか提供されず、有料アップグレードなしだと比較的低速で動作します。他の多くのサービスと同様に、値段に見合ったものしか手に入りません。ProtonVPNの大きな利点は、選択できる国のひとつに日本が入っていることです。

情報の保護に関しては、ProtonVPNは最高レベルのサービスのひとつであり、有料版と比較してもそう言えます。ProtonVPNは、インターネットのすべてを中心に、オンライン上のプライバシーを保護できるように、インターネットを開放するという使命に従うことに関して、業界内で非常に尊重されています。

ProtonVPNは、無料版だと接続できるデバイスがひとつと限られていますが、品質はとても素晴らしいと言えます。この簡単に操作できるソフトウェアに接続するのに必要なのは、ワンクリックのみです。それに加えて、サーバーがクラッシュした場合でもオンライン匿名性を保証するために、ProtonVPNはキルスイッチなども提供しています。

Trust.Zone

機能

  • 完全匿名性? 有り
  • 全てのウェブサイトをアンブロックするか? はい
  • 値段のオプション数:4
  • サーバー:80以上のゾーンに164個
  • 無料トライアル:有り

長所/短所

  • 軍事グレードの暗号化
  • ビットコイン対応
  • モバイルデバイス向けのアプリ
  • あまり知られていないプロバイダー

Trust.Zoneは、私たちが紹介する最後の日本向けの無料VPNサービスです。Trust.Zoneは、オンライン上の個人情報を第三者に対して隠すだけでなく、ISPや政府機関に対しても隠すことができます。無料版VPNサービスは、有料版VPNサービスの3日間無料トライアルという形で提供されます。

3日間の制限は非常にリーズナブルです。これは、Trust.Zoneによって提供される1GBのデータが、ユーザーにとって妥当な量であるためです。世界中141箇所のサーバーを所有していることも、Trust.Zoneの強みです。

Trust.Zoneのもう1つの重要な強みは、拠点です。セイシェルに拠点があるので、通信情報を共有するための協定が結ばれている国々の管轄外であることを意味します。Trust.ZoneはIPアドレスを追跡しないため心配する必要はありませんし、Trust.Zoneはあなたの情報を保存していないため、誰ともそれを共有することはありません。

Trust.Zoneのターゲットはインターネットとテクノロジーの初心者で、Trust.Zoneは高速な接続とユーザーフレンドリーなシステムを提供することにフォーカスしています。選択したい国をワンクリックするだけで、最適なサーバーに接続されるので、操作はとてもシンプルです。

日本ではどのVPNを選択すべき?

前述のように、ニーズに応じて日本向けの優れた無料VPNの選択肢がいくつかあります。Tunnelbear、ProtonVPN、およびTrust.Zoneが、私たちがおすすめする無料のVPNのオプションです。無料であることは本当に素晴らしいですが、多くのデータを使う人にとっては、欠点があります。

世界的にウェブ上で監視される状態がこれまで以上に酷くなると、プライバシーを守ることがさらに重要になります。ますます、優れたサーバーと上限なしの高速接続が当たり前になります。無料VPNと有料VPNの価格の差は大きくはないので、有料VPNのサービス代金を支払うことは、理にかなっていると言えます。

試用版を利用してVPNの技術をテストしたり、1回限りのために返金保証を利用したりすることは、日本にいるときに無料でVPNサービスを使用する素晴らしい方法です。