ノートパソコン用おすすめ無料VPN

この記事では、パソコンに最適な無料のVPNについて解説します。

数多くのノートパソコン用のおすすめVPNの選択肢があります

今日では、世界のどこにでも監視のシステムがあります。あなたがしていること、あなたが見ている人、あなたが行く場所、そしてその場所へどのように行くのかを、盗み見することができます。これを行う方法のひとつは、インターネットのブラウジングをスパイすることです。インターネットサービスプロバイダー(ISP)は、あなたが行うすべてのGoogle検索の内容を密かに知っています。情報を扱う人たちに、あなたの検索内容を売ることによって、お金を儲けているのです。信じられない事実かもしれませんが、監視やスパイを止める方法も存在します。

その方法とは、仮想プライベートネットワーク(VPN)を使用することです。VPNは、パブリックシステムを使用してプライベートネットワークをリモートサイトにリンクする技術です。ユーザーのIPアドレスを暗号化することにより、ユーザーのIDと場所を保護します。また、ユーザーのメッセージを暗号化し、訪問したサイトからそれらのすべての痕跡を消去することもできます。

今日のデジタル化された世界では、VPNはますます重要になっています。企業や個人は、オンラインでプライバシーを保護する必要性を認識しています。VPNの需要が増えてきているのと同時に、多くの種類のVPNプロバイダーが利用可能になっています。

VPNプロバイダーの選択肢が多いため、自分のニーズにぴったりのVPNを選択するのに苦労するでしょう。すべてのVPNに共通する機能はいくつかありますが、各プロバイダーの独自の機能も存在します。VPNから何を望み、それに対していくら支払うかを決定する必要があります。ネットワークの速度、データ許容量、サーバーの場所、カスタマーサービスなどの一部の機能は、VPNの他のどの機能よりも重視すべきです。

また、すべてのVPNサービスがすべてのプラットフォームで機能するとは限らないという事実を認識することも重要です。AndroidまたはiOSなどのスマートフォンに接続するだけの人もいれば、WindowsやMacなどのパソコンに接続する人もいます。今回は、特にノートパソコンと互換性がある、最適かつ無料のVPNサービスにフォーカスして紹介します。VPNを選択する際に重視すべきポイントも解説します。

優れた無料のVPNサービスを紹介する前に、2つの優れた有料VPNサービスについて紹介します。

最高の「リスクフリー」VPN

ここから紹介する2つのVPは、使用するにあたりリスクがないことを保証できる2つのプロバイダーです。

1. ExpressVPN

機能

  • サーバーの数 3000以上
  • Sスピード:無制限
  • Sサーバーの場所:94カ国の160の場所
  • サポートできるデバイスの数: 5
  • 24時間対応のライブチャット: 有り
  • 30日間返金保証:有り

長所/短所

  • 価格のオプションが多数
  • 最新のNetflix向けのサポート
  • 256ビットAES暗号化
  • アプリが遅い

ExpressVPNは「最高な機能を備えたVPN」と言われています。このプロバイダーは、価格以上に価値があるサービスを提供します。パソコン用のアプリはシンプルで使いやすいだけではなく、機能もとても充実しています。

世界94か国に3000を超えるサーバーがあり、驚くほどたくさんの数のサーバーを所有していて、その数のおかげで高速接続を提供しています。ブラウジング中または危険なパブリックWi-Fiに接続している間でも、AES-256暗号化という最高のデータ保護によって、プライバシーの保護が保証されます。ExpressVPNは、最強のVPNプロトコルであるOpenVPNも使用しています。情報が盗まれるのを防ぐために、アプリにはキルスイッチが付いています。これは、VPN接続が突然切断されたときに情報がデバイスに出入りしないようにする機能です。

ExpressVPNはデータの完全なセキュリティを保証するため、さらに様々な機能を備えています。スプリットトンネリングと呼ばれる機能を使用すると、通常のログに記録されたブラウザまたはVPNを介してアクセスするサイトを選択することができます。最近このサービスは、TrustedServerという名前に切り替えました。TrustedServer とは、RAMのみを使用するハードドライブがないサーバーのことで、RAMがデバイスの電源が入っている間のみデータを保存するため、データのロギングを絶対に行わないことで知られています。

ExpressVPNは、最大5台のデバイスを同時に接続することが可能で、Windows 10、8、および7ユーザーが利用できます。他のほぼすべてのプラットフォームでも利用できるため、iPhoneを使用している場合も同時接続をすることができます。また、ChromeおよびFirefox用のブラウザ拡張機能もあるため、ブラウザからアプリをダウンロードしてサービスを使用することができます。ExpressVPNではトレントが許可されているため、世界中の地理的に制限されたサイトからコンテンツをストリーミングおよびブロックの解除が可能です。ExpressVPNを使用すると、中国を含む世界中の国でNetflixをストリーミングすることができます。

ExpressVPNは質の高いカスタマーサポートも提供します。問題がある場合は、24時間年中無休のライブチャットを利用することができます。これは単なるカスタマーサービスではありません。彼らは、VPNとウェブセキュリティの専門家であり、技術的な問題に関する質問に答えることができます。つまり、返事をもらうまで何日も待たされることはありません。問題や質問がある場合は、知識豊富な担当スタッフがすぐに解決策や回答を提供してくれます。

ExpressVPNはデータを記録しない、独自のDNSサーバーを持っています。これにより、DNSリークがなくなります。クラッシュおよび診断レポートは保存されますが、保存する前に情報を共有するかどうかを明確に尋ねられます。ExpressVPNは、ウェブサイトで保存する情報または保存しない情報、保存される情報の保存方法、保存される理由、および使用目的について明確に提示しています。ExpressVPNは、透明性を高めるために、第三者の監査を公開し始めました。

非常に多くの機能がありますが、残念ながらこのVPNサービスは無料ではありません。しかし、価格以上の価値は保証されています。サービスをとりあえず試してみたいという方は、ExpressVPNを30日間無料で試すことも可能です。万が一満足できなかった場合は、質問をされることなく返金の申請をすることができます 。

例えばお使いのPCで海外から日本のテレビなどのコンテンツのロックをVPNを使って解除したい場合、ExpressVPNは優れた選択肢です。ExpressVPNはAbemaTVU-Nextなどのウェブサイトのロックの解除に役立ちます。

  • 利点 : 市場で最も速いVPN。厳格なログ無しポリシー。256ビットAES暗号化。
  • 最も安い値段 : $8.12

2. NordVPN

機能

  • 暗号通貨を受け入れるか?:はい
  • 同時接続の数:6
  • 専用IPアドレスの提供?:有り
  • サーバー:58カ国に5342個

長所/短所

  • 価格のオプションが多数
  • 最新のNetflix向けのサポート
  • 256ビットAES暗号化
  • アプリが遅い

NordVPNは、非常に高度なウェブテクノロジーと、パソコン用の非常にシンプルなユーザーインターフェイスのアプリを提供しています。NordVPNには非常に多くのプライバシー強化機能が搭載されているため、承認していないものがブラウジングにアクセスすることはほぼ不可能です。

世界59か国に5,200を超えるサーバーがあるNordVPNは、VPNサービスの中でもサーバーの数が多いVPNのひとつで、これは高速接続を提供することを意味します。NordVPNは、最大6台のデバイスで同時に接続することが可能です。

このプロバイダーには厳格なログなしポリシーがあり、データ保持法のある国に本拠を置くものではないと述べています。独立監査人は、ログ記録をされないことを実際に検証しました。NordVPNは、ダブルVPNやOnion Over VPNなどの機能を使用して、プライバシーをさらに保護します。

ダブルVPNは、トラフィックがひとつのリモートサーバーを通過して暗号化され、次に別のサーバーに到達してから、宛先に到達する前に再び暗号化される機能です。これにより、最終的にブラウジングを通じてプライバシーが保証されます。

Onion Over VPNは、Onionネットワークによって付与された匿名性と、NordVPNによって提供されたセキュリティとプライバシーを組み合わせた機能です。その他のセキュリティ機能には、DNSリークなしおよび自動強制終了スイッチが含まれます。

NordVPNはトレントとストリーミングをサポートしています。また、他の国のNetflix、Hulu、HBO、BBC iPlayerなど、地理的に制限された主要なストリーミングサイトのコンテンツ制限を解除することができます。NordVPNはすべての主要プラットフォームでサポートされており、ChromeおよびFirefox用のブラウザープロキシ拡張機能があります。すべてのアプリには、お住まいの地域に最も近く、高速で、混雑の少ないサーバーに接続するクイック接続機能がついています。

NordVPNは、問題に関するヘルプを、ヘルプセンター、メールサポート、ライブチャットの3つの方法で提供しています。ヘルプセンターは基本的にすべてのVPNに関するさまざまな記事を含むFAQです。検索ボックスにキーワードを入力して、必要な特定の情報を調べることができます。さらに直接的な情報が必要な場合は、メールサポートを利用可能です。さらに緊急の質問については、24時間年中無休のライブチャット担当者がいつでも丁寧に回答しています。

これらの機能は非常に優れていますが、NordVPNは万が一サービスに満足できない人たちのために、30日間の返金保証期間も設けています。30日間以内だといつでも返金申請が可能なので、返金保証期間の間にサービスの使用を継続するかどうか、じっくり検討することができます。

NordVPNもまた海外在住の日本人にとって良い選択肢です。NordVPNは日本にたくさんのサーバーを持っており、お使いのコンピューターに日本のIPアドレスを提供します。このため、世界中のどこからでも日本のDazn日本のHuluなどのコンテンツを見ることができます。

  • 利点: たくさんの値段のオプション。Netflixへのサポートは常に更新される。256ビットAES暗号化
  • 最も安い値段: $2.99

完全無料のおすすめVPNサービス

上記の2つのVPNに興味がなく、完全に無料のVPNサービスを探している場合は、完全無料のおすすめVPNの中から最適なものを慎重にしましょう。以下に無料VPNサービスを紹介します。

1. ProtonVPN

機能

  • P2Pサポート? 有り
  • 30日間返金保証? 有り
  • 拠点国? スイス
  • サーバー:40カ国以上に600以上
  • 同時に接続できるデバイスの数:5

長所/短所

  • プロフェッショナルなサポート
  • モダンなインターフェイスとアプリ
  • AES-256暗号化
  • あまり知られていないプロバイダー

ProtonVPNの無料版は、プライバシーとジオブロックを回避することに重点を置いた無料VPNのように見えるかもしれません。しかし、ProtonVPNには、ほとんどのVPNが太刀打ちできない切り札があります。

それは、無制限の帯域幅です。割り当てられたデータを使い果たすことを恐れずに閲覧することができます。ほとんどの無料のVPNは、無制限の帯域幅を提供することはないので、非常に珍しいです。ただし無料ユーザーは、オランダ、日本、米国の3つのサーバーしか使用することができないという制限はあります。

それとは別に、ProtonVPNの暗号化は最も強力な機能のひとつです。ログなしポリシーや、キルスイッチを提供して、プライバシーをしっかりと保護しています。さらにProtonVPNは、Secure CoreアーキテクチャとPerfect Forward Secrecyも使用しています。

Secret Coreアーキテクチャは、世界中のウェブにリリースされる前に、アイスランドやスイスなどの一部のウェブプライバシーに優しい国のサーバーを介してすべての暗号化されたデータを渡す機能です。この機能は、サーバーが破損して情報が公開された場合でも、IPアドレスが解放されないようにするためのものです。

Perfect Forward Secrecyは、暗号化キーが侵害されても、データを暗号化解除できないようにします。もちろん、このプロバイダーはログを保持せず、広告もサポートしていません。

ProtonVPN無料版ではストリーミングまたはトレントはできません。また、一度に接続できるデバイスはひとつだけです。

ProtonVPNはスイスに本拠を置いているため、通信情報を共有するための協定を結んでいる国に属していません。

  • 利点 : プロフェッショナルなサポート。モダンなインターフェイスとアプリ。256ビットAES暗号化。
  • 最も安い値段:無料

2. Hotspot Shield

機能

  • 無制限データ? 有り
  • 同時に接続できる数:5
  • 軍事グレードの暗号化? 有り
  • サーバー:80カ国以上に3200以上

長所/短所

  • 無制限のHDストリーミング
  • マルウェアをブロック
  • 256ビットAES暗号化
  • 信頼できないサポート

Hotspot Shieldは、Pango(旧称AnchorFree)の製品です。無料版のサービスは最も人気のあるもののひとつで、利用可能な最高の無料VPNです。

Hotspot Shieldのデータ上限は1日あたり500MBで、1か月あたりだと15GBに切り上げられます。無料のサービスにしては、かなり寛大と言えます。VPNの接続速度も高速で、予期しない切断が発生したときにデータを消去するキルスイッチも備えています。

アプリは、Android、iOS、Mac、Windowsの4つをサポートしています。ただし、アプリは一度に1つのデバイスにしかサポートすることができません。また、無料版では1つの場所(アメリカ)のサーバーにしか接続することができません。これは、プレミアム版で接続できる82か国のサーバーと比較すると、明らかに少ないです。

アプリは、一部の地理的に制限されたサイトやコンテンツを回避することもできますが、それだけではありません。

Hotspot Shieldにはログなしポリシーがありますが、情報を匿名で共有して広告をパーソナライズします。これが、無料版の収益源になっています。

優れた速度と十分なデータ許容量を備えたVPNが必要で、制限付きコンテンツのブロック解除やトレントがあまり必要でない場合は、Hotspot Shieldはあなたにとって最高のVPNです。

  • 利点:無制限HDストリーミング。マルウェアをブロックする。256ビットAES暗号化。
  • 最も安い値段:$7.99

3. Trust.Zone

機能

  • 完全匿名性? 有り
  • 全てのウェブサイトをアンブロックするか? はい
  • 値段のオプション数:4
  • サーバー:80以上のゾーンに164個
  • 無料トライアル:有り

長所/短所

  • 軍事グレードの暗号化
  • ビットコイン対応
  • モバイルデバイス向けのアプリ
  • あまり知られていないプロバイダー

Trust.Zoneは、すべてのプラットフォームに適したVPNのひとつです。 ユーザーインターフェイスはとても美しく、人目を引くものであり、Trust.Zone のサービスを使うことでISPがあなたを追跡するのを妨げてくれます。

Trust.Zoneのデータ許容量に制限はありません。無料ユーザーは、30か国以上、150以上のサーバーにアクセスすることができます。ログなしポリシーは非常に厳格で、セキュリティは一流であり、多くの機能やキルスイッチを備えています。トレントもサポートされています。

Trust.Zoneを使用すると、Netflix、Hulu、HBO、BBC iPlayerなどの地理的に制限されたサイトのブロックを解除することも可能です。それに加えて、ライブチャットとメール通信を備えた高速かつ完璧なカスタマーサービスも提供しています。

唯一の欠点は、無料トライアルが3日間しか設けられていないことです。その後は、いずれかの有料プランを選択する必要があります。

  • 利点 : 軍用グレードの暗号化。ビットコイン対応。モバイルデバイス向けのアプリを持つ。
  • 最も安い値段 : $2.33

4. WindScribe

機能

  • ブラウザ・エクステンション? 有り
  • 全てのウェブサイトをアンブロックするか? はい
  • 値段のオプション:3
  • 場所:60カ国にサーバーを持つ
  • 無料トライアル:無し

長所/短所

  • 軍事グレードの暗号化
  • 全ての主要なプラットフォームで利用可能
  • モバイルデバイス向けのアプリ
  • あまり知られていないプロバイダー

WindScribeは、VPNとしてだけでなく、広告ブロッカーとしても販売されているという点で、ユニークなVPNサービスと言えます。つまり、 無料版と有料版の両方で広告がないということを意味します。

WindScribeは、登録ユーザーに月10GBのデータを提供しますが、WindScribeについてツイートすると、5GB追加で提供されます。また、友人を紹介すると、さらに追加の1GBが与えられます。完全に匿名のまま使用したい場合は、メールアドレスを提供せずに、この無料のVPNサービスを使用することも可能です。ただし、その場合は1か月に2GBのデータに制限されてしまいます。

無料版では、アメリカ、ルーマニア、ドイツ、イギリス、ノルウェー、カナダ、スイス、香港、フランス、オランダの10か所のサーバーの使用が可能です。トレントとストリーミングがサポートされており、地理的に制限されたコンテンツのブロックを解除することもできます。

WindScribeは、軍事レベルの暗号化とセキュリティ保護を備えています。また、キルスイッチ、トラッカーブロッカー、セキュアリンクジェネレーターも装備しています。すべてのプラットフォームでサポートされており、ChromeおよびFirefox用のブラウザ拡張機能があります。

ログなしポリシーを含む、VPNのプライバシーポリシーは、会社のウェブサイトに記載されています。WindScribeは、ユーザーのデータを記録しないと述べており、私たちが知る限りでは、この約束を守っています。WindScribeは、セッション終了後3分以内にユーザーのログを削除すると言われているので、とても安心して利用が可能です。

  • 利点:軍用グレード暗号化。全ての主要なプラットフォームで利用可能。モバイルデバイス向けのアプリを持つ。
  • 最も安い値段:$4.08

無料のVPN – 利用するのは危険?

無料VPNを使用すると、利用料金を支払うことなく、データとIDを非表示にし、地理的に制限されたコンテンツのブロックを解除し、コンテンツをストリーミングすることができるので、インターネットユーザーにとっては素晴らしいアイデアのように思うかもしれません。ただし、無料のVPNにはいくつかのリスクがあるのも事実です。

無料のVPNは、サービスの利用料金を一切チャージしません。これは、どう見ても怪しいと言えます。無料で優れたサービスは、そうそうありません。もし無料なのであれば、おそらく何かしらの欠点があるはずです。

これは無料のVPNの場合です。無料VPNの会社は、報酬を徴収することを放棄しますが、損失を削減するために、あなたに最善のサービスを与えることはありません。これが、無料VPNの帯域幅が制限され、有料のサービスよりもかなり接続速度が遅い理由です。また、提供する容量の関係で、動画コンテンツのストリーミングができないVPNもあります。

また、ユーザー数に対してサーバーの数が不足しているなどの問題があり、これによりクロールの参照が遅くなる可能性があります。サーバーが不足していると、接続の速度にも問題が生じます。さらに悪いことに、サーバーがあなたと同じ大陸にない場合、有料ユーザーではないために多くの問題につながる可能性があります。

無料のVPNはデータの安全が保証されない可能性があります。危険なVPNの中には、ユーザーの個人データを喜んで販売するところもあります。これらのVPNは、特にロギングに関しては、プライバシーポリシーに抜け穴があります。VPNのプライバシーポリシーは、細心の注意を払って確認する必要があります。

5/9/14 Eyes Surveillance Allianceと呼ばれる、通信情報を共有するための協定を結んでいる国に住んでいて、VPNがデータプライバシーの約束を守っていなくて、違法行為をしているとみなされた場合、ひどい目に遭うことになるので、事前にじっくり調べることをおすすめします。

まとめ:有料または無料VPNだとどちらを使用すべき?

すべての無料VPNが個人データを集める、または問題があるわけではありませんが、オンライン上のプライバシーを保護するために1か月以上サービスを継続して利用することをお勧めします。有料VPNを使用している場合は、より多くの機能を利用することができ、オンラインでより適切に保護される可能性が高くなります。 心の安らぎにお金を投資していると考えると、有料VPNの利用料が高すぎるという印象は受けないはずです。